深夜に届く社員からのメッセージはイイ事かワルイ事か極端だ

10月31日
昨晩会社からの帰り道、クルマを運転していると会社携帯にメッセージメールが入ったのですが。
チェックすると(信号待ち)直販(保険営業)スタッフからの発信。
こんな時間のメールはクレームとか相談事が多いので恐る恐る内容を確認してみると(しつこいようですが信号待ち)
これが何とかなりイケてる内容でした。
実は今月入社の新人3名に缶詰虎の穴研修をしているのですが、その中に去年入社のスタッフが自ら穴に入りたいと志願してきていて発信者はその彼女からでした。
で、内容は「研修で教わったことを試してみたら1日で9人の紹介をいただけました」と。「嬉しいので夜分とわかってはいるものの思わずメッセージを送りました」と。
研修の中で「紹介入手」という単元があり、たまたまワタスがその日は講師を担当しておりました。そこでレクチャーした内容をそのまま実践してみたら1日で出会ったお客様が、全く強引でもなく自然に2名~3名の身内のカタガタを紹介してくれて、ほとんどその場でアポイントまで貰ったということです。
ワタスタチの仕事はいかにお客様に感動していただいて、こんなヒトなら、こんな会社なら、こんな話なら、こんな気づきを与えてくれたんなら、大切な身内や友人知人を紹介してあげよう、いやむしろ是非聞かせてやりたいと行動をおこしてくれるかがとてもとても大事なことなのです。
研修会社をやってる立場でこんなことを言うと身も蓋もありませんが、研修はやっても必ず成果に繋がるとは限らないし、すぐ結果が出るとも限らないものです。受講者によってもすぐ気づいて実践する人もいれば飲み込みに時間がかかるヒトもいるでしょう。
だから研修する側は諦めてはいけないのです。「それって前も教えただろう」とか、「何回言ってもわからんやつ」と切り捨てるのは簡単ですが、研修とはある意味時限爆弾を仕込むようなもの。
いつ爆発するかわからない時限爆弾のようなものだと捉えて、いやいつかは必ず爆発する時限爆弾と信じて粘り強く大事なことは何回でも何回でも刷り込んでいくことが必要だということです。
                   16929_4816260768191_1651231910_n.jpg
深夜に届くメッセージが愉しみになってきましたるんるん
明日のカンファレンスに向けツカミの仕上げにかかりきりの勘違い社長に鉄槌の↓を
                
人気ブログランキングへ
...

つづきを読む

果たしてセミナーの新境地は開拓されたのか

10月27日
昨日当社イベントスペースL-cafe・LAC-座の開設1周年記念イベントの鳥として不肖ワタスが講演をさせていただいたのですが。
お蔭様で当初の定員30名をはるかに超えて50数名というスペースのキャパを超えるカタガタにご来場いただきました。おそらく開業以来集客人数では新記録です。
                写真 2012-10-26 23 58 26.jpg
タイトルを『人生を豊かにするための思考と行動とは』と対象者を絞らなかったせいで、起業を企てる18歳の学生さんから60歳を過ぎてリタイアされたカタまで老若男女問わず、職業も会社員から公認会計士、病院の事務長、経営者と様々。
今回のワタスが参加者のカタガタに伝えたかったことは二つ。
人生成幸の秘訣は「コミュニケーションスキルと運」だということです。
これは凡人中の凡人であるワタスが何とかここまでこれた理由を絞り込むとこの二つしかないと自負しているところなのですが、運の部分はかなり妖しい話なので今まであまり講演では話してませんでした。
今回時間配分を間違えてしまい肝心の運の話が充分できなかったのが反省点なのですが、この手の話が年齢や立場に関係なく関心を持たれていることが判明。
以下はアンケートの抜粋です。
・めちゃめちゃおもしろかったです!!
・今までお聞きしたことをのなかった後半の運の話。もう少しお聞きしたかったです。
・あやしい話をもっと聞きたかったです。
・気づきの多いセミナーでした。
・もっと聴きたいです。あやしい話、楽しみにしております。
・運の話を中心に、再度やって頂ければと思います。

これからもこの手の話が、学生の起業成幸のきっかけになったり、セカンドライフの充実につながったり、そんな大げさな話じゃなくてもただ笑ったりリラックスできたりしたヒトが一人でもいるのならまたやる意義があるのではないかと思うわけです。
2年目に突入したLAC-座をどうぞよろしくお願いします。
          12月14日19時~の落語会も来てやってもいいという殊勝な方は↓
               
人気ブログランキングへ
...

つづきを読む

東京出張における珍生活は不夜城だった

10月24日
東京への出張頻度が一向に減らないどころか増える一方のような気がしている一見タイ人実は京都生まれの京都育ち@堀井ですこんばんわ。
週末の講演と来週のカンファレンスの資料を仕上げるべく今日は比較的早めに常宿に帰りました。
その最近の常宿なんですがホテルではなく旅館でもなくもちろんユースホステルでもなく堀井一族+数名が共同生活を送る一軒家。
ホリーマンブラザース(双子の息子)が2名のパートナーと春に脱サラし、起業した時にオフィスを兼ねて借りた一軒家は目黒の高級住宅地にあるのですが、そこに弟家族3名と独身兄と仲間2名とほぼ住込みバイト女子大生クンが寝食を共にし、更にそこにほぼ毎週ワタスが乱入するというなんとも言えない東京珍生活を送っているのです。
仕事がいわゆるIT系ということもあるのでしょう。ワタスが深夜に帰ってもリビングを改造したワークスペースには電気が点いていてほぼ毎日朝方まで仕事をしているようです。
                 写真 2012-10-24 22 02 45.jpg
みんな収入ゼロで仕事をしているわけで、いつから給料を取れるようになるのかわからない中、特に所帯を持ってるホウはさぞかし嫁さん(義娘)は心配なことでしょう。ま、ワタスも同じような状態で起業したクチなのでそのあたりは責めるわけにはいきませんし、歳もまだまだ若いので気のすむまでやったらいいと思ってます。
最近ではホテルで寝るより、この若者雑居不夜城に戻ることでワタスも起業当時の初心に返れますし、ソーシャルサービスを生み出すプロセスをリアルにウォッチできるので実は少し愉しみでもあるのです。
今日はどの部屋で寝ようかな・・・
        たまにはホテルでマッサージを呼びたい五十肩寸前社長に抱擁の↓を
                   
人気ブログランキングへ
...

つづきを読む

果たしてセミナーの新境地は開拓されるのか

10月21日
秋晴れの日曜日。行楽やスポーツや美味しいモノの誘惑にかられながらも家に籠って36時間プチ断食をしながら差し迫っている今週の講演や来週のカンファレンスのプレゼン資料作成に取り組みチウ@ストイックなのかドMなのか自分でも判別不能の堀井ですこんにちわ。
今週26日金曜日のLAC-座セミナーは30人の定員だったのですが、早々と定員に達してしまったらしく50人にまで参加枠を広げたそうです。
実は今回はLAC-座回転1周年記念ということでテーマが普段と違います。
普段は保険業界の展望や経営戦略的な話とかコミュニケーションスキル、マネジメントスキルなどが多く、対象者が絞られれば今月はビッグイベントで900名を前に講演したりもしたのですが、今回のテーマは。
「起業を目指す方、経営者の方、想い通りの人生を送りたい方必見!『人生を豊かにするための思考と行動とは』」http://l-club.jp/mielca/PublicSeminar.aspx?gId=1&sId=1&eId=74
という何とも大げさで鷹揚なタイトルです。
これが京セラ創業者の稲盛会長やソフトバンクの孫さんあたりが話されるのなら納得がいきますが、同じ経営者とはいえたかだか売上25億の中小企業経営者の話ですからおこがましいにも程がありますよね。
それでも参加いただくカタがいらっしゃるだけ光栄なのですが、やはり範囲が広く、19歳の学生さんから80代のお年寄りまで来られるとか。
過去の経験から、対象者が広い場合は全員にインパクトが与えにくく個々の満足度を上げることが難しいんですよね。こういう時、ワタスの場合は下ネタ系ギャグを連発させるか俄然妖しい話に傾注しがちになります。
できれば今回は妖しい話、20数年ライフワークとして学び、実践を心がけ、経営や人生に自分なりに活かしてきたスピリチュアル系の話を中心に組み立てていきたいと思います。
恐らく参加されるカタの半分くらいはヒカれることになるでしょうがどうかお許しください。
でも一所懸命やりますからね~手(チョキ)
                  5gyo.gif
   12月の落語ネタも決まりそろそろ練習せんとヤバいと焦る生涯前座野郎に応援の↓を
                 
人気ブログランキングへ
...

つづきを読む

果たして通訳を介したギャグでも笑いが取れるのか

朝6時台の新幹線で東京に来て朝から新サービスのプロジェクト会議に始まり昼食しながらの商談に続いて米国保険会社さんが表敬訪問され最後は監督官庁に赴きそして帰りの新幹線で睡魔と闘いながらブログを書いている先日初対面の女性に30代と観られて若干調子に乗ってる足腰の強いチータ@堀井ですこんばんわ(ここまでは一気読みで手(パー)...

つづきを読む