前田敦子のAKB48卒業から振り返る経営者の賞味期限とは

8月29日
『前田は3月の卒業発表の際、その理由をこう語った。
「後輩のためにも私が卒業して歩きださないといけない」。
そこには、後輩のためにいつまでもAKBのトップの座に居座るわけにはいかないということと、後輩のために芸能界で生き抜いていく見本になるということの2つの意味が込められている。』
(byスポニチ記事)
日本を代表するアイドルグループのセンターポジションといういわばアイドルの頂上に登りつめて、そのピークにいる間に卒業を表明し、実行に移すというなんともオトコマエなことを21歳の彼女はやってくれました。
                  20120827-00000030-flix-000-4-view.jpg
この行動にはもちろん上記スポニチ記事も本当だと思いますが、外(後輩)にフォーカスするのではなく内(自分)にフォーカスするとすれば、次から次へと新しいメンバーが入ってくる中でずっとセンターを張り続けることへのプレッシャーや、やがて明け渡す日が来たときにみじめな思いをするのはイヤだというプライド、そしてアイドルという賞味期限が年齢という限られた時間の中であり、その焦りから美しく次のステージに出発つことを自ら選択したのではないかと推察されるわけです。
でもその内面の葛藤があったとしてもカッコイイじゃないですか。
これを経営者に置き換えると。
『堀井は3月の引退発表の際、その理由をこう語った。
「後進のためにもワタスが卒業して歩きださないといけない」。
そこには、後進のためにいつまでもHOLOSのトップの座に居座るわけにはいかないということと、後進のために保険業界で生き抜いていく見本になるということの2つの意味が込められている。』
(byホロスポ記事)
となるのですが、恐らくこんな綺麗なコメントで終わることはありえなく。
「後進のためにもワタスが卒業して歩き出さないといけないなんて本人は綺麗ごとを言っているが、彼は年齢的にも能力的にも既に使いものにならず、むしろ今までHOLOSのトップにいたこと自体が七不思議である。歩き出すのが遅すぎたくらいで、これ以上遅ければ棺桶に押し込んで無理やり運び出そうかと思っていたくらいである」と社員は語っている。(byホロスポ記事)
う~ん、かなりカッコ悪い・・・
アイドルに比べれば年齢的には経営者の賞味期限はかなり長いように思いますが、特にオーナー社長の場合は誰が引導を渡すかも難しく、また能力のピークを測るのも恐らく自身で体感した時は周りは相当前からそれを感じていたのではないかとも推察されるわけで。
腐りかけ(賞味期限きれかけ)、いや腐ってから捨てられる前に。
経営者もイキのイイうちに後進に道を譲ることを念頭に置き、今までやってきた仕事を失業させながら。
その道を譲るヒトを育て。
更にその賞味期限(存在価値)を伸ばす努力(今までとは別の存在価値に変化させていく)を継続していくことで永続的に成長する組織が出来ていくのではないでしょうか。
女優を目指す前田敦子さんの新たなる出発を暖かく見守りたいと思います。
          引退までに女装して会いたかったを踊りたい変態社長に軽蔑の↓を
                  
人気ブログランキングへ
...

つづきを読む

「間」を制する者が人生を制するのだ

8月26日
隣の庭と家の庭との境界線がわかりづらく、しかもその下を掘れば金塊が埋まっている可能性がある。
となれば何としてもその金塊を我が土地の下にあるように境界を広げておこう。
顕在化されている土地の大きさではなく潜在化されている巨大な資産価値(欲)を狙って様々な攻勢をかけてくる隣人たち。
自分のおもちゃじゃないのをわかっていながらただ欲しいから取り上げるワルガキのように、本当は自分のものではないとわかっていながら欲にかられて欲しがっているのか、過去の事実を検証し本当に自分のモノだと心から信じ、その権利を主張しているのかはわかりませんが。
個人間、夫婦間、家族間、友人間、部族間、人種間、部署間、グループ企業間、ライバル企業間、都道府県間、そして国家間。
よくよく考えてみると。
人間関係にしろ、組織関係にしろ国家関係にしろ、世界はこの「(あいだ)(ま)」をいかに上手に処理していくかが大切なのではないでしょうか。
分別のつかない幼児でもいっぱしの大人でも国家元首でも、この「間」の領域を少しでも自分の方に多く取込みたいという欲求が強いということなのですね。
日常の「間」の中にもプライドや名誉、我欲、勝ち負け、自分が常に正しいという先入観などで「間」の中のエネルギーが混沌としてロスしている状況が多々見受けられます。
かのフランクリン・コヴィー博士が著書「第3の習慣」で、シナジー(相乗効果)を生み出すキーワードとして、
「お互いに考えたことのない解決策を探してみないか?」と問いかけられています。
この質問、このスタンスが勝負や正誤や闘逃という選択ではない、WIN-WINの関係を築く第一歩だということですね。
また彼はシナジーをを阻む大きな壁は傲慢、プライドであり、それを「GET」というキーワードにまとめられています。

・GAIN(利益→私個人の利益、私が稼いだもの、私が得てしかるべきもの)
・EMOTION(感情→不安、恐怖、マイノリティ)
・TERRITORY(テリトリー→縄張り、私の部下、私の予算、私の専門知識)

「間」を制する者が人生を制する。
人生の成幸者は、至るところで発生する「間」を短絡的に力で制するヒトではなく、お互いの「間」を共有したり、一時は「間」を手放すことで、長期的には(ツキ)を味方につけられることを知っているヒトではないでしょうか。
                写真 12-08-05 0 51 15.jpg     
       間寛平という名前は改めて凄いと思う我欲の塊社長に鉄槌の↓を
                  
人気ブログランキングへ
...

つづきを読む

したたかな下心はボランティア精神に勝るのだ

8月23日
最近保険代理店の経営者さんから代理店経営に関するご相談を受けることが増えてきました。
本日も広域展開されているFPを束ねる企業の執行役員さんと面談。
数日後も以前某保険会社さん主催で全国の優績代理店経営者さんが当社見学にお越しになった中から、是非社員にも体験させたいということで社員さんを引き連れての会社見学や損保系大型代理店を経営されている社長さんからの相談など数件が予定されています。
ヨクヨク考えてみると。
9月29日に開催されるビッグイベント「保険五輪」http://www.hodaikyo.org/event2012/index.htmlが近いこともあり、某ネット生命や国内保険会社の代表と面談しメーカーとしての戦略やビジョンを拝聴したり、全国展開し急成長中の代理店経営者さんたちとの情報交換、更に金融庁との直接的なコミュニケーション、最もお客様の動向を知るプランナーさんたちとの接点等を踏まえたうえで、もちろんワタスが11年間自ら代理店経営の最前線でマネジメントしてきたことを鑑みると。
ワタスはこの業界の行く末を最も俯瞰的に予測できる立場にある一人なのではないかと。
よってこりは本来の事業ではありませんが、保険代理店協議会という社団法人の理事長という立場もありますので基本時間の許す限り喜んで対応させていただきたいと。
何より、この保険代理業という仕事がより社会に認知され、健全な組織運営を行いながらそこに働くヒトタチが誇りを持って働ける環境となることは、ひいては優秀な人材がこの業界に集まることにも繋がり、当社やワタスにも回り回ってやがて恩恵がもたらされることになる可能性も無くはないのではないかとも思うわけです。
また、惜しみなくノウハウや情報を出すことで自らも新しい気づきを得られたり、新たにノウハウや情報を仕入れようというモチベーションとなり、結果成長に繋がることになるとも常日頃思っているわけですが。
実は本音は。
どんなキッカケでも縁あって出会ったヒトからの頼まれごとを喜んで引き受けていくことが、自らの運力を上げることを学習上かつ経験上知っているからなのです。
よってワタスの行動は決してボランティア精神からではなく、自らの運力を上げるという、したたかな下心に基づいているわけですから。
ドナタサマも遠慮なくご相談いただきましたら時間の許す限り対応させていただきたいと思います。
したたかな下心はボランティア精神に勝るのだ。
                  写真 12-08-20 9 37 46.jpg
          人間ドックの結果で少々凹み気味のチキン社長に気合の↓を       
                    
人気ブログランキングへ
...

つづきを読む

ギャル(比較的若い女性)にモテたいオッサン必見!このサービスを教えてあげるのだ

8月19日
今日は愛孫心陽(ミオ)ちゃん2歳の誕生日。
もうスタスタ歩いてペラペラ喋ります。最近はオトコマエのお爺ちゃん(ワタスのこと・・)にもようやく懐いてくれて嬉しい限りです。
         写真 12-07-25 18 24 01.jpg写真 12-07-26 7 52 06.jpg  
そのミオちゃんの父親と叔父(要するにワタスの双子の息子である俗称ホリーマンブラザース)が今春5年間お世話になった会社を退社し起業したのですが。
今仲間と一緒に目黒で共同生活をしており、ワタスも最近は東京出張時にはホテルに泊まらずそこに泊まるようにしているのですが、いつ行っても朝方までリビングを改造したオフィスで仕事をしておりまして。
この度ようやくサービスをリリースしたようです。
サービス名は超カンタン、無料で使えるフリマアプリ「Fril」(iPhoneユーザー限定)
      23606.pngpic91.png
      http://fril.jp/  http://sp.ketchapp.jp/app/23606.html
若い女性を対象にしたフリーマーケットサービスらしく。
ツイッターのつぶやきの様に気軽に自分で不要なアクセサリーやバック、衣装等をフリマへ自室から公開でき、購入希望者はタイムラインとして表示される商品情報を参照して受け取り情報を入力すれば簡単に購入する事ができ。タンスの肥やし、ごみ箱行きの衣類をリサイクル活用するサービスですからそれなりに社会貢献度は高そうです。
日本のギャルたちがこのサービスを活用してくれて大繁盛してくれれば。
ワタスはミオちゃん専属の保育士に専念したいと思います・・・
あ、このブログを見てくれているオッサン達はくれぐれもこのサービスを利用しないように(変態お断りということです)
できれば奥さまやお嬢様に伝えてやってくださいまし手(パー)
   ボンクラツィンズを応援しながらも抜かれることを恐れる小心モン社長に侮蔑の↓を
                 
人気ブログランキングへ
...

つづきを読む

今日あなたは獅子座の新月に何を願いますか?

8月18日
今日は新月(新月とか満月は地球中心から見た月の中心と太陽の中心のなす角で定義され、地球と太陽を結んだ線上に月が来るのが新月)。

                  sakubou_setsumeizu.gif 
月の力と言えば「潮の満ち干」。月の引力で海の水位が変わります。
遠い昔から、人の誕生や死も、この潮の満ち干と同じようにに月のパワーと関係があると言われていますし、
満ち潮の時に生まれ、引き潮の時に死ぬ人が多いと言う統計もあります。
人間の体の80%が水分で出来ている事を考えると、月の引力が私達の身体に影響を及ぼしている事も十分考えられ。
また、月の満ち欠けが人間の心理状態に影響を及ぼし、満月になると気持ちが高ぶり、犯罪が多くなると言うデータもあります(女性をくどくなら満月という噂も有ります・・)
で、新月の話に戻りますと、新月に願い事をすると夢が叶うと言われてます(8月20日の0時56分までに願い事を書くと効果はあるらしい・・)
もちろん科学的根拠はありませんが、ここから月は満ちていくということで新しいスタートを切るタイミングということもあるのでしょう。
ワタスは最近このタイミングで一日断食をするようにしています(よって今日もとてもお腹がすいています)
理由は、空腹時の獣が直観的に獲物を捕らえるように、空腹状態になることで直観力を磨いてヒーラーになるため何事にもスピーディな意思決定ができるようにです。
ついでに今日はワタスは獅子座でもあるので願い事もしておこうと思います。
あ、願い事は紙に手書きで、それとロンドンオリンピックで金メダルをとった村田諒太選手の奥さんが冷蔵庫に貼っていたあの表現(過去完了形+感謝)がお勧めです。
                 20120815181934.jpg20120815181930.jpg             
            妖しい話ですが無宗教を宣言する妖しい社長に疑惑の↓を
                  
人気ブログランキングへ
...

つづきを読む