100年先を見据えた21世紀型リーダーの器を考える

今年もGW終わっちゃいましたね~。...

つづきを読む

能力ダウンを補うモノ(堀井計の午睡)

ここ京都ではお花見の観光客が全国から訪れて活気に満ち溢れています。
この賑わいを見ていると日本が不況の渦中にあるとは思えないのですけどねぇ。
私にとって4月は独立記念月パンチ...

つづきを読む

最大のチャンスにして必然のタイミング(3月の午睡更新)

今月は。
大手企業の本決算が集中する月。
米国ではシティバンクに続いてAIGが事実上国有化されましたふらふら
どうやら企業は巨大になれば経営危機に陥っても国家が救済してくれるようです。
今資金繰りに奔走する中小企業の経営者の皆さんはこんなニュースをどんな気持ちで受け取られているのでしょうね。
日本でも年間の中小企業の倒産件数は15,000社を超えていますが、実はそれ以外に約7万件の事業者が消滅しているらしい。
その規模が倒産と称するには値しない企業だそうです。...

つづきを読む

坪庭が教えてくれたこと

いつも桜咲くこの月になると、
「独立して丸7年か・・・」
と感慨深く、某カタカナ系生保会社の支社長を辞して起業したときからのカウントをしてしまいます。
あの時42歳。今年で50歳を迎えます。...

つづきを読む

山伏から弁慶、そして手洗水へ

早いものでもう3月。
(ほんまに早いな~)...

つづきを読む