戦略より企画。実はあのくまモンと将来設計士は同じ親から産まれた。

6月28日
昨晩はあの目下国内屈指のプロデューサーであり放送作家でありくまモン産みの親としても有名な小山薫堂さんの50歳のサプライズバースディパーティに招待いただき恐らく蒼々たる顔ぶれが列席されるのだろうと予想しビビらないよう心して会場入りしたにも関わらずその顔ぶれにチビってしまいこんなことなら介護用の紙おむつを着用して臨めばよかったと後悔している生粋のビビリーマン@堀井ですおはようございます。
その内容はさすが企画会社です。薫堂さんが会社をでていきなり議員演説のタスキをかけられるトコロから始まりしばし演説をした後に今度は選挙カーに乗せられ会場入りするところをfacetimeでリアルに会場で中継しながら、会場にはクイズ●×形式で「この会場は選挙応援者の集会かバースディ会場かどちらでしょう?」という質問に答えながら紙の壁を破って突入するとそこはバースディ会場というオープニングから始まり(わかるかな・・)
      2014-06-27 19.00.57.jpg
その後は出席者を飽きさせない盛りだくさんの企画が満載でした。田舎者のワタスはその企画もさることながら、やはりその出席者はマスコミ関係の方々が多く、松任谷正隆・ユーミンご夫妻から渡辺謙さん初め、幻冬舎代表の見城徹氏や上場企業の社長までたくさんの著名人が列席されていて、恐らく日頃忙しく働きまわっているヒトタチが1人の誕生会のために時間を割くというその人望に羨望し脱帽し脱糞したというわけです(脱糞はウソ・・)
       2014-06-27 19.43.08.jpg
で、なぜワタスがそんな席に招待されたのかというと今般当社が打ち出した新たなプランナーの呼称「将来設計士レジスタードマーク」というコンセプトは薫堂さんが代表の企画会社オレンジ&パートナーズさんに依頼して出来上がったものだから。そう、実はクマモンと将来設計士は同じ親から産まれた兄弟みたいなものなのです。
くまモン.jpgstamp_large (1).png
               http://www.holos.jp/about/index.html
ところで。
薫堂さん曰く、企画とは「大好きなヒトに送るバースディプレゼントを考えること」つまりいかに大好きなヒトに喜んでもらうか、感動してもらうかを練って練って行動に移すことだと。よく企業の場合は戦略という言葉を使いますが(ワタスもイッチョ前に使うことがあります)どうしても敵を打ち負かすというイメージが強いですよね。もちろんビジネスは競合との比較優位であり、顧客も商品やサービスを比較して購入することが多いわけですから敵?を常にウォッチすることは重要です。けれどもやはり考え方の本質は目の前の大好きなヒト(お客さま)にいかに喜んで貰うかにフォーカスすること、そういうコンセプトを貫く企業の方が結果的には共感され選ばれるような気がするのですがいかがでしょうか。
ワタスは戦略思考より企画志向の会社を目指したいと思います。
だから。
クマモンの産みの親が薫堂さんなら育ての親は熊本県の職員さん。どちらが欠けてもこのキャラクターの大ヒットは無かったと言います。→http://business.nikkeibp.co.jp/article/NBD/20121029/238733/?ST=pc
ということは、当社の「将来設計士」が世の中に広がるかどうかも育ての親次第、つまり当社が一丸となってこのブランドに愛着と誇りを持ち、どう認知されどんな感動を提供できるかを企画していくことでその成否が決まるというコトなので。
あとは皆さんヨロシクお願いします(丸投げかよ)

      ...

つづきを読む

石の上にも3年。新規事業はいつまで我慢すれば花開くのか。

6月21日
京都本社1階のライフプランニングスペースL-cafeとイベントスペースLAC-座をオープンして間もなく3年が経つ。この場所は元々銀行でその銀行が2階に移動し、その後テナントが入っても全く上手くいかずすぐに撤退していた路面店舗(そこがL-cafe)とその奥は倉庫(そこにLAC-座)になっていたいわゆる死に場所だった。
驕りかもしれないけれど、その時は今の当社のエネルギーならケガレチ(気枯れ地)もイヤシロチ(癒しろ地)に変えられる自信のようなものがあったのです。
写真 2014-06-21 14 25 30.jpg写真 2014-06-21 14 26 30.jpg
ところで。
新規事業の成功の可否は何で決まるのだろうか。
継続と撤退の分岐はどこで意思決定するのが妥当なのだろうか。
かのユニクロの柳井社長ですら「十回新しい事を始めれば九回は失敗する」(著書一勝九敗より)と言われているし。ではその成功と失敗はどの時点で見極めるのだろうか。
そもそもその企画やビジネスモデル自体が優れていたのか、戦略や戦術、立地、競合、時流等いろんな要素がそこにはあるのだと思うけれどワタスはどちらかというと往生際が悪い方で、一旦やると決めたらかなり引っ張るタチである。
そして引っ張るときに最も大事なことは「現場を仕切るヒト」をどこまで信頼できるかどうかだと思っている。
ヒトさえ間違わなければ多少元々のコンセプトや戦略がずれたとしても智恵や工夫や根性?で乗り越えて前進していくものである。もちろん資金が無ければ赤字垂れ流しを継続していくには限度があるし、回収できる徴候が見いだせなければ決断は早い方がイイに決まっている。
あ、ここ最近の集客状況は保険相談で新規来店されるお客さまが月平均で約30件、様々なイベントの述べ来場者数が70名~100名くらいになった。いわゆる保険の来店型ショップの来店数ではかなりイイ方だ。派手な販促をしているわけでもなく既契約者に案内を出したり店頭のパンフレットラックをリニュアルしたりと現場コンシェルジュの地道な積み重ねの結果ここまで来たのだ。
もちろん新規事業はリスクがなければ何でもやればいいというものではない。ただやると決めたからには任せたヒトを信じて3年くらいは覚悟してその事業の成長進捗を見守る度量がいるということなのだろう。
ヒトは任されれば任されるほど潜在能力を開花していくイキモノだから、立ち上げ当初のこだわりを強く持ち過ぎて任せたはずのヒトに細かく指示や命令をしてそのヒトを腐らせるより、信じきって任せるほうがその事業は結果上手くいき、組織自体はその任されたヒトがまた任すヒトを創りながら成長する組織になるのだと思う。
もちろん任せたヒトを見誤ればその限りではないのだが、任せきらずにダメだと判断するトップは更にダメでその組織はいつまで経っても人材が育たず成長しないのである。
ビジネスの成功は信じるヒトの数と深さによって決まるのかもしれない。
          写真 2014-05-30 20 07 18.jpg
...

つづきを読む

危機意識。スケジュールボードの歪みを放置してはいけない。

6月17日
当社は毎週月曜の朝は本社スタッフ約40名くらいで立って輪になって朝礼をしているのですが。以下は一昨日ワタスがした話し。
『皆さんおはようございます。実は朝からとても気になることがあります。
それは・・・(し~ん)
入口に掛けてあるスケジュールボードが少し歪んでいることです(くすくす)
これをそんなことかと思うヒトもいるかもしれんけど、著名な経営コンサルタントや上場企業をヒヤリングして回り、その企業の将来予測をするのが仕事のファンドマネージャー等の経験値では、成長する企業と衰退する企業の判断基準は業績という数値結果ではなく、以外とこんな些細な会社の状況でわかるものだと言います(再し~ん)
私も先日このスケジュールボードを止めているマグネットが少し右下がりになり、ボード自体も歪んでいるのを発見して一度修正しましたし、何人かが修正してくれてたのも知っています。けれど久々に出張から帰って今日出社したらまた歪んでいるんです。
これは気になってたけど直そうとしなかったのか、そもそもまったく気にもなっていないのか。
前者ならこれは自分の仕事じゃないし誰かが直すだろうと思って行動しないヒト。後者ならひょっとして周りのことに関心や気遣いができず傍楽く(はたらく)という当社の価値感を理解できていないヒトなのかもしれません。もし、この気にならないことが当り前になってしまってたら、当社は危ないと言わざるを得ません。スケジュールボードという「モノ」を当社プランナーさんやお客さま等の「ヒト」に置き換えたらとても怖いことです。些細なことでも違和感を察知し、気付けばすぐに自らが修正をする行動習慣が無ければ、期待値を超えるサポートやサービスができないということに繋がるのではないでしょうか。』

企業はヒト成り。
企業の価値は所属するヒトタチの態度や空間に醸し出る雰囲気や、実はとても微細なこと、壁に貼ってある掲示物がずれたりはがれたりしているとか、商談テーブルが綺麗かとか床にゴミやクリップが落ちていないかとか、日々のシゴトの中で発生する小さな小さなアクシデントに誰かが気づき誰かが即解決する組織体になっているかどうかでその成長余地が測れてしまうような気がします。
たかがスケジュールボードと侮るなかれ。運の神は細部に宿る。当社は、当社の社員はまだまだ成長できるポテンシャルがあるはずです。危機意識を持ちながら気を引締めて経営に当たりたいと思います。
以上自戒を込めて。
            写真 2014-04-05 14 08 26.jpg
...

つづきを読む

期待値を超えろ。我々は保険金を払わない代理店を目指します。

6月15日
昨日全国の保険代理店が集う一大イベント「リングの会」に参加してきました。
普段業界のイベントではスピーカー側が多いのですが今回は学ぶ側。たくさん貴重な情報をいただきました。特に昨年のリングの会でパネラーとしてご一緒させていただき、今ではビジネスパートナーとしてお世話になっている増島弁護士のセッションはとても参考になりました。増島先生は金融業法のスペシャリストであると共にアーリーステージのITベンチャー企業への支援も積極的に行われており、普通の弁護士さん?とは異なる視点でのコメントをいただけます。またその示唆が13年前の創業時から私が思い描いてきたビジネスモデルととても重なるのです。
       写真 2014-06-15 13 14 31 (HDR).jpg
今般の法改正では、意向把握や推奨理由、情報提供義務が募集人に課され、確実にセールスプロセスに今以上の時間を要するようになります。また、マネジメント全般では体勢整備義務が課されることで代理店は今まで以上にお金(人件費やシステム構築費)がかかることになります。
つまり、その分生産性を上げなければ確実に収益が悪化するのです。そしてその生産性を上げる方法は、規模を大きくしてそのコストを吸収するか1人当たりの生産性を上げるか、はたまた保険以外の事業で収益を上げるしかありません。
増島先生は代理店生き残りのヒントとして、専門分野でもあるITベンチャーを引き合いに出され、
「ITベンチャーの世界ではアプリのビジネスが成長していますがそのモデルの根幹はユーザー数。」
つまりいかに早くたくさんユーザーの数を集められるかが肝だと。そして、
「実は保険代理店の強みもユーザー数と関係構築ができていること。人生の経過と共に訪れる様々なライフイベントのタッチポイントを把握できることにあるので、その仕組みをしっかり作れるかがこれからの保険ビジネスのイノベーションです。」
また、更に増島先生は、
「保険商品に規定しない。皆さんは保険を売っているのではなく安心を売っているはずです。だとすれば、その商品は保険以外もあり。安心のプロになればいいのです。」とも。
実は私が13年前独立を決意した時、最もやりたかかったサービスがこの部分です。
堀井計の午睡へ→http://www.holos.jp/index.php?page=lifecolumn_list&menu_year=2014&menu_month=06&exptitlename=2014-06
             stamp_large (1).png
                
...

つづきを読む

アドラーの教え。嫌われる勇気がないならせめて「今ここ」に集中するのだ。

6月14日
ここ数日、何人かの社員から「お疲れですね」と言われました。
確かに少々お疲れ気味ではあるのですが、それを指摘されることは嬉しくも有り情けなくも有り。何が嬉しいかと言うと少なからず関心を持ってもらっているんだなと実感できること。人は自分に関心を持ってくれている人がいることを実感した時に倖せを感じるのではないでしょうか(ちょっと病んでいる?)。それとそれを曲がりなりにも会長という立場の私に社員がちゃんと口に出して言ってくれること。上下関係を気にせず気軽に指摘してもらえる風土ができてることを嬉しいと感じるのです。
一方情けないことは、やはり疲れた表情を見せてしまっている自分自身に対して。この時期は当社の決算が迫っていること、中期計画を策定することに加え、今保険業界は委任型募集人の適正化という大きなうねりの中で、新制度の説明会や個別面談で全国を回っており、手取りが下がったり、このままでは雇用ができない状況のプランナーさんたちとのコミュニケーションはある意味生活を賭けた話し合いでもあり、真摯に向き合えば向き合う程相当にエネルギーを使うことになります。更にこれは200人以上のヒトタチを雇用することで変化する経営数値との葛藤であり、かじ取りを間違うと船そのものが傾くリスクも孕んでいるのでさすがにストレス耐性が強い私(単なるKY?)もその辺りが顔に出てしまっているのかもしれません。
そんなこんなでブログ更新も本を読む頻度も減少気味だったのですが、久しぶりに読んだのが「嫌われる勇気 自己啓発の源流アドラーの教え」。
            02581-9-thumb-208xauto-23983.jpg
一応これでも心理カウンセラーの端くれなのでアドラーのことは昔少し勉強したことはありましたがすっかり忘れていました。この本はアドラーの教えを対話形式で解説されているのでとてもわかりやすかったです。因みに心理学の世界ではフロイトやユングがあまりにも有名なのですが、彼らの学説とは少しアプローチが違います。彼らはトラウマや潜在意識など、人生は過去の体験や感情に影響される因果律?を説いているのに対し、アドラーは原因ではなく目的にスポットを当てています。以下は私の備忘録の抜粋の抜粋です。
『全ての悩みは対人関係の悩み。人は今この瞬間から変われるし、幸福になることができる。問題は能力では無く勇気なのだ(アドラーは勇気の心理学)
・大切なのは何が与えられているかでは無く、与えられたものをどう使うかだ。
・人は対人関係のなかで「私は正しいのだ」と確信した瞬間、すでに権力争いに足を踏み入れている。
・アドラー心理学では、他者から承認を求めることを否定する。我々は他者の期待を満たすために生きている のではない。他者からの承認を求め、他者からの評価ばかりを気にしていると最終的には他者の人生を生き ることになる。
・自由とは他者から嫌われることである。他者の評価を気にかけず、他者から嫌われることを怖れず、承認さ れないかもしれないというコストを支払わない限り、自分の生き方を貫くことはできない。つまり自由にな れない。
・対人関係のゴールは「共同体感覚」(他者を仲間だとみなし、そこに自分の居場所があると感じられるこ  と)
・自己肯定と自己受容は違う。
 自己肯定→できもしないのに私はできる、私は強いと自らに暗示をかけること。
 自己受容→できない自分をありのままに受入れ、できるようになるべく前に進んでいくこと。→肯定的なあきらめ。
「神よ、願わくばわたしに、変えることのできない物事を受け入れる落ち着きと、変えることのできる物事を変える勇気と、その違いを常に見分ける知恵とをさずけたまえ(ニーバーの祈り)
・信頼とは、他者を信じるにあたって、いっさいの条件をつけないこと。
・他者貢献とは、わたしを捨てて誰かに尽くすことではなく、むしろ私の価値を実感するためにこそなされる もの。
・人生とは連続する刹那である。
・人生全体にうすらぼんやりととした光を当てているから過去や未来が見えてしまう。もし「いまここ」に強 烈なスポットライトを当てていたら、過去も未来も見えなくなる。今ここに真剣に生きる。人生における最 大の嘘、それは「今ここ」を生きないこと。
・他者に貢献するのだ、という「導きの星」さえ見失わなければ迷うことは無いし、何をしてもイイ。もし判 断に迷った時は、より大きな集団の利益を優先することだ。自分より仲間たち。仲間たちよりも社会全体。 そうすれば判断を間違うことはないだろう。』

ま、興味ある方は是非本を買って読んでください。
「疲れてる」とご心配いただいている少数の皆さん。関心を持ってくれて本当にありがとう。
それだけで私は倖せです。この歳になっても「嫌われる勇気」は中々持てない未熟な私です。今まで失敗もたくさんしてきましたが、たくさんのチャレンジをしてきたのだと自己受容し、これからも過去を振返って下を見るでは無く、未来に想いを馳せすぎて上を向きすぎるのでもなく、「今ここ」に全力を注ぎしっかり前を向いて前進していきますのでどうかこれからもよろしくお願いしますね。
          2014-05-30 20.07.15.jpg

           
...

つづきを読む