備忘録。リスペクトする人生の大先輩お二人からのアドバイス

3月29日
徐々に体調が戻ってきたので本日は朝から2年ぶりに歯の定期健診に行ったところ相変わらず虫歯は一本もなく歯茎もそれなりに健康ですと褒められ有頂天になりながら調子に乗って前歯の矯正をしたらいくらかかるかと聞いたところ60万円はかかると言われどうせいつ死ぬかわからないので一生スキッ歯でいいやと諦めた歯医者に行く時間があるならちゃんとした病院で脳検査を受けろとお叱りの声もチラホラと聞こえてくる春爛漫男@堀井ですこんばんわ。
ところで。
最近読書がご無沙汰だったのですが本日久しぶりに2冊を読了しました。それも普段お付き合いのあるお二人の大先輩が最近出版された書籍。
そのお一人は「本郷孔洋」さん。全国30拠点総勢720名のスタッフを率いる国内最大規模の税理士法人の理事長です。起業家としても大先輩である本郷先生はいつも物腰柔らかでお洒落。そしてインテリジェンスとユーモアのバランスが秀逸な方。実は会食をさせていただく機会がありその場で献本いただきました。
       写真 2014-03-29 18 57 00 (HDR).jpg
その「私の起業ものがたり」。起業家歴37年、延べ6500社の経営顧問をされてきた経験がシンプルかつコンパクトにまとめられ、また持ち前のユーモアのセンスが本郷先生の人間味を醸し出し、愉しみながら経営のノウハウが学べます。
以下ワタスの刺さった備忘録です。
・「起業は営業がすべて」(マーケティングファースト)イエス・キリストの偉さはキリスト教を創ったことより、全世界に広げたマーケティング力だ。
・なぜ企業は成長が必要か?「答えは単純。給料が上がる。成長している組織は働く人を元気にする。役職のポストが増え昇進の機会が増す。シェアが拡大し、その企業の競争力が増す。若い人を雇用する機会が増える。
結果、従業員の平均年齢が下がり、総体の人件費が下がる。」だから企業は成長が必須条件。
・すぐれた経営者の条件の一つは、「経営のことを考える時間が人に比べてめちゃくちゃ長い。」これは私の長年の経験の結論です。
・トップの必要不可欠な資質の一つは「コミュニケーション能力」です。伝え方5か条は「本質を一言で表す。優先順位を明示する。伝える内容を絞り込む。同じことを言い続ける。身近な比喩を用いる。」これができたら達人の域です。

もう一方は同業の大先輩出口治明さん。ご存じ保険業界の革命爺(笑)ライフネット生命の代表取締役会長です。出口さんとは数年前に当社主催のネットVSリアルのコラボセミナーで全国行脚をお願いしたりワタスが理事長を務める保険代理店協議会のイベントでのパネラーをお願いしたりと常に何かとお世話になっている関係で。
         写真 2014-03-28 22 02 25.jpg
品川駅新幹線構内の書店で平積みされていた「任せ方の教科書・プレーイング・マネージャーになってはいけない」。帯には出口さんと岩瀬さん(ライフネット生命社長)のアップ、そしてサブタイトルが先日ワタスが書いたメルマガ(http://holos-mag.seesaa.net/article/392704467.html?utm_source=mail&utm_medium=HOLOS_Planning&utm_content=horii&utm_campaign=201403)でこれからの代理店経営者はプレマネではなく、プロの経営者にならないと生き残れないと書いたところなので、ご両名を存じている親近感とそのタイトルに共感しすぐに購入しました。
これまた下記心に刺さった備忘録です。
・仕事ができる上司は「球離れ」がいい。ボール(仕事)が自分の部署に来たら「この仕事は誰に任せようか」「あいつなら得意そうだ」とすぐに判断して仕事を任せることができる。ビジネスが市場に与える影響力を上げる為にはスピードを早くする必要があります。そのためにもできるだけ早く任せた方が賢明なのです。
・部下を動かす3つの方法。①上司を好きにさせる。②圧倒的な能力の違いを見せる。③必死に働いている姿を見せる。最も現実的なのは③。部下から愛されている訳でもなく、圧倒的な能力も無いなら「必死に働いている姿を見せる」しかない。
・リーダーの条件は、①強い思い②共感力③統率力。みんなを最後まで引張って行く統率力は、つべこべ文句を言わず黙ってついていこい、といった強権力では意味がなく、むしろ統率力は「丁寧なコミュニケーション力」と言い換えることが出来る。周囲の環境変化や各メンバーの置かれている状況を観察したうえでメンバーに声をかける力が真の統率力である。
・変化する市場に影響力を与えるには「スピード」を速くするしかない。
・編集後記による編集者の出口さんの評価は①国語ではなく算数で考える②知的体力が備わっている③言行の一致感が高いこと。

いずれも起業家、経営者、経営幹部必読の2冊ではないかと思います。
あ、もちろんワタスは大先輩の金言をさも自分が考えたが如く至るところでパクることは間違いありません(本郷先生、出口さんどうかお見逃しください・・)
...

つづきを読む

春到来。花を愛でるかブリーフで走るかそれが問題だ。

3月25日
facebookを見ていると全国各地から桜の便りがよせられています。
         images.jpg
春ですね。
昨日の朝礼によると今村本部長が京都駅前で白いブリーフ姿のおっさんを目撃したそうです。
            図1.jpg
               イメージ図
春ですね・・・
春になると感情の起伏が激しくなるのはニンゲンは地球や宇宙の営みと密接に関係があるからなのでしょう。そう、ヒトは単独で在るのではなく森羅万象の一部として存在しているのです。
ところで。
先週は先々週にスキーから帰って間もなく高熱でダウンし、その後熱は引いたものの今度は口内の至るところに口内炎が発症し食べるのは元より耳から頭が痛いやら重いやらで言葉を話すのも辛くテンションが下がりまくっておりました。よって3連休は外出を極力控え安静にしておりましたところようやく口内炎も沈静化し普通にモノが食べられるようになりそろそろワタスも白いブリーフをはいて四条烏丸をスキップで八坂神社まで駆け抜けようようかと思案しております(まだウィルスが頭を犯しているようです・・)
で、今回体調を崩しながら、昨年の秋頃大学の大先輩であるアサヒホールディングスの泉谷社長のお話を拝聴したときに頂戴したいくつかのアドバイスを思い出しました→http://kei-horii.seesaa.net/article/375563583.html
・若いうちは体技心(行動優先)、ミドルエイジは技体心(能力優先)、幹部になれば心技体(人間力優先)
・組織の能力はその長の能力を超えない。よって組織を成長させるには長が成長し続けること。
・当り前の基準を高く持て
・知ったかぶりは成長を止める
・自分の仕事を定量化せよ(自分の給料を時給に置換え何もしなくてもどれだけお金が減っていくかを認識)
・質問だけで人を説得せよ(指示命令で人を動かすことは簡単。質問で動かすには相手をよく理解せねばできない)
・毎日10分朝刊のトップ記事と自分との関係を考え、見出しに第2のタイトルを考えるクセをつける
・自律、自立する(他人のせいにしない。苦しみから逃げない)

この中の一番上、本来ワタスの年齢で行くと心技体(人間力優先)となってないといけないところなのですが、今回しみじみと感じたことは、実はいくつになっても「体」が最も大事なのではないかということ。体が弱ると技も心も弱る。実はこの3連休も家に居ながら原稿執筆やプレゼン資料作成など作り物が溜まっていてそれをシコシコ仕上げていたのですが、痛みや不安感からか「集中力」が持続しないのです。
ここでいう「体」は頑健さや身体能力ではなく常に「ベターコンディション」をキープすること。今回のバッドコンディションは毎週の東京出張、外食、休日のデスクワーク等による慢性疲労の蓄積が不慣れなスキーを引き金に爆発したという感じ。これでも結構ストイックな方なんで顕在的には当り前になっている今の仕事のリズムが結構ダメージになっていたのだろうと推測されます。「技」も「心」も「体」あってこそ。現世で肉体という不自由なモノを身にまとっている以上、やはり健全な身体に健全な技と心が宿るということですね。「体」を適度に弛めながらベタコンキープを心がけようと再認識した次第です。
何とか快方に向かっているので一安心ですが、実は明日からコンプライアンスセミナーの全国行脚が始まります。因みに明日の東京は既に100名超の満員御礼状態。
その後4月3日福岡、4月4日大阪、4月18日名古屋とロードしていきますので保険業法改正に伴う最新情報と今後の在り方やり方についてのレクチャーを元金融庁、現森・濱田弁護士法人の増島雅和先生とのセッションでお送りしますので是非ご興味ある業界関係者はご参加ください。もちろんワタスは白のブリーフで臨みます(ウソ・・)
お申込みは⇒https://www.ins-navi.net/hit/zoku_complianceseminar2014/index.html
              10013942_607574255991666_60745194_n (1).jpg
            
...

つづきを読む

どれだけ生きたかよりどう活きたか。どぜう鍋を食べ同世代の死に思ふ。

3月19日
先週末は体調の異変に気づきながらも当社体育会スキー部合宿を強行し帰る頃には高熱で立っているのもやっとの状態となりそのまま寝込んでようやく熱は引いたものの未だ完治しないまま頭耳喉口内の痛みでテンションが上がらないまま既に週の半ばを向かえ起死回生の深川どぜう鍋を胃袋に納めたうえで今日は早く寝ようと心に誓いながらもパソコンに向かってピコピコしている有害電磁波撲滅推進プロジェクト補佐心得@堀井ですこんばんわ。
          2014-03-19 11.37.55.jpg
ところで。
55歳にもなるとちょっと体調がすぐれない日が続くとつい「そろそろ死ぬかも・・・」なんて考えが頭をよぎるのはワタスだけでしょうか(え?ワタスだけ?)
でもしかし。
霊長類最強女史吉田沙保里選手の父吉田英勝氏、享年61歳。元福助社長国会議員藤巻幸夫氏、享年54歳。元アイドル歌手安西マリアさん、享年60歳。
現在満55歳のワタスにとってこの方々の年齢は大きなくくりで言えば同年代と言えましょう。生命保険のシゴトをしている訳ですから統計的にも一定数の方々は亡くなっていくのは当然のことと頭の中では理解しているものの、やはり一方的にでも知己のヒトが立て続けに亡くなると自分自身に照らしあわせて考えてしまいます。
「俺ももういつ死んでもおかしくないな・・・」と考えてしまうのです。
ま、そんなこと言ってる奴に限って長生きするという話しもあるのですが・・・とはいえ日本人の平均寿命は明治時代ではたったの39才。大正時代で43才。昭和に入ってからでも1947年(S22年)では52才。今のワタスは充分平均寿命を超えてると言う恐ろしいデータです(あくまで平均余命ではなく平均寿命ですが)考えようによっては 今の日本人は平均寿命から言うと大正時代のヒトに比べて人生を2度やってるようなものですね。
とは言え。
人生はとにかく長生きすればいいという単純なものではありません。もちろん「永遠のゼロ」のように特攻で死んでいった若者たちに比べれば生きてるだけで倖せと感じるわけですが、それでもどれだけ生きるかよりもどんな活き方をするかのほうがはるかに大切だと、何年生きたかよりどう活きたかの方が大切ではないかと思うのですがいかがでしょうか。
ワタスにはまだまだやりたいことが一杯ありますが、その反面今死んだとしても差ほど悔いはないような気もしてます。それは今までも今もそれなりに充実した毎日を送れているからなのでしょう。
健康の有難さ。仲間や大切なヒトがいる有難さ。シゴトがある有難さ。夢がある有難さ。多少でもお金がある有難さ。そんなたくさんの有難さを噛みしめながら体調を整えようと思います。皆さま方も季節の変わり目で寒暖差も激しくなり、自律神経のバランスも崩しやすいシーズンに入っております故、健康にはくれぐれもご留意下さいませ。
ワタスのようなシニア世代でも健康でさえあれば、まだまだ夢を持ち、その夢を叶えることは充分可能です。そしてその夢をより叶えやすくするためにも信頼できるナビゲーターの存在が必要なのではないでしょうか。もし信頼できるパートナーをお求めの方は是非こちらにご相談下さい→http://www.holos.jp/index.html
           side_02.jpg
...

つづきを読む

プレスリリース。大増税時代突入直前に誕生した「将来設計士」とは何者なのか。

3月13日
「消費税増税直前!一体俺たちの10 年後の生活はどうなるんやああああああああ!!」
ということで・・・
昨日報道関係者に向けてプレスリリースを行いました→http://www.holos.jp/data/201403_research.pdf
内容は「景気・増税・将来対策」に関する意識調査。対象者は45歳~65歳現役世帯。それも既婚・子持ち、世帯年収600万円以上の現役(夫が会社員、もしくは経営者)世帯を対象にして合計454名の回答結果を得ることができ、それをまとめたものを発表したわけです。
そしてその結果、なんと9割のヒトタチが10 年後の生活に不安を感じているにもかかわらず7 割以上のヒトタチが「将来計画を立てていない」という事実が浮き彫りにされたのです。
ヒトは目先のことに関心を持ち、解消しようとはしますが、中々漠然とした将来の不安に対しては具体的行動にでないイキモノですね。実はこれはシゴトにも言えることです。緊急事項と重要事項をマトリクスにしますと、まず緊急かつ重要事項は最優先で取り組みます。で、「普通のヒト」が次に取組むのは緊急かつ重要でないこと、そして重要かつ緊急でないことが続きます。でもいわゆる「出来るヒト」は緊急かつ重要事項は同じく最優先ですが、次に重要かつ緊急でないことに着手するのです。このあたりが人生も仕事も運命の分かれ道なのではないかと。そう、とにかく不安感はあるもののすぐに現実化するものではないので行動(準備)は後回しにするという特性がここでも浮かび上がったわけなのです。
また、不安要素のワンツーは「健康」と「お金」だということなのですが実はこの調査結果を見てワタスがふと思ったことがあります。そりは・・・
日本の自殺者数。
ここ2年ほどは3万人を割りましたが(変死体は増えたので実は変わらないという噂も有ります)、1998年から13年間はずっと3万人を割らず、この数は米国の2倍、英国の3倍と欧米先進国と比べても明らかに高いと言わざるを得ません。またその年齢は50代が最も多く、60代、40代と続きますのでまさに今回の調査対象者に該当し、その自殺原因のトップ3が「健康」「お金」「人間関係」なのです。で、もしそのヒトタチは現状や将来に対して夢や希望が持てないから自ら命を絶つのだとしたら。
この年代の将来不安を少しでも取り除いてあげる必要があるのではないかと。
もちろん若者に夢や希望を与えることも必要だけれど、今まで日本を支えてきたこの年代のヒトタチにも夢や希望が抱ける社会にならないとあかんのではないかと思ったわけです。
そしてそうしていくには「健康」「お金」「人間関係(コミュニケーション)」の知識やスキルに長けたメンター(よき相談者)の存在が必要で。
そこに「将来設計士(商標登録申請中)の存在価値があるのではないかと思ったわけです。
          side_02.jpg
将来設計士とは、ただの保険屋ではなく、数多のフィナンシャルプランナーでもなく、保険も、お金も、人生も熟知し、更に予防医学や心理カウンセリングなどの知識も有した「お客さまとのありえない関係」を紡ぐまさに人生の達人と呼ぶに相応しい専門職なのです。
弊社はこれを機に「将来設計士」という新しい職業を世に送り出す、
「あなたの夢実現企業~YOUR DREAM SUPPORTING COMPANY~」
として更なる成長をして参りますので皆みなさま方におかれましてはどうかご支援ご協力ご愛顧ご指導ご鞭撻の程お願いいたします(甘えすぎやろ・・)
リニュアルした弊社ホームページ→http://www.holos.jp/index.html
           index_title_01.png
...

つづきを読む

おとな夢談義。消費税が上がっても日本経済が腰折れしない秘策とは何か

3月6日
いよいよ来月から消費税が上がりますね。駆け込み需要を当てにした企業の折込チラシが半端ないボリュームです。果たして景気への影響度は如何程のモノなのでしょう。せっかく回復基調にある日本経済に今般の消費税増税が水を差すことにならなければいいのですが。
実は先日、私の夢が実現しました。そりは。
最もリスペクトする人物、小山薫堂さんとの対談です。
薫堂さんはここで私が紹介するまでもないのですが、あのクマモンの生みの親であり。
           写真 2013-04-26 7 36 07.jpg
アカデミー賞を受賞した映画おくりびとの脚本家であり。
              3abd3aba_1389439187775.jpg
まさに今を時めくトップクリエイター。
           薫堂3.jpg
             
私がその小山さんとのコラボを企てたのは1年以上前。京都商工会議所主催で講演会があるとの情報をキャッチし、すぐに参加の申込をしました。そして懇親会に参加して名刺交換。その後は謙虚なストーカー行為?を繰り返しながら最終的に当社の事業コンセプトに共感いただき、ブランディング(消費者の”心”にイメージとして蓄積されて行く企業価値を向上していくこと)をお手伝いいただくまでに漕ぎ付けたのです。
そもそも私は数年前から当社の「売り」である異能プランナーと彼らをサポートする当社そのもののブランディングの必要性を感じていました。
それはこの10年急成長してきた乗合代理店という形態をさらに進化させなければ、間もなく顧客から選ばれなくなっていくのではないかと言う不安があったからです。特に訪問型の代理店は俗人的なトッププランナーの能力のみに依拠するのではなく、組織として世の中に価値を提供し、共感してもらえる何かを構築しなければ最早未来は無いのではないかと思ったのです。
過去、保険業界は→http://www.holos.jp/index.php?page=lifecolumn_list&menu_year=2014&menu_month=03&exptitlename=2014-03(堀井計の午睡に続く)

              薫堂1.jpg          ...

つづきを読む