あなたは何歳くらいからこれ以上歳を取りたくないと思いましたか?

3月24日
「ユダヤ人大富豪の教え」を初め数々の著作の販売部数が累計で400万部を超える本田健氏。
その「お金と幸せの専門家」として名高い本田健さんは、当社の「あなたらしい素敵な活き方を応援します」というコンセプトとお金の専門家であるフィナンシャルプランナーを組織化し、サポートするというビジネスモデルに共感いただき、株主としても応援をいただいているのですが。
「50代にしておいきたい17のこと」を上梓されたので、当然50代のワタスは買って読んだ次第です。
その17の中の1つに「愛を育む」という単元があり、更にその中に「愛とニーズの違いを知る」という章がありました。
そこで心理学者でもあり高名なセラピストでもあるチャックスペザーノ博士の著書「傷つくならばそれは「愛」ではない」が引用されていました。
                 写真 12-03-24 20 52 29.jpg
10年以上前、40歳前後に読んだ記憶があったので、書棚を探してみると出てきました。この本は当時かなりインパクトがあったので捨てずにいたのですが、366日版という建付けで、日々直感的に開けたページのメッセージや問いかけにより、人間関係に悩む読者が気づきを得られるような構成になっています。
本当に久しぶりにページをめくりましたが年齢やその時の精神状態などで、受け取り方や心に留まるフレーズが異なりますね。当時ピンとこなかったメッセージも今読むと共感できることがあったり、当時気づきを貰ったメッセージを見つけて、若かったな~と(といっても40歳・・)回想してみたり。
で、何かをして傷つくとしたらそれは愛ではなくニーズなんだと。
家事を毎日しているのに、感謝してくれない。
料理を作っても褒めてくれない。
これだけやってあげているのに全然振り向いてくれない。
なんて思うのものですが、本当の愛とは見返りを求めないもの(子供や親に対してはそうですよね)なので本来は傷つくことはないということでしょう。
でもニーズを持つことがダメなのではなく、どこかで見返りを期待している行為は実は愛ではなくニーズに過ぎないことを自覚することで、自分の今の混乱している心を整理し、他者批判や自己否定から解放され、適切な行動を取るきっかけになるのかもしれません。
本田健さんの著書に話を戻しますと。
50代になれば、「どう攻めていくかで決まる」「健康は自分でつくるもの」「時間=命と考える」「年相応なことはしない」等々心に刻んでおきたいメッセージが随所に散りばめられていてこれからの活きかたの指針としてとても参考になりました。
まだ50代になっていないカタガタへ。
50代も相当イケてます。それなりの経験を積んできてる部分、ある意味何があっても動じない耐性ができているのでストレスが少ない。若い頃より先が短い分不安感も少ない(逆の見方をしたら期待感も少ないということになるのですが)。残された時間を大切にしようという意識が強くなる分、「今」を大事に「今」を輝かせることに集中できる。
どうです?早く50代になりたくなりました?
歳を重ねるごとに愉しみや期待が持てる活き方を表情や行動で示していきたいものですね。
      頻尿時にはこれ以上歳は取りたくないと思う哀愁社長に憐憫の↓を
                  
人気ブログランキングへ

カテゴリー:日記のブログをもっと読む