掃除機の気づき

1月4日
昨日に帰省していたホリーマンブラザーズ(双子の息子家族)も東京に戻り。
いつも通りの日常の風景となりました。
今年も親戚はもとより元部下や昔の先輩家族、近所の友人や恒例の息子たちの悪友連中などたくさんのヒトタチが押し寄せて賑やかな良い正月となりました。
特に今年は昨年の夏に新しい家族(初孫)ができたこともあり。
実は掃除機を買い替えたのですが(ちょっと上等の排気がキレイなヤツ)

ダストカップに溜まるゴミの量がいつもの3倍くらいあるんですねがく〜(落胆した顔)
エネルギーが満ちているとそれに比例して埃やゴミの量も多いということを改めて知りました。
もちろん「もったいない」精神や断捨離の如く無駄を断つことはとても大切なことですが。
規模や若さ、即ち成長エネルギーが大きいと排出量も大きいということを身近で気づき。
(中国やアジア新興国のパワーから排出される埃やゴミを吸い取る掃除機は日本とは比較にならないほど強力な巨大掃除機がいるなと想像してしまいました)

活力と排出の循環は組織にも必要なので、当社も元気な若者の採用を促進しエネルギー強化ととともに年寄を排出?するのではなくベテランの経験値やスキルを移植しながらバランスの良い組織にしていこうと思います。
でも若き有望な社員が働きたいと思うかどうかは既存スタッフの魅力次第なのでそれも重要なベテランのミッションだしその環境作りこそ経営者の仕事なんだなぁ(新年初のみつを調で)
         これも無駄といえばかなり無駄ですが大目に見てクリックを↓ 
                人気ブログランキングへ

カテゴリー:日記のブログをもっと読む