セーフベース

1月16日
生後5か月目の初孫心陽(みお)ちゃんに歯が生えてきたという情報を入手し早速スカイプで確認しようとしたらご機嫌斜めで大願成就できなかった御爺さん@堀井ですこんばんわ。
               64511988.v1295179524.jpg
それにしても赤ちゃんの成長スピードは凄まじいものです。
つい先日まで母親のお腹の中にいたものが日に日に大きくなって首も座り離乳食を食べだしてそして色んなことに興味を持ち出している様子。
この赤ちゃんの行動を観察していると。
母親の膝の上の赤ちゃんは今まで知らなかった新奇なモノにさかんに興味を示します。
ところが自分が完全に守られて安全だという確信が持てないときには、既知なモノにしか興味を示しません。
これをセーフベース(心の安全基地)と言いますが。
これは赤ちゃんだけではなく大人にも当てはまり。
組織でも安全欲求(収入の保障)や所属欲求(存在価値や仲間意識)の危機にさらされていると。
つまり社員に活力を与えるための施策で極めて変動要素が強い能力給を導入することで、リストラの不安や居場所の喪失が起こり、組織が社員にとって安心して身をあずけられる存在でなくなってきたことで逆に活力がなくなってくるという現象が結構発生しているのです。
ワタシは収入の保障されていないフルコミッションの世界に長く身を置いてきましたが。
不安との戦いを楽しみながら業績を上げられる人は確かに一握りで。
セーフベースにいれば活躍されていたヒトタチはかなりいたことでしょう。
社員の適正や仕事内容にもよりますが。
「個々の価値観を認め合い、全員が「経営者思考」で行動できる自律型社員を養成しながら成長し続ける企業。」
を標榜する当社としては「セーフベース」という環境を創ることでこの理念を実践できる企業になれるのではないかと思ったのでございます。 
親が(上司が)あれしなさいこれはダメ(指示命令)と言い続け、自主性を尊重しない躾(管理)をするよりも、子供の可能性(社員の可能性)を信じセーフベース(上司のマネジメントや組織体の風土)を確保してあげて自由に活躍させてあげる方が燃える集団が出来上がり、その組織は成長していくんだなぁ。
           いつも孤独な私の心の安全基地になっていただけるカタは↓
                 人気ブログランキングへ
...

つづきを読む

ライバルは伊達直人

1月13日
先日のブログでもお伝えしていた。
保険代理店協議会の一般社団法人化記念パーティが本日開催されました。
会員企業とオブザーブ参加企業とで約100名が参加され。
先ほど滞りなく終了。
終わってみれば、オブザーブ参加された著名保険代理店の方々のほとんどがメンバーとして参画いただくこととなりました(決して威迫ではなく・・)

思えばこの度基調講演いただいた元大蔵省金融課長を歴任された滝本先生しかり。
この1年で加盟していただいた全国展開されている大手代理店経営者しかり。
手前味噌ですが我々が業界をもっともっと顧客志向に変革したいという「本気度」が行動に表れた結果ではないかと。
ミンナ日々自社の経営に邁進しながらも限られた時間とお金を割いて全国をツアーし、定期的会合を重ね、この業界を活性化しようという気概に共感いただいたからではないかと思うわけです。
依然内需が停滞する日本経済ですが。
その中で広域展開する乗合代理業はまだまだ伸びしろがある業態です。
もちろん全国の伊達直人サン達によるランドセルプレゼントも心温まる素晴らしい話ですが。
不況にあえぐ日本国において企業業績を上げ、雇用を創出し、納税をすることや。
一般生活者に対するライフプランニングや家計の見直しをすることで人々を元気にすることはタイガーマスクにひけを取らないくらい価値有る社会貢献ではないでしょうか。
実は来る5月21日(土)には。
横浜パシフィコにおいて1000人規模の一大イベントも企画しています(全国の保険業界関係者はスケジュールを空けておいてください手(パー)
保険業界のみならず日本に活力を与える一般社団法人保険代理店協議会に是非これからもご期待ください。

昔虎の穴出身をもじって俺はケツの穴出身とうそぶいていたアホ理事長に労いのクリックを↓
                人気ブログランキングへ...

つづきを読む

設立記念パーティ

1月8日
新年の仕事初めの週が終わりました。
皆さんまだ暖機運転というところでしょうか?
それともいきなりフルスロットル?
ワタシは今週は東京出張もなく、新年全体朝礼から会食、取引先さまからの年初挨拶の対応、PJ会議などで3営業日を終えました。
時間的には比較的落ち着いた週ではありましたがなぜか気持ちは落ち着きません。
これから向かえる様々な予定への対応準備がまだまだ不十分で気持ちだけが先行している感じ。(どうやら生来の貧乏性というか、年末年始とか長い休みが続くと仕事が気になって落ち着かなくなるようですふらふら
この三連休は少し落ち着いてこれからやることの整理と準備にあてようと思います。
来週13日は昨年12月に一般社団法人化した保険代理店協議会の設立記念パーティを帝国ホテル東京にて開催します。
法人成りを機に顧問に就任いただいた元金融庁保険課長の滝本弁護士による基調講演。
「新しい時代の保険代理店のコンプライアンス」
 ~保険代理店協議会に期待すること~

あえて任意団体から社団法人化したのは我々が「本気」の証しパンチ
5月には1,000人規模の一大イベントを企画していますhttp://www.hodaikyo.org/
保代協は本年も保険流通維新をリードしていきますので皆さまどうかご支援ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします手(パー)
                  一般社団法人 保険代理店協議会
                         理事長 堀井計
            下ネタ封印の理事長挨拶に賞賛のクリックを↓
                 人気ブログランキングへ
...

つづきを読む

チャレンジ備忘録

1月4日
さて明日は仕事初めなので。
今年のチャレンジ目標(主にプライベート)をブログに残しておきたいと思います。
いつも立てた目標の半分くらいしか実現していないのであまり高い設定はしないつもりです。
かの大前研一さんも。
人間が変わる方法は3つしかない。
1番目は時間配分を変える。2番目は住む場所を変える。3番目はつきあう人を変える。
この3つの要素でしか人間は変わらない。
最も無意味なのは『決意を新たにする』ことだ。

とおっしゃており大いに同意するところなので。
無意味に決意を新たにすることはやめて。
時間配分において「何を削り」「何を始めるか」というスケジュール管理に重点を置いて設定をすることにしようと。
ここで重要なことは「何を削るか」なんですが、大きく分けると「仕事の時間」「仕事を終えた後の時間」「休日の時間」「睡眠の時間」と4つに分けられます。
私の場合睡眠以外の三つがかなり曖昧なところがありどこからどこまでが仕事なのかわかりづらいところがありますが(経営者は多いのでは)
年齢的にこれ以上睡眠を減らすことは厳しいので思い切って仕事の時間を減らすしか減らすところが無いので。
思い切って仕事時間を減らします(キッパリ)
平日は早めに切り上げるとか休日に自宅でPCの前に座るのを控えようかと思います。
で、空けた時間で何をするかというと。
まず身体を鍛えますパンチ(加圧トレーニング)

それと今年は10年封印していたスキーを再開しますスキー(怪我して研修講師に穴を空けるのが怖かった)
ヘタッピなゴルフを上手くなりますゴルフ(100切るのが目標)

文化的な趣味も一つくらい入れたいと思っています(挫折したピアノとか)
以上がプライベート。
半分仕事では、やはりこれも遅々として進まない執筆活動を期限付きでアップさせること(なんとか4月までにはザ・購買エージェントへの道起業編を仕上げたい)
そして仕事は。
時間を減らした分はどんどん任せていくしかないでしょう(みんな覚悟はえーか~)
それとワタシの夢の1つにたくさんの経営者(社長)を輩出したいというのがありますので。
今年は最低でも1名は任命します。
これで1年後の愉しみができました。
さてどこまで実現できるでしょうか(ってオマエ次第やろちっ(怒った顔)

         ささやかな夢しか持てないチンケな社長に憐憫のクリックを↓
                 人気ブログランキングへ
...

つづきを読む

掃除機の気づき

1月4日
昨日に帰省していたホリーマンブラザーズ(双子の息子家族)も東京に戻り。
いつも通りの日常の風景となりました。
今年も親戚はもとより元部下や昔の先輩家族、近所の友人や恒例の息子たちの悪友連中などたくさんのヒトタチが押し寄せて賑やかな良い正月となりました。
特に今年は昨年の夏に新しい家族(初孫)ができたこともあり。
実は掃除機を買い替えたのですが(ちょっと上等の排気がキレイなヤツ)

ダストカップに溜まるゴミの量がいつもの3倍くらいあるんですねがく〜(落胆した顔)
エネルギーが満ちているとそれに比例して埃やゴミの量も多いということを改めて知りました。
もちろん「もったいない」精神や断捨離の如く無駄を断つことはとても大切なことですが。
規模や若さ、即ち成長エネルギーが大きいと排出量も大きいということを身近で気づき。
(中国やアジア新興国のパワーから排出される埃やゴミを吸い取る掃除機は日本とは比較にならないほど強力な巨大掃除機がいるなと想像してしまいました)

活力と排出の循環は組織にも必要なので、当社も元気な若者の採用を促進しエネルギー強化ととともに年寄を排出?するのではなくベテランの経験値やスキルを移植しながらバランスの良い組織にしていこうと思います。
でも若き有望な社員が働きたいと思うかどうかは既存スタッフの魅力次第なのでそれも重要なベテランのミッションだしその環境作りこそ経営者の仕事なんだなぁ(新年初のみつを調で)
         これも無駄といえばかなり無駄ですが大目に見てクリックを↓ 
                人気ブログランキングへ
...

つづきを読む