送る言葉

1月28日
昨日は本社スタッフの歓送迎会。
3名を歓迎し1名を送り出しました。
送り出した1名は損保コレクトセンターの崎永女史。
約3年前に当時脆弱だった当社の損保部隊を強化するために専門部署を立ち上げることにし、縁あって彼女を長崎から京都に呼び寄せました。
セクションの立ち上げをそれも慣れない人達と慣れない土地で始めることは相当なストレスだったはず。
それを思考錯乱、もとい思考錯誤を繰返し、支離滅裂、もとい獅子奮迅の活躍で損保売上を着実に伸ばしてくれました。
それがこの度長崎でも有名な企業の令嬢だった故、金庫番として家業に戻ることになり。
快く送りだすこととなりました。
感涙に咽びながらの彼女のあいさつは。

「社員の皆さんにも感謝ですが、何よりプランナーの皆さんに育てていただきました。たくさんのお叱りやアドバイスの中でこんな考え方もあるんだ、こんな受取り方もあるんだと一杯気づかせてもらいました。ずっと長崎で仕事していたらすごく視野の狭いままの自分で終わっていたと思います。お陰様で帰ってもなんとかやっていける自信がつきました。」

例え育てるつもりがなくても、ただの文句や不満だとしてもその言葉をどう受け止めて何に活かしどんな行動をするかは受け取るヒトの受け取り方次第。
彼女は日々の色んなヒトとのやり取りを自己成長に転化できたのでしょう。
ここんところ毎日惜しまれながら各エリアの送別会に参加する彼女の足跡は当社の輝かしい歴史の中に確実に刻まれます。
あなたの一歩から始まった損保コレクトセンターは当社にとって必要不可欠な部署となり、後任の仲間たちによって近い将来当社を支える部門に成長していくのです。
崎永さん、ご苦労様でした。そして本当にありがとうね。
それからお金が余って使い道に困ったときは是非ワタシに相談してください(結局これが言いたかったんかいちっ(怒った顔)
                 �永さん色紙[1].jpg
        多生の縁もお金に活かそうとする亡者社長にお仕置きのクリックを↓
                 人気ブログランキングへ
...

つづきを読む

風が吹けば桶屋が儲かる的加入率

1月25日
本日の日経朝刊に出ていた記事。
「世帯主の生保加入最低バッド(下向き矢印)
2009年時点での生命保険文化センター調査によると加入率は80.2%で調査開始以来最低水準ということです。
原因は、
少子化による生保ニーズ減少。
収入の減少。
若者世代は携帯電話やPC代へお金をシフト。
だと。
年金問題など将来不安を抱える一方でお金の優先順位を目先の関心に向けるのは不安がまだ顕在化していない若者にとっては当然といえば当然でしょう。
収入の減少は不況による賃金の目減りということですから、日本経済の低迷に起因している部分が大いにありですね。
そもそも経済上の事由で保険加入率が下がるのは当事者には「諸刃の剣」。
保険が適用される事態に陥ったら「経済的に保険加入を敬遠している人ほど厳しくなる」のが容易に想像できてしまいます。
では経済的問題はどう考えれば良いかですが。
最近読んだベストセラー「デフレの正体~経済は人口の波で動く~(藻谷浩介著)」によると、経済を動かしているのは景気の波ではなく、人口の波、つまり生産年齢人口の減少と高齢者の激増ということですから、加入率減少の傾向は抜本的な経済対策を打たない限りこのまま続く可能性が高そうです。
藻谷氏的経済対策は、
1、高齢富裕層から若者への所得移転
2.女性の就労と経営参画
3.外国人観光客・短期定住客の受け入れ
特に上記1.2は結果的に生保加入率を改善する効果にも繋がる可能性があります。
ですがですが、生命保険を顧客に提案する我々としてすぐにできることは何かと言えば。
加入率を上げることを考えるのではなく、そもそも加入されている中身をちゃんと理解して貰うことではないかと。
恐らく80%強の加入世帯でご自身の保険の内容をしっかり理解されて加入されている割合は半分以下ではないでしょうか。
更にはその内容に納得し、支払っていく価値を再認識したうえで、安心と前向きに生きるきっかけ作りを支援することが我々に課されたミッションではないかと思うわけです。
保険のプロとして(きっぱりちっ(怒った顔)
安易に保険を減らした後に不測の事態が発生し後悔することの無いように、まずはライフプランニング(生活設計)を立て、その上で納得できる保険を買っていただくことをお勧めします。
そして保険の見直しが、自分の人生を見つめなおすきっかけとなり、より充実した人生を送るヒトタチが増加して。
その結果として「日本経済が活性化するところまで持って行いくんだぁぁぁ」というところまで昇華して仕事に取組めば、この業界はまだまだ成長できるはずなんだなぁ(久々の相田みつを調で手(パー)
       風が吹けば寒いだけと思うあなたお仕置きのクリックなんだなぁ↓
                人気ブログランキングへ
...

つづきを読む

殻を破る日

1月22日
流通業の業態には。
フランチャインズ(FC)方式と直営方式とがあります。
FCは本部のノウハウをベースに仕入やシステムやヒトで加盟店をサポートし、加盟金やロイヤリティを頂くことで収益を得ます。
ノウハウがあれば投資などリスクは比較的少なく利益率は低いモデルといえます。
直営は自社で店舗展開し、ヒトも雇用し、すべて自社のリスクで展開するのでハイリスクですが当たれば利益率は高いといえます。
これを保険代理業に置き換えると。前者はフルコミッション(完全歩合)の委任型営業パーソンの組織であり、後者は雇用して給与を保障する社員型組織となります。
当社はこれまでメインをFC方式で拡大してきました。
その方針は変わりませんが、実は今直営組織(社員型)を拡大させています。
これはお客様に質の高い保険提案やサービスを行うという点についてはどちらの方式でも最重要ポイントですが。
直営展開のもう一つの意図は、戦略的マーケティング手法や新たな教育プログラム、顧客サポートなどをFCオーナー(当社で言えば委任型プランナー)に展開する前のトライアルとして実行し、成功モデルを固めてから下していくというチャレンジ戦略でもあります。
今月は2名の直営社員が入社(権藤くんと森川くん)
本日土曜日も会社に立ち寄ると、新たな試みである「HOLOS・BTP1(ベーシックトレーニングプログラム1ヶ月)」をドン引き@今村講師が指導の真っ最中でした。
                 新人研修風景.JPG
決して前職ではトップセールスでは無かった二人。
研修終了後にロケットスタートを切り、更に息の長い、お客様から信頼されるプランナーに成れるかどうかはこの1ヶ月にかかっていると言っても過言ではありません。
本人達にとっても講師にとっても当社にとっても未来を創る1ヶ月。
どんな卵でも親鳥が愛情を持って温めないと孵化しません。
その愛情をしっかり受け止めながらも。
殻を破るのはあくまで本人の力。
自らの意思と力で内から殻を破り、早く大空に羽ばたいていくことを願ってやみません。
        たまに殻に閉じこもる内気な社長に叱咤のクリックを↓
                 人気ブログランキングへ
...

つづきを読む

君は感動の「便所掃ジャー」を観たことがあるか

1月19日
チマタでは伊達直人ブームに沸いておりますが。
ここにもう一人のヒーローを紹介したいと思います。
その名も「便所掃ジャー」パンチ
当社佐賀中央オフィスのプランナーとしても活躍されている火の玉FPこと「夏秋寛」氏ですhttp://www.holos.jp/index.php?page=staff_detail&stf_code=225&exptitlename=%89%C4%8FH%8A%B0
先日地元佐賀の放送局KBCテレビで特集として放映され、大きな反響を呼びました。
私も先ほどU-TUBEでそれを観て感動のあまり思わず涙が出てしまいました(社長室の中でもうやだ〜(悲しい顔)
当初社員と二人で始めた公衆トイレ掃除が今ではチームとなり、1年で50箇所(ほぼ毎週がく〜(落胆した顔)のトイレ掃除をされています。
それも早朝誰にも気づかれない時間に初め、人知れず去っていくのだと(格好良い)
兎に角、皆さんこのビデオを是非ご覧ください。
決して作りは男前でない夏秋さんですが(・・・)ピカピカのトイレのようにピカピカに輝いてめっちゃ男前でしたぴかぴか(新しい)
                 
皆さん、どうせ保険入るならこんなプランナーに相談したいと思いませんか?
きっとトイレの神様も応援してくれることでしょう。
    昔金持ちになる秘訣と聞いて細々と実践している強欲社長に慰安のクリックを↓
              人気ブログランキングへ
...

つづきを読む

あのバトル再び

1月18日
なななんとがく〜(落胆した顔)
昨年11月に東京で開催され、150名の定員が瞬く間に満員になったあの伝説のセミナーが。
たくさんのリクエストにお応えして大阪での開催が決まりました。
その名は「ネットVSリアル このまま国内市場はネット生保に駆逐されるのか!?」
今、保険業界やメディアで大注目されているネット生保の雄「ライフネット生命株式会社」
の創業者である代表取締役出口治明氏と。
今、保険業界で少ししか注目されていないリアルチャネルのプウ(意味不明・・)「ホロスプランニング」代表取締役兼「一般社団法人保険代理店協議会」理事長堀井計(ワタスたらーっ(汗)が。
ガチでトークバトルを繰り広げます。
果たして市場はどちらに軍配を上げるのか?
今後保険市場に営業パーソンの存在価値はあるのか?
場所は新大阪のワシントンプラザ。時は3月9日1時半受付開始。
実はあの業界有名人、新日本保険新聞社の榊原編集長もレフリー(コーディネーター)として緊急参戦が決まりました。
更に前回同様、ゲストと参加者入り乱れてのガチで語らう本気のバトルロワイヤル(懇親会)も好評につき取り行います。
皆さまどうぞ万象繰り合わせのうえご参加くださいませ。
申込はこちらから⇒http://mshn.jp/r/?id=02xej8939
(150人限定ですから予約は下記からお早めにお願いいたします手(パー)
    話題性有るゲストの力を存分に利用するコバンザメ社長に軽蔑のクリックを↓
               人気ブログランキングへ
...

つづきを読む