ゲームの力が未来を変える

1月29日
最近「ゲーミフィケーション」という言葉がチマタ、特にWEBマーケティングの世界で聞こえてきます。
これからは「ゲーミフィケーション」の時代だと。
言葉の意味は、「ゲームではないものにゲーム的要素を持ち込み、顧客を更に自社の味方につけること。」とか「ゲームからその技術を学び、ユーザーの体験をもっと面白くすること。」
シンプルに表現すると「遊び心をくすぐる」ということでしょう。
世界的にこの考え方が企業としては集客の仕組みに留まらず、人事制度や社員のモチベーションアップの手法などに応用され効果を発揮しているのです。
今はWEBやアプリケーションなどの技術を活用して、よりビジュアルに表現したりシェアしたちして盛り上げる仕組みが進んでいますが。
遊び心をくすぐると盛り上がり、結果成果につながるという企画は今に始まったことではありません。
自慢という程ではないですが、ワタスも遡ること15年以上前、某保険会社のマネージャーをしている頃、年に2回のセールスコンテストがあったのですが。
その当時、私の営業所のみ「お祭り感覚」を取り入れ、レンタルショップから借りてきたハッピを着込み、大うちわを飾り、更に申込書1枚につきガラガラ(抽選で取っ手をガラガラ回して球が出るヤツ)を回してでる色によってインセンティブをつけるという企画をしたことがあります。
この企画はかなり盛り上がり、今までにない生産性を上げ話題になりましたが、周りの営業所から「うるさい」とクレームが来たり、お客様に失礼だからやめさせろとか金融機関としてあるまじき企画だとやたら物議をかもしもしました(もちろん自らの行動に火を点けるための仕掛けとお客様のために真摯に対応するのとは異なるのが前提でした)
でもこれは今の言葉で表現すると一種のゲーミフィケーションでしょう。
あまり上手く行かなかった例もあります。
2年程前に社内のコミュニケーションを円滑にしようと「ホメッター」というブログを企画しました。
これは社員間で日々のちょっとした褒められるような行動にフォーカスしてクローズなブログに書き込んでいくという仕掛けです。
誰でも身近な人から関心を持たれ、特に良い行動にフォーカスされて褒められたら嬉しいし、そんなメッセージが飛び交う組織になれば結果的に結束力が強くなり愉しくて働き甲斐のある職場になるだろうという思惑でした。
これもある意味ゲーミフィケーションの一つですね。
当時はまだfacebookはこの世に存在しなかったはずですが、仲間から認めてもらうと嬉しいという、この仕組を研ぎ澄ましたのが「イイね!」ボタンではないかと思うわけです。
でも最初こそ結構アップされてたのですが、徐々に減っていきここ数か月は誰も更新しなくなりました(ワタシもです・・)

今でも決して発想自体は悪くなかったと思うのですが、シンプルにアップできるシステム化とワタスの継続発信力ともう一捻りが無かったと反省しています。
ゲーミフィケーションとは、遊び心を刺激しながら課題をクリアすると→報酬(お金とは限らず)が貰え→その結果を持って仲間(お客様含む)と交流(シェア)する仕組みをいかに創るか。
ゲームの力が未来を変えるなら。
ゲームの力で未来を変えれるなら。
日々の自分やチームの仕事にゲーム性を取り入れたり、お客様の集客やお客様からの紹介入手にゲーム性を取り入れたりして。
これからも愉しみながら生産性を上げる仕組みを常に考え続けようと。
経営者は「憂鬱でなければ仕事じゃない」という話もありますので。
愉しい環境を創るために憂鬱になるまで考えたいと思います手(パー)
    憂鬱という漢字を覚えるのに憂鬱になる漢検縁無し社長に微笑みのクリックを↓
                 人気ブログランキングへ
...

つづきを読む

上手くなりたいという気持ちをどう行動に置き換えるか

1月28日
昨日は保険代理店協議会ゴルフコンペで珍しくブービーメーカーでもなくブービーでもなくべべから3番目でホッとした反面何も賞に該当しなかったので単なる目立たないヘタクソ野郎に成り下がってしまった中途半端なくらいならヘタッピなままの方が心地よい年内に100を切ることを念頭の目標に置いている@堀井ですこんにちわ。
プレイした直後に「もっと上手くなりたい」という感情は。
講演や研修を受けた直後に「もっと業績を上げたい」という感情に似ています。
でもその気持ちが維持継続することなく日常の仕事や生活に埋没していくことが多いのではないでしょうか。
そもそも優先順位が低い、緊急度や重要度が低いから。
本当は高いのだけれどヒトの行動は刷り込まれた習慣に支配されているから。
新たな行動で時間を使う分、今やってることを捨てる勇気が持てないから。
その行為そのものが面白くて面白くて仕方ないほどでもないから。

ワタスがゴルフが上手くなりたいと言いながら中々行動に移してない思い当たる理由を列挙してみるとこんな感じでしょうか。
皆さんがもし「もっとこうなりたい」と思いながら行動に移せていないものがあるとしたらどんな理由が考えられるでしょうか。
もし実は重要度が高くてやらないと食えないとかとんでもないことになるとわかっていながらやれてないのがあるとしたらそれはなぜでしょうか?
習慣を変えていくために少しでも新たな行動を取りいれる。
捨てる勇気を持つ。
それが面白くて好きなことでホントにやりたいことかどうか再確認する。
自分の意思で決断や行動ができなければ信頼できるコーチやトレーナーやメンターをつける。

ワタスにとってゴルフはまだ優先順位が高いとまで行きませんが。
仕事はもちろん健康管理、ダイエット、習い事、資格などでもし本気で結果を変えたいモノがあるならば。
何からでもいいのでまずは「行動」から始めるしかないですね。
    ヘタでもよければゴルフに誘って欲しい孤独なゴルファーに労いのクリックを↓
                人気ブログランキングへ
...

つづきを読む

プロが勝ち続けるために必要な唯一の状態とは

1月25日
今週末保険代理店協議会のゴルフコンペがあり元々超ヘタッピなくせに練習もしていないワタスとしてはそのスコアを想像すると恥ずかしいのと迷惑をかけてはという不安に苛まれながら憂鬱な日々を送っている自称フロゴルファー(早く風呂に入りたい・・)@堀井ですこんにちわ。
ま、ワタスの場合こんなことでうつ病になることはないですが。
日本全体でみればうつ病患者は2008年以降100万人を突破しており。
その社会的損失はなんと2兆7000億円にもなるらしく、この数字はGDPを1兆7000億円押し上げるほどだとか。
これは景気低迷化の日本において、個々の企業にとっても国にとっても見過ごすことのできない状況であるとともに、何よりその本人にはとって最も解決したい最優先課題だと思うわけです。
この原因は人それぞれではあるでしょうが、大きなくくりで言えば「ストレス」でしょう。
ではそのストレスはどこから来るのかというと、企業でいけば数字、ノルマ、出世、評価という価値基準をベースとして上司、つまりヒトとのコミュニケーションを通じてもたらされることが多いのではないでしょうか?
一般的にリーダーシップを発揮する経営者はストレス耐性も高く、荒波を乗り越えて勝ち残ってきたヒトが多いのでうつ病になるヒトを理解できず、単に弱い人間だと片づけてしまうことが多いようです。
で、少し逆説的な事例です。
先日当社LAC-座で日本屈指のプロゴルフキャディーの清水重憲氏(唯一男女両方の賞金王のキャディを務めた)に講演をしていただきました。
                2012shimizu_02.jpg
そこで強いモノが勝つプロスポーツの世界で、キャディという立場で、トッププロに勝たせるために何に最も神経を使うかという質問をしましたところ。
それは技術的アドバイスではなく、いかに選手をプレイ中にリラックスさせるか、プレッシャー満載の試合中にも、興味ある話を投げかけながら笑いを引出し、普段通りのプレイをしてもらうかということでした。
そのヒトの能力を最大限に引き出すためには「笑い」が必要だということですね。
(そういえば、昔カールルイスのコーチは彼にゴールが近づいたら「笑え」とアドバイスしていたそうです。)
もちろん本人が平素のトレーニング、モチベーション維持などやるべきことをしっかりやっている前提ではありますが。
プロの営業の世界やビジネスの世界ではキャディに相当するのはマネージャーなので、部下の能力を最大限に発揮させるかにおいては、プレッシャーを与え続けて身体や心をガチガチに固めてしまうことは得策ではないということでしょう。
笑いの心理的社会作用は。

親和作用(緊張緩和による親密度アップ)
誘因作用(笑いが絶えない所にヒトが集まる)
浄化作用(発散することで怒りをも吹き飛ばす)
解放作用(心のゆとりが生じ、不快な捉われから解放される)

更に生物学的作用として。
笑いにより副交感神経が刺激され、リンパ球の一種NK細胞が活性化されることにより免疫力
が高まる、即ちストレスが強いと交感神経が緊張し、結果リンパ球が減り免疫力が低下し、病気となるのでそれを防ぐ効果があるということです。
これからの社会生活において。
「笑い」という要素を組織内に取り込みながら結果を生み出すことが、日本のためにも(GDPを押し上げる)企業のためにも(生産性を高める)、もちろんうつ病に悩むご本人のためにも(幸せな人生を送る)非常に重要なことではないでしょうか?
特に企業の経営者は、決してユルイ組織を許容するというのではなく、自律的に動く組織体制をどう築き、あくまでも結果を出す(生産性を高める)前提でこの要素を本気で考えてマネジメントしなきゃいけない時代だと思います。
                 まあく.jpg
          小学生のシングルプレイヤーまあく君と笑うしかないワタス
       加圧トレーニング時だけは笑えない根性無し社長に気合のクリックを↓
                 人気ブログランキングへ
...

つづきを読む

幸せって何なんだろう。ALWAYS三丁目の夕日'64

1月22日
今日映画観てきました。
ALWAYS三丁目の夕日’64。
一杯一杯泣きましたもうやだ〜(悲しい顔)
歳を取ると色んなものが緩んできますが涙腺もその一つ。
特にこのシリーズは生まれた年代がドンズバで、1964年は小学1年生でした。
また町の情景がワタスが生まれ育った京都市内の町並とそっくりなので尚更なのです。
家の向かいが玉子屋、その隣が魚屋、鉄砲屋、珈琲豆屋、隣がパーマ屋、靴屋、表通りにでると市電が走り、鈴木オートを彷彿させるイノダモータースにかばん屋金物屋と何でもあり。
因みに家は醤油屋でした。
             P1010993.JPG
東京オリンピックも覚えていますし、初めてカラーテレビを観たのは近所の銭湯。
そのカラーが不自然にどぎつく、本物の色でなく特別に細工がしてあると思ってました。
子供だったので高度経済成長期だなんて知る由もなく、何の悩みもなく遊んで暮らす毎日でしたね。
大人たちも遠い将来の夢ではなく、今目の前のコトに夢中だったように思えます。
~どんなに時代が変わっても、夢があるから、前を向ける~
これが映画のサブメッセージ。そして今回この映画が伝えたかったことは。
「幸せって何なんだろう。」です(多分・・)
六ちゃんの交際相手菊池医師のことを、宅間先生がこう言って讃えます。

「今は誰もがお金持ちになることや出世することを幸せと思ってる。でも彼は今が嬉しいと。周りの人達がただ私がいることで安心してくれるのが嬉しいんです、て彼は本気で思ってるんです。」

今とこの頃と自殺者の数でも物語ってるのですが。
圧倒的にモノや情報は今の方が満たされているにもかかわらず、なんとなく昔の方が幸せだと感じている割合が多かったように思います。
「成功」はまだ手に入れてないものを目指し続けてキリがないものですが「幸せ」は今既に自分の中や自分の周りにあるものに気づくだけで手に入るものが一杯あることをこの映画は教えてくれているのでしょう。
いくら涙腺が緩くなったとはいえ、日常生活では号泣する機会はそうそうありません。
感動に涙し、今ある幸せを改めて実感させていただいたヨキ日曜、そしてヨキ映画でした手(チョキ)
                  s-P1010992.jpg
   おちゃらけな子供がそのまま大人になった進歩不全社長に憐憫のクリックを↓
                   人気ブログランキングへ
...

つづきを読む

50歳を超えても30代に見える健康オタクが導入した最終兵器とは

1月19日
昨日のブログの続きです。

(医学博士の南雲さんの著書「50歳を超えても30代に見える生き方」に触発されブログのタイトルをパクってみました。ワタスのブログの内容とは関係ありませんので)

身体の循環で何を口からいれるのがイイかと言いますと。
もちろん色んな食べ物があるでしょうが、最も大事なものは「水」ではないかと思うわけです。
なぜなら。
水はすべての生命体にとって不可欠な存在だからです。
人間の身体の約70%は水でできているからです。
身体をつくるのも心をつくるのもすべからず基本や基礎をしっかりしないとダメだとしたら、まずは「水」をしっかり摂る、できれば身体にイイ水を充分に補給することがとても大事だと思うからです。
ということでワタスはかなり水には思い入れがあり。
家の水道は磁化水(水道管に強力磁石を装填)にして水の分子を細かく滑らかにし吸収力を高め。
会社では携帯用の磁化杯を常備し。
             磁化杯.JPG
飲料用の水はミネラル豊富な炭酸水やカルシウムたっぷりの硬水を常飲しております。
             2004020420009.jpg
そしてついに。
本社のイベントスペース「LAC-座」には高濃度水素水精製自販機を設置しました。
              suisosui.jpg
水素水とは文字通り水素分子を溶け込ませた水のことです。
これがなぜ身体にイイかと言いますと、悪玉活性酸素を消去するからで、この悪玉活性酸素こそ加齢加速(老化)や病気(ガンや生活習慣病など)のほとんどの原因だとされています。
もう少し詳しく解説すると。
私たちは呼吸により酸素を吸い込んでいます。その酸素のほとんどはやがて水素と結合して水になりますが、一部は酸素と結合せずに「活性酸素」となります。
活性酸素は不安定な状態なので、安定を求めて結合できる相手を探しまわります。一部は役に立つ働きもしますが、過剰になると体内のあちこちで暴れまわり、手当たりしだい相手かまわず酸化を促進させていきます。
この過剰な活性酸素=酸化こそが老化の犯人であり、さまざまな病気を引き起こす元凶であることが、近年の研究から明らかになってきました。
病気にはさまざまな種類がありますが、今の病気の90%以上はその原因に活性酸素が深くかかわっていると言われています。活性酸素は、血管を障害し、老化や癌化を促進させるのです。

その老化や病気の元凶とされる活性酸素を唯一除去できるのが水素水だということです。
昔から奇跡の水と呼ばれ、飲めば難病も治るとされてきたルルドの泉やトラコテの水などの共通点として水素が多く含まれているとか。
ですので。
当社のスタッフはもちろんのこと(福利厚生)お客様にも(総合生活サポート)いつもいつまでも美しく健康で若々しくいてほしいので。
この度高濃度(1.6ppm)水素水500mlをわずか100円で購入できるよう設置したわけです。
健全な精神(こころ)は健全な肉体(身体)を保つからこそ宿るわけですし、その健全な肉体のほとんどが水でできており、人体を構成する元素のうち約63%を水素が占めていることを鑑みても、是非できれば水素水を摂りいれることをお勧めする次第です。
(それが無理でも少しイイ水を日々充分補給されてみてはいかがでしょうか)

                 suisosui2.jpg
京都四条烏丸近辺のカタは是非お立ち寄りください→http://l-club.jp/e-lifeplanning/lcafe.html
 最近ごぼう茶も飲みだし人知れずおならを連発するへこき社長にお仕置きのクリックを↓
                 人気ブログランキングへ
...

つづきを読む