「ヤンチャであれ、そしてハングリーであれ」と嘯くクソボンクラ双子のコメンスメント
「ヤンチャであれ、そしてハングリーであれ」と嘯くクソボンクラ双子のコメンスメント


卒業式のことを英語ではコメンスメント(COMMENCEMENT)と呼び「始まり」を意味します。卒業は終焉ではなく、新たな出発なんだというこの言葉、ちょっと素敵だと思いません?...

つづきを読む

AKB前田敦子が教えてくれたこと

3月29日
ワタスは特にAKB48の熱狂的ファンでもなく、ましてマエアツに特別の感情を抱いていたわけでもないのですが(しいて言えば篠田麻里子ファン・・)

               20091217_970832.jpg
メディアでは彼女がAKB48を卒業するという話題で持ちきりなので。
彼女が本当に自らの意志で卒業を決意したのかプロダクションや秋元総合プロデューサーの戦略なのかは神のみぞ知ることとして。
あくまでも自らの意志で人気絶頂のセンターポジションにあるにもかかわらず退くという決断をしたと仮定すると。
彼女の勇気ある決断は熱狂的ファンでなくても特筆に値することではないかと思うわけです。
ヒトは中々ピークの絶頂でそのポジションから退くという決断はできません。
サーフィンで例えると、せっかく苦労してテークオフした波に乗って気持ちよさの絶頂時にわざわざ自ら海に落ちて波に揉まれるようなものです(例えがイマイチ・・)
引き合いに出すとマエアツファンに怒られそうですが、ワタスも某生命保険会社の支社長をしているときにその座を自ら退きました。
当時の収入を鑑みると、一般的にはそのポジションを捨てることは相当意外だったと思います。
もし彼女とワタスの共通点があるとすれば、それは次なるステップを踏もうと決めたことではないかと思うわけです。
捨てるものと得るものを秤にかけて、保証はされてなくても得る方にかけてみようと思いきった結果の発言だったというわけです。
ワタスの実体験や長年生きてきて数々の成功者と失敗者?を見てきた経験値から申しますと。
ヒトはとかく現状不満や既にピークを過ぎて下降線を辿っているときに次のことを考えて行動を取りますが、その場合はその当時の最もピークにあった時より上に行くことはほとんどありません。
逆に登り調子のピークに差し掛かっているときや絶頂前後に決断した場合には、そのピークより更に上に行く可能性が高いということです。
その理由は、自分のポテンシャルはまだまだこんなもんじゃないと可能性の大きさを信じているヒトである、もしくは人生の目標が明確にありそこを目指すことにぶれない意志を持っているからではないかと。
間違いなく言えるのは現状不満の延長線上には右肩上がりの成功は無い可能性が高いということです。
ちょっと視点をかえてまたまたサーフィンで例えると、今乗ってる波はそれはそれで気持ちよく乗っているのだけれど、その波のポテンシャルには限界がありやがてパワーは衰えていくので、乗ってるうちに次に来るより大きな波を見定めてそっちに乗り移る方が、もちろん危険はあるのだけれどよりスリルがあって断然愉しいという感じでしょうか。
ここでいう波をビジネスに例えると、波そのものは経済環境でもあり、運の流れでもあり、またサーフボードは商品とかサービスという道具で、いずれにせよやはり乗れるか乗れないかはサーファーの意志とかスキルとかマインド次第ということです。
学生の時は卒業が3年とか4年とか決まっていて自ら卒業時期を決める必要はありませんが、社会に出るとそのほとんどは自らの意志で卒業を決めなければいけません。
前田敦子さんはAKB48を卒業する意思を表明されましたが、必ず今以上に成功するとは限りません。むしろピンで売れるほうが難しいでしょう。
それでもセンターポジションを捨てた彼女の決断に惜しみないエールを送りたいと思います。
今春、あなたは何を卒業し何を始めますか?
   どちらかというとAKB48より江頭2:50の方が好きなキワモノ社長に微笑の↓を
                  
人気ブログランキングへ
...

つづきを読む

人間関係という河で大切なものは堤防ではなく橋である

3月25日
今週で3月が終わりますね。
この時期は1年のうちで卒業式や人事異動や組織変更や決算などで一つの区切りを向かえ、新しい環境に変わるヒトが最も多いのではないでしょうか?
そんなあなたは今不安の方が大きいですか?それとも期待の方が膨らんでいますか?
置いてきた人間関係に心残りはないですか?またこれから育んでいく人間関係に一抹の不安はないですか?
「今まではあまりヒトに恵まれなかったので今度はイイヒトがいてくれたらいいな・・」
なんて思っているヒトのほとんどは新たな環境でも同じことが繰り返されるものです。
なぜならその原因は常に自分が生み出しているからです。
あなたが距離を感じているヒトを一人思い浮かべてください。
きっとあなたとそのヒトとの間には深い河があるはずです。
ではあなたのいる岸の方からその河を越えて橋を架けていくところをイメージしてみてください。
橋が向こう岸に届くと相手が繋がろうとして近づいてきます。あなたも相手に会いに近づいていきます。そのヒトのエネルギーがあなたに近づいてくるのを感じ、あなたの側のエネルギーも相手に近づいていくのを感じます。
それがどんなに気持ちがイイことかを感じてみましょう。お互いの間で交流が始まった結果、状況がどのように変化していくのかに気づいてください。
橋を架けたときには両岸が手に入ります。どちらも同じ河の一部分なのです。
(「傷つくなら、それは愛ではない」VOICE出版から引用)

とかくヒトは関係性が上手くいかない時ほど、その河に「橋」を架けるどころか「堤防」を高く作ってしまい、流れる川を挟んで分断してしまいます。
でも本当は自分と相手、つまり河の両岸は同じ河の一部なんだということです。河の底では大地の一部として繋がっているということです。
梅が咲き、桜が咲き、コートを脱ぎ、セーターを脱ぐこの季節。
今週は自分の殻も脱ぎ捨てて、軽やかにまず橋を架ける所から始めてみませんか?
   すぐ脱ぎ捨てすぎて猥褻物陳列罪で逮捕されそうになる破廉恥社長に軽蔑の↓を
                 
人気ブログランキングへ
...

つづきを読む

あなたは何歳くらいからこれ以上歳を取りたくないと思いましたか?

3月24日
「ユダヤ人大富豪の教え」を初め数々の著作の販売部数が累計で400万部を超える本田健氏。
その「お金と幸せの専門家」として名高い本田健さんは、当社の「あなたらしい素敵な活き方を応援します」というコンセプトとお金の専門家であるフィナンシャルプランナーを組織化し、サポートするというビジネスモデルに共感いただき、株主としても応援をいただいているのですが。
「50代にしておいきたい17のこと」を上梓されたので、当然50代のワタスは買って読んだ次第です。
その17の中の1つに「愛を育む」という単元があり、更にその中に「愛とニーズの違いを知る」という章がありました。
そこで心理学者でもあり高名なセラピストでもあるチャックスペザーノ博士の著書「傷つくならばそれは「愛」ではない」が引用されていました。
                 写真 12-03-24 20 52 29.jpg
10年以上前、40歳前後に読んだ記憶があったので、書棚を探してみると出てきました。この本は当時かなりインパクトがあったので捨てずにいたのですが、366日版という建付けで、日々直感的に開けたページのメッセージや問いかけにより、人間関係に悩む読者が気づきを得られるような構成になっています。
本当に久しぶりにページをめくりましたが年齢やその時の精神状態などで、受け取り方や心に留まるフレーズが異なりますね。当時ピンとこなかったメッセージも今読むと共感できることがあったり、当時気づきを貰ったメッセージを見つけて、若かったな~と(といっても40歳・・)回想してみたり。
で、何かをして傷つくとしたらそれは愛ではなくニーズなんだと。
家事を毎日しているのに、感謝してくれない。
料理を作っても褒めてくれない。
これだけやってあげているのに全然振り向いてくれない。
なんて思うのものですが、本当の愛とは見返りを求めないもの(子供や親に対してはそうですよね)なので本来は傷つくことはないということでしょう。
でもニーズを持つことがダメなのではなく、どこかで見返りを期待している行為は実は愛ではなくニーズに過ぎないことを自覚することで、自分の今の混乱している心を整理し、他者批判や自己否定から解放され、適切な行動を取るきっかけになるのかもしれません。
本田健さんの著書に話を戻しますと。
50代になれば、「どう攻めていくかで決まる」「健康は自分でつくるもの」「時間=命と考える」「年相応なことはしない」等々心に刻んでおきたいメッセージが随所に散りばめられていてこれからの活きかたの指針としてとても参考になりました。
まだ50代になっていないカタガタへ。
50代も相当イケてます。それなりの経験を積んできてる部分、ある意味何があっても動じない耐性ができているのでストレスが少ない。若い頃より先が短い分不安感も少ない(逆の見方をしたら期待感も少ないということになるのですが)。残された時間を大切にしようという意識が強くなる分、「今」を大事に「今」を輝かせることに集中できる。
どうです?早く50代になりたくなりました?
歳を重ねるごとに愉しみや期待が持てる活き方を表情や行動で示していきたいものですね。
      頻尿時にはこれ以上歳は取りたくないと思う哀愁社長に憐憫の↓を
                  
人気ブログランキングへ
...

つづきを読む

リーダーになった時に伸び悩まないための処方箋

3月23日
あなたはいきなり畑違いの業界や環境でリーダーになったことがありますか?
ワタスは今から遡ること11年前、保険業界とは全く畑違いのマーケティング会社の取締役ゼネラルマネージャーとして営業部隊のリーダーを経験したことがあります。
当時最も東京で最先端だった?晴れた日には富士山が見える恵比須ガーデンプレイスタワーの高層階のオフィスに着任した日、朝礼で挨拶をしながら部下の顔ぶれを見て、「みんなお洒落で時代の先端を走る仕事のできそうな若者たちばっかりやなぁ」と感じながら、「門外漢の俺に彼らをマネジメントなんてできるやろか・・」と不安がよぎったことを覚えています。
事実優秀な若者が多かったのですが、その中に部内でも異色でちょっと尖った若者がいました。
スマートでいかにも仕事のできるタイプ。育て方によってはかなり伸びるタイプであると感じる一方で、プライドもそれなりに高そうなのでマネジメントする側にはそれなりの度量がいるとも感じました。
例えるなら、切れるハサミや包丁程使いこなすのには技術が必要ですし、早い馬程乗りこなすのは難しいというところでしょうか。
結局その彼は私が退任して起業するタイミングと同時に、予てからやっていたアメリカンフットボールのプロコーチの道を歩むことを決断し。
そしてそれから11年。
頻度は少ないものの要所要所でコミュニケーションしながら彼の活躍ぶりを見守ってきました。
結果が出ないと選ばれないという厳しい環境に身を置くことで自己成長に磨きがかかり、以前からのスマートさに加えて、年齢を重ねた分人間味が増し、今では日本代表チームのコーチとして活躍する一方で、ビジネスパーソンとプロコーチの経験を活かして人材教育の分野でもその頭角を現し、企業研修の講師としても大活躍をしています。
彼の名は延原典和くん。そしてこの度著書を出版されました。
           nobuhara.jpg
「リーダーになって伸びる人、伸び悩む人」日本実業出版社
               写真 12-03-23 23 13 15.jpg
ワタスも営業現場の一線で活躍するトップセールスをマネジメントするという世界で生きてきましたが、彼もまた第一線で活躍する現役トッププレーヤーをまとめ、全日本クラスのトッププレーヤーとの関係性に苦労しながらも結果を出してきたその実体験をベースに、要所にトップマネジメントの著名人の言葉をわかり易く引用し、更に心理学や脳科学の理論で裏付けながら、リーダーとしての在り方ややり方を非常にわかりやすく解説されています。
1章ではいきなり「ノブコーチとはやりたくない」「ノブコーチとアメフトをやっていても楽しくない」「ノブコーチを変えてほしい」と選手から直訴され、クビを言い渡されるというカミングアウトから始まるのですが、ワタスも過去にビジネスの世界で同じように直訴され、大量の離脱者を出した経験をしているだけにその時の辛さがとても理解できます。またそこから這い上がるために取り組んだ事例もとても共感できると同時に、勉強になるフレーズやビジネスにも活用できるノウハウがたくさんありました。
スポーツでもビジネスでもボランティアでも共同体でも町内会でも。
これからリーダーを目指すヒト。リーダーになりたてのヒト。そして今リーダーではあるものの思うようにメンバーが動いてくれないヒト。更にはリーダーを育てるリーダーのヒトタチのための、常に手元に置いておきたいお勧めの1冊です。
あの頃この本がでていたら、門外漢のワタスももうちょっとまともなリーダーになれたのになぁ・・
         スマートとは一生縁の無い寸足らずリーダーに同情の↓を
                
人気ブログランキングへ
...

つづきを読む