したたかな下心はボランティア精神に勝るのだ

8月23日
最近保険代理店の経営者さんから代理店経営に関するご相談を受けることが増えてきました。
本日も広域展開されているFPを束ねる企業の執行役員さんと面談。
数日後も以前某保険会社さん主催で全国の優績代理店経営者さんが当社見学にお越しになった中から、是非社員にも体験させたいということで社員さんを引き連れての会社見学や損保系大型代理店を経営されている社長さんからの相談など数件が予定されています。
ヨクヨク考えてみると。
9月29日に開催されるビッグイベント「保険五輪」http://www.hodaikyo.org/event2012/index.htmlが近いこともあり、某ネット生命や国内保険会社の代表と面談しメーカーとしての戦略やビジョンを拝聴したり、全国展開し急成長中の代理店経営者さんたちとの情報交換、更に金融庁との直接的なコミュニケーション、最もお客様の動向を知るプランナーさんたちとの接点等を踏まえたうえで、もちろんワタスが11年間自ら代理店経営の最前線でマネジメントしてきたことを鑑みると。
ワタスはこの業界の行く末を最も俯瞰的に予測できる立場にある一人なのではないかと。
よってこりは本来の事業ではありませんが、保険代理店協議会という社団法人の理事長という立場もありますので基本時間の許す限り喜んで対応させていただきたいと。
何より、この保険代理業という仕事がより社会に認知され、健全な組織運営を行いながらそこに働くヒトタチが誇りを持って働ける環境となることは、ひいては優秀な人材がこの業界に集まることにも繋がり、当社やワタスにも回り回ってやがて恩恵がもたらされることになる可能性も無くはないのではないかとも思うわけです。
また、惜しみなくノウハウや情報を出すことで自らも新しい気づきを得られたり、新たにノウハウや情報を仕入れようというモチベーションとなり、結果成長に繋がることになるとも常日頃思っているわけですが。
実は本音は。
どんなキッカケでも縁あって出会ったヒトからの頼まれごとを喜んで引き受けていくことが、自らの運力を上げることを学習上かつ経験上知っているからなのです。
よってワタスの行動は決してボランティア精神からではなく、自らの運力を上げるという、したたかな下心に基づいているわけですから。
ドナタサマも遠慮なくご相談いただきましたら時間の許す限り対応させていただきたいと思います。
したたかな下心はボランティア精神に勝るのだ。
                  写真 12-08-20 9 37 46.jpg
          人間ドックの結果で少々凹み気味のチキン社長に気合の↓を       
                    
人気ブログランキングへ

カテゴリー:日記のブログをもっと読む