捨てるのに必要なのは勇気か技術かそれとも愛か

8月14日
はっきり言ってワタスは捨てることがヘタクソです。
デスク周りの書類はあるときはスカイツリーのように高く積まれ、ある時は白山連峰のように幅広く連なります。
             写真 12-08-15 8 41 46.jpg
                 白山連峰・・・
そもそも入ってくる情報量が多いこともあるのでしょうが「後でゆっくり見よう」とか「これは役に立つかもしれないので暫く置いておこう」という情報がどんどん溜まっていくタイプ。
でも結局は見ないものが圧倒的に多いんですよね。
これを日々や週のルーティンで処理できればいいのですが、ここ何年も半年に1回、お盆前後と年末にまとめて捨てるという作業を繰り返しています。
で、今日の午前中は「捨てる日」と予定しておりました。
一応すべて目を通してから、そのほとんどがシュレッダーかゴミ箱行き。
そこは結構思い切りよく、というか半年寝かせて見ないモノはまず見ないと思えるのでほとんど躊躇はありません。
以前「捨てる技術」という本が出版されてましたが、こと書類整理にかけてはワタスの場合、技術という領域のものはほとんどなく、ただ勇気を持って捨てるだけ。1割くらいの保管しておきたい書類だけ予めカテゴリー分けしてあるボックスに収納していきます。
結局都合5時間くらいかかりましたが随分スッキリしました。
            写真 12-08-15 8 44 42.jpg写真 12-08-15 12 26 45.jpg
ヒトって手に入れた時や使っている時は気持ちイイモノですが、あるのに活用せず溜まってしまうと気持ち悪くなるものです。
そう、活用せずに(されずに)溜めることほどもったいないことは無い。
水も溜まると腐ります。組織も溜めると腐ります。ポストや職務やビジネスモデルも常に変化に対応しながら流れる状態、即ち陳腐化したものを捨てながら新しいものチャレンジしていかなければ気持ちやスキルも腐っていくのではないでしょうか。
活用されずにただ溜まるくらいなら捨てて(捨てられて)、リサイクル、リスタートするほうがお互いのためというものです。
また、「捨てる」ことは、「心」の問題を解決することでもあります。
「捨てられないモノには、過去や未来の自分が投影されている」と言います。
思い入れがあって捨てられないのは、過去の自分に囚われているから。
いつか使うからと思って捨てられないのは、未来の自分に過度な期待をしているから。
過去や未来に思考を向けるより、それをスパッと捨てて「今」の自分に意識を集中し行動することでブレークスルーは起こるのではないでしょうか。
いずれにしても「捨てる」ときは愛と感謝の気持ちを持って捨てることが大切ですね。
捨てる(捨てていった)神あれば拾う神あり。
諺の意味とは少し違うかもしれませんが、捨てた紙にも神さまがいる。捨てたモノ、捨てられたヒトも神さまと思って感謝することでまた手に入る、来てくれる神さまが現れるのだと思います。
         ヒールの高いクツだけは捨てられないチビッコ社長に嘲笑の↓を
                   
人気ブログランキングへ
...

つづきを読む

少しだけ神と仏(ご先祖)に近づいた日

8月12日
昨日遷宮を来年に控えた伊勢神宮とその2年後に遷宮の古材を拝領した式年造替(しきねんぞうたい)を行う伊賀の神戸神社へ行って参りました。
神戸神社は母方の親戚が代々神主をしており、子供のころから毎年夏休みに遊びに行っては虫取りや魚釣りをしていたワタスにとっては故郷のようなトコロ。田んぼの中に忽然と現れる神社ですが、天照大御神が伊勢に鎮座される前に滞在された神社ということで元伊勢と言われ、最近ではスピリチュアルスポットととしても話題を集めています。
                写真 12-08-11 9 28 46.jpg
                  神戸神社境内
            
      写真 12-08-11 15 07 21.jpg  写真 12-08-11 9 26 43.jpg
  伊勢神宮別宮 風日祈宮(かざひのみのみや)が遷宮後神戸神社本殿へ
で、1300年継続されている20年に1度の式年遷宮。
遷宮の明確な目的は定かではないそうですが、一般的には建築技術を後世に伝承する為、事業承継を永続していくために敢えて現存するものを一旦分解するということです。
また、建物がいまだ使用可能の状態であっても、老朽化することは汚れ(ケガレ、気枯れ)ることであり、神の生命力を衰えさせることとして忌み嫌われたため、建物を新しくすることにより神の生命力を蘇らせ、活性化することになると考えられたのではないかとも言われています。
今回は正装の上、一般参拝では入れない柵の中までいれていただく正式参拝の内宮御垣内参拝に加えて内宮神楽殿でのお祓い、祝詞、雅楽、舞の神楽フルコースlive(写真が撮れなくて残念)
ただでさえ五十鈴川を渡ったあたりから尋常ではない空気に満たされているのを感じる伊勢神宮ですが、今回は更に荘厳かつ精妙な気に溢れ、パワーをたくさんいただいたお詣りとなりました。
                 写真 12-08-11 14 59 21.jpg
                   五十鈴川
ここでプチ伊勢神宮情報ですが、伊勢神宮の正式名称が「宗教法人神宮」って知ってました?「伊勢」という文字はつかないのですと。これは最上位の神を祭るから、英語で唯一神を「God」と大文字で表現するようにあえて固有名詞は必要としなかったとのこと。なんとも神々しいと思いません?これは宗教法人「寺」、医療法人「病院」、株式会社「会社」・・なんて名称を付けるなんて普通考えられないのでやはり伊勢神宮は別格中ぼ別格なのでしょうね。
また本日はご先祖が江戸時代から伊賀上野で営んでいた薬問屋の跡地が今では「栄楽館」という学習館になっており、現在は一般公開されているのでその場所に行ってきました。
どなたかの代で没落され明け渡されたそうですが、それでも当時ご先祖が生活されていた場所に足を踏み入れただけで感慨深いものがありました。
                  写真 12-08-12 12 58 00.jpg
                   栄楽館
お盆を前にして。新年度を向かえて。
あえて神さま仏さまに頼ることはしませんが。
神さまや仏さま(ご先祖さま)がいなければワタスタチは存在しなかったわけですから。
神さま仏さま(ご先祖)に感謝することで。
応援のエネルギーをたくさんいただいて(はず)
これでまたワタス並びに関係各位の運気がグングンと上昇することでしょう。
メデタシメデタシ。
      
            耳噛みオトコに勝利した米満選手の金メダルに祝福の↓を
                 
人気ブログランキングへ
...

つづきを読む

果たしてロンドンオリンピックは日本国のGDPを押し上げるのか押し下げるのか

8月10日
「最高に幸せです。最高の笑顔で終わることができました!」
               写真 12-08-10 9 13 28.jpg
女子アマレンスリングの吉田沙保里選手が悲願の3大会連続金メダルを受賞。
なでしこジャパンは惜しくも銀メダルではありましたが以下はチームを牽引してきた澤選手の爽やかなコメントです。
「わたしが日本代表に入ってから五輪でのメダルという目標を掲げてやってきました。一番輝く色の金メダルを取れなかったのは残念ですけど、最高の舞台で、最高の仲間と、最高の相手と戦えてよかったです。佐々木監督をはじめたくさんのスタッフの方々と一緒にここに立てたことを感謝したいと思います。ありがとうございます。」
オリンピックは世界のトップアスリートたちのプレイそのものにも心を打たれますが、選抜されるまでの行程にもドラマがあり、またそれを支えてきたコーチや監督、家族の思いが重なり、試合終了後のコメントを聞くにつけ、更に見ているモノの感動を誘います。
そして心を打たれ、自らにその姿を投影した数多の日本人が「よし、俺も明日からガンバロウ!」と目の前の仕事のモチベーションを上げるキッカケになると。
日本国のGDPを押し上げることになるのではないかと思うわけです。
ただ・・
時差の関係で試合のほとんどが夜中にやっているので。
当然睡眠時間を削ってオリンピック中継に没頭するわけですから。
昼間は睡魔と闘いながら仕事をしているビジネスマンが相当数いて。
「ヤッタルゾー!」という気合とは裏腹に普段より生産性を落としている日本人がこれまたかなりいると推察され。
このヒトビトのお蔭で日本国のGDPを押し下げている可能性もあるのではないかと思うわけです。
結局のところ。
トップアスリートも一般ビジネスパーソンも、常に成果を出すヒトタチというのは一時の感情で左右さることなく、モチベーションのアップダウンに影響を受けることなく、目的目標を明確に腹に落した上で、日々ぶれずに淡々とやるべきことをやりきる行動習慣を自分のものにしているヒトタチなのではないかと思うわけです。
営業やマネジメントの領域でも。
心を動かされた方はただ動かされただけではなく、一つでもいいので自分の行動に置き換えて実行し、結果を検証してみること。
心を動かす方はただ動かすことが目的ではなく、その結果対象者(お客様や部下)の行動に影響を与えることが目的であることを念頭において接客やコミュニケーションのクオリティを上げること。
感動の余韻と睡魔との狭間で、少しでも日本国のGDPに貢献しようという気持ちだけはある俄かオリンピックファンの独り言でした。
                   wrs12081003150003-p4.jpg                
               実は一番感動したのは江頭2:50の応援だと思うカタは↓
                  
人気ブログランキングへ
...

つづきを読む

蓮の花が特別に綺麗な理由とは

8月5日
過去にもこのブログで案内してきましたが→http://kei-horii.seesaa.net/article/103240182.html
家からクルマで5分くらいの所に毎年この季節に咲き誇る蓮畑があります。
                P1020463.JPG
必ず一度は見に行って心を和ませていただくのですが。
なぜ蓮の花がヒトの心を打つのかといいますと。
花びらの間隔が黄金比で並んでいるかららしい。
黄金比とは「宇宙空間で最も美しい数値」だと考えられていて人間が最も美しいと感じる比率ですが、これは数学的にも芸術的にも生物的にも美しい数のようで、昔から人々を魅了してきました。
この神秘の数を解明しようと、レオナルド・ダ・ビンチを初めとする多くの画家や学者が研究を重ねてきたらしく、広辞苑で黄金比をひくと「黄金分割」=ほぼ1:1.618の比率で長方形の縦横がこの比率だと安定した美感を与えるとあり。
それは、長さの対比を1:1618(約1:16)に構成することで、この比率を黄金比といって、地球上のあらゆるものをもっとも安定させる比率と言われているのです。
また、お釈迦さまの花でもある蓮の花は花の中でも別格で、最も花格(花の霊格)が高いとか。
と、能書きはこの辺にして。
この花を観ているとまずはさておきお墓参りに行こうという衝動に駆られるはワタスだけでしょうか?
                  写真 12-08-05 15 01 16.jpg
今ここに在ることに畏敬と感謝の念を表明しに行くことで、ご先祖さまからのパワーがいただけます。
特に最近ちょっとツイテないな~とか、イマイチ調子悪いな~とか思ってるヒト、特にここ最近行ってないヒトは尚更この機会にお墓参りに行かれてみてはいかがでしょうか。
因みにワタスは早速行って参りましたよ。
神頼み(お願い)の前にまず墓参り(ご先祖さまへの感謝)を。
これ運力コンサルタント(ワタス・・)からのアドバイスです・・
        行く気になった人は水と線香とお塩を忘れずに、それからついでに↓を
                   
人気ブログランキングへ
...

つづきを読む

ロジック(論理)からマジック(魔法の世界)へ(堀井計の午睡)

2012年8月4日
             フジカキペアの銀メダルに心から拍手を送ったあなたは↓
                
人気ブログランキングへ
7月27日、私の54歳の誕生日に開幕したロンドンオリンピックも後半戦を迎えようとしています。
勝ち負けに関わらず、トップアスリートたちのプレイはもちろん見ていて感動しますが、試合終了後のコメントや家族へのインタビューを聞いて更に感動してウルウルきてしまうのは私だけでしょうか。
え?歳のせいだろうって?確かにそうかもしれませんね。
                 写真 12-08-04 20 31 16.jpg
それにしても、生きていれば必ず歳は取るとはいえ、自分がいつのまにか54歳という年齢になったことについては驚きというか不思議と言うか。高校生の頃はこの歳は完全におっさんを飛び越えておじいさんの領域でした(今本当におじいさんですが)
でも当時の自分と今の自分に数十年という時や変化をあまり感じないんですよね。
私は普段から「あの頃はよかった」という思い出話をあまりしません。
それは過去に愉しい経験をしてこなかったのではなく、「あの頃」より常に「今」の方が愉しいからなのだと思います。
高校を卒業する時、大学なんか行ってもたいして面白くないんだろうなって思って行った大学は、愉しかった高校生活より更に愉しかったし、社会人になったらもうこんな自由な生活なんて有りえないんだろうなって思って就職したサラリーマンも結構いけてました。
そのまま30代40代50代と常に私の期待を裏切って?歳を経るごとに私の人生は面白く運ばれてきたように思えます。
                  写真 12-08-05 0 51 15.jpg                 
続きは→http://www.holos.jp/index.php?page=lifecolumn_list&menu_year=2012&menu_month=08&exptitlename=2012-08
...

つづきを読む