「プロフェッショナルリーダーの教科書」を読んでプロフェッショナルリーダーになる

8月28日
学習院大・修士卒(国文学)。米国サンダーバードMBA、元同校日本同窓会長。20年以上に渡り外資4社及び日系2社で社長を歴任。不調業績をすべて回復させるなどして「再建請負経営者」と評された。社長在任中に経営学博士課程を満了(法政大学)して、「MBA社長」の異名を取る。母校サンダーバードで准教授として1年間教鞭を取る。自らのCEO体験と経営学を融合して幹部研修を実施する「経営者ブートキャンプ」を主宰。
上記は従兄(いとこのだんな)のプロフィール。
これまでの著書はなんと14冊にも及びます。
修さんがまた出版されたというので早速買って早速読了。
                山田著書.JPG
一応ワタスも経営者としてご飯を食べているという意味ではプロフェッショナルリーダーの端くれなので自分の思考や価値観、行動と照らし合わせる意味でも非常に興味深く拝読いたしました。
この書籍は5人の一騎当千の経営者(元含む)が講義形式でプロフェッショナルリーダーの要諦を解説。
例えば抜粋したり要約するとこんな感じ。
<再生請負のプロ経営者山田修氏曰く>
繁栄の黄金律=戦略×組織効率×モチベーション
リーダーは、やり方(戦略)を変え、「人と能力とその組み合わせ」(適材適所)によって組織効率を上げ、更にモチベーションを上げなければどんなに素晴らしい戦略を立てたところで絵に描いた餅でしかない。そしてこの3要素を共通して支えているのが「コミュニケーション」である。

(ビジネスに最も大事なのはコミュニケーションだと言い切るワタスの考えは間違ってないと共感)

<伝説のカリスマ外資経営者新将命氏曰く>
人は感情で動くことを忘れない。経営学はしょせん人間学である。
責任には他責と自責がありますが、私が知っている優れた経営者、リーダーは、一人の例外もなしに「自責」の人です。いま、みなさんの会社に吹いている風は自責の風と他責の風のどちらですか?~中略~会社の中に吹く風のことを「社風」と言います。社風が習慣として定着した時に企業文化が生まれる。企業文化がある会社はない会社よりも4倍も5倍も力強くなり業績が上がります。
(HOLOSを創る10の価値観の2番目にも「他責より自責自らに原因を求め、自らの行動を変化(へんげ)せよ」を掲げています。いつも意識して他責の習慣、思考回路を排除しないとね)

<経営プロコーチ池本克之氏曰く>
みなさんの会社では「社員総会」をされていますか?
株主総会の「株主」を「社員」に置き換えて開催するのですが。私が実際にやっていた内容は。
・過去四半期の結果をきちんと社員に知らせて、次の四半期に何をやるのかを社長が自らプレゼンテーションする。
・過去3ヶ月の功労者(活躍した人)を表彰する。
・「会社全体として何がしたいのか」という長期ビジョンを確認する。
・開催日時を決めたら全員集めて開始する。
このやり方を実践している会社は結束力が高まり、社員のほうも仕事でのやりがいが明確になります。
会社を楽しい場にしていますか?最終的にはどんな戦略を取ろうが、どんな商品を扱おうが、インターネットで商売をしようが、会社を作っているのは人だからです。
そのために1、小さな成功を祝う習慣。2、ネガティブな言葉を使わない。3、社員を大事にする。
(当社も半期ごとに社員総会を開催してますが、パクッた訳じゃないけどかなり近い内容です。社員は会社に時間を投資してくれる投資家ですから大事にしないといけませんね)

<ランチェスター戦略の権威福田秀人氏曰く>
成果主義の導入は会社をつぶす。これは日本だから上手くいかないといったようなものではなく、どの国でも上手くいかない。それどころか、やる気をなくす程度ではすまず、モラルハザードを蔓延させ、会社をつぶしてしまう危険のある制度です。
(当社も社員は極端な個人成果主義を取らずチーム力で評価する制度にしていますが大事なのは評価ごとの上司とのフィードバックですね)

<社長のヘッドハンター井上和幸氏曰く>
仕事のできる人ほどメールの返信が早いものです。みなさんはどうでしょう?どんなに忙しくても24時間以内にレスポンスしているでしょうか?
「ボールをずっと足元に置いておかない」という意識も大事です。とにかく仕事で何かが足元にきたら、ずっと抱えてないですぐに蹴り返すこと。
すべてのコミュニケーションや業績情報、KPI数値、財務情報、意思決定の経緯、判断基準まどを徹底的に公開して共有するのです。オープンな企業風土や仕組みをつくることができれば、「良貨人材が悪化人材を駆逐する」ようになり、組織はみるみるうちに息を吹き返します。

(ワタスもメール返信の遅い人には少しストレスを感じます。情報を自分だけのものとして囲い込まない。当社今年度のテーマの一つは「仕組化」です)

本著にもありましたが経営は実践でしか学べません。
教科書の中の「なるほど」と思ったポイントを素直に即現場で実践する人が真のプロフェッショナルリーダーになるのでしょう。
もちろんオーナー経営者にもお勧めですが、むしろ大手企業の若きリーダーや経営陣となるベンチャー企業のリーダーにはうってつけの教科書です手(パー)
        2冊目の本が未だ発刊されない自称作家に逆鱗のクリックを↓
                人気ブログランキングへ
...

つづきを読む

どっちがお好き?

8月27日
土曜日の昼下がり。
少し遅めに起きてPCに向かい、いよいよ来週に迫った一大イベント「保険流通維新の志士たちが語る未来戦略」の冒頭スピーチとパネルディスカッションのコーディネーター役の資料作成最終調整に取り掛かっています。
夕方には当日に備えて散髪に行くつもりです(思い切って眉毛カットもしよう)
ところで。
皆さんは犬と猫どちらかというとどちらが好きですか?
ワタスは基本犬派です。
あるアンケート調査によると犬:猫好き比率はおよそ6:4でした。
割と拮抗していますね。
ではもう1問。
珈琲と紅茶どちらかというとどちらが好きですか?
ワタスは断然珈琲派なんですが。
最近よく紅茶をいただいたり、お店を紹介されることが多くなってきました。ブームですかね?
因みにこれもあるアンケート調査によると珈琲派:紅茶派は73.5%:26.5%と圧倒的に珈琲派が多いですね。
日常で紅茶を飲むことはほとんどなく、逆に珈琲は朝、食後、商談の度に飲むので5杯~6杯くらいはブラックで飲んでいます。
で、昨日も会社の近くにある有名な紅茶専門店の店長をご紹介いただく機会があり、お勧めのアイスフレーバーティーをワタスをイメージしたオリジナルブレンドで(トロピカルでした・・)入れていただいたのですがこれが爽やかでかなり美味しいんです。
ムレスナティーハウス→http://www.mlesna-kyoto.com/
犬が好きなのは小さい頃から犬しか飼ったことが無いからで多分猫を飼うと猫も好きになるのかなと思います。
同じく紅茶も普段飲む機会があまり無かったので常に珈琲党だったのかもしれません。
何やら紅茶は良い水で入れるのがポイントで、完全発酵でカフェインも少なく身体にも優しいとか。
いただいた紅茶のパッケージには。
「目をつぶって、心をフラットにしたら、きれいな女の人が僕の前に立って、“きれいな心で思うように生きてみなさい”って言ってくれたので、僕は紅茶やさんでこの命がつきるまで、きれいな心で生きて行こうと本当に思っているのです。ティータイムで・・・。」

なんて小粋なメッセージが書かれていて、単に紅茶を飲むというよりライフスタイルを提案しているんだなと。
味だけでなくティータイムという時間と空間そのものを愉しむ活き方の提案に魅かれちゃいました。
1日に一杯くらいはちょっと贅沢に仕事モードをオフにして紅茶を愉しむ余裕時間を取ろうかな(なんて単純なヤツ・・ふらふら
                 紅茶.JPG
 ちょっと早いですが季節先取りバナーに免じてクリックしたら紅茶タイムにして下さい↓
                  人気ブログランキングへ
...

つづきを読む

退き際の美醜学

8月24日
島田神助さんが引退されましたね。
キャラ的に好き嫌いがはっきりするタレントさんではありますがその才能ぶりは誰しも認めるところでしょう。
ワタスも彼のトークの切れ味はいつも感心して見ながら、エッセンスをパクろうと躍起になっていたものです。
55歳で引退・・・
もちろんネームバリューも注目度も収入も才能も何もかも違うのですが。
今53歳のワタシも、最近退き際ということをよく考えます。
会見でも言われていましたが、武田鉄也さん曰く「頂上まで登ったら降り方をどうするかが大事」なんだとか(もちろんワタシはまだ麓でうろついてますが)
剣豪宮本武蔵やグレイシー柔術のヒクソングレイシーなど最強を謳われた武道家も、最後は伝説のまま静かに表舞台から遠ざかっていくものです(もちろんワタシはまだ舞台のソデくらいにしか立ててませんが)
ではオーナー経営者の退き際はどんなタイミングが相応しいのでしょうか。
私はある意味オーナー経営者はその企業を引っ張ってきた立役者でもあり、その企業を衰退させる厄介者でもあると思っています。
厄介者というのは、その人がいなければ会社が立ち行かない存在自体が厄介だと言う意味でもあり、既に時代の流れについていけてないのにそれでも未だ自分が一番と思いトップを張っている存在が厄介だという意味でもあります。
そういう意味では企業が長く維持、成長していくためには経営者の能力が頂上に到達する前から降り方を考えて準備していかないとダメなのではないかと思う訳です。
ただ自分のピークがどこかなんてわかることがあるのかとも思いながら、肉体のピークがとっくに過ぎている今、冷静に考えれば知力もピークを過ぎていると考える方が妥当なのかもしれないと思う訳です。
ワタシは今53歳でまだどちらも差ほど鈍っている自覚は無いのですが、それでも権限委譲を進めながら自分の存在を徐々に消していかないとあかんと思う訳です(思う訳の三連打・・)
それはまだ身体も動くのに動きを制限されるようでかなり寂しい気もするのですが、それも経営者として受け入れる必要があるのでしょう。
もちろんそんなこと全く考えずにもっと高齢でもガンガン牽引しながら君臨している経営者さんもたくさんいらっしゃる訳ですから少しナーバスに考えすぎなのかもしれませんが。
関西の芸人ではかの上岡竜太郎さんも55歳で完全引退されたということですし。
今回の神助引退事件はワタシの退き際までもイメージさせるインパクトがあったということです(オマエ関西の芸人ちゃうやろちっ(怒った顔)
ま、とにかく美学として終えようが醜学として朽ち果てようが、とにかく悔いだけは残さない様「今」を大事に「今ここ」に全力投球したいと思います手(パー)
SUPER傍楽きMAXexclamation
       あと2年も待たずに引退しろという意見に同情していただけるカタは↓
                人気ブログランキングへ
...

つづきを読む

自分の心を整える

8月21日
雨の日曜日雨
だいぶ涼しくなりましたね。蝉の合唱も最近はめっきりトーンダウンしてきて早朝に起こされていたのが少しゆっくり寝られるようになってきました。
でも秋の訪れが近づいてきてるのは間違いないですが油断は禁物。
今から暫くは寒暖の差が激しくなるので健康管理には充分留意して後半戦に臨みましょう。
ところで皆さんはちゃんと「息」してますか?
「してなきゃ死んでるやろちっ(怒った顔)」と、お叱りの声も聞こえてきますが言いたいのは「ちゃんと」の部分で。
一体何が「ちゃんと」やねんと言うことですが、ここは敢えて「意識して深い呼吸してますか」と言いたい訳でございます。
ヒトの健康を左右するメカニズムとして今注目されているものの一つとして「自律神経のコントロール」があります。
自律神経の自律とは、「自分でコントロールする」という意味。
これは私たちが自分の意志でコントロールできるということか?と言うとそうではありません。逆に神経そのものが「自律」しているので、私たちの意志でコントロールすることはできないのが自律神経で、運動すれば心臓の鼓動が早くなったり、暑けりゃ汗を自然に出したりしてくれるわけです。
実は「呼吸」は基本無意識でやっているので自律神経の守備領域なのですが、唯一自分でコントロールできるのです。
通常、呼吸は無意識に行っているのですが、その速さや回数を自分で意識的にコントロールすることできますよね。意識せずに行っている呼吸を、意識的にコントロールすることによって、無意識に自動的に作動している自律神経に、直接働きかけてバランスを調整していくことができるということが、次第に解明されつつあるのです。
私たちは疲れてくると呼吸が段々浅くなり、心が動揺している時や腹の立っているときは、呼吸は荒々しくなります。自律神経が乱れ、アンバランスになっているときは、たいてい肩で浅
い呼吸をしています。反対に心のおだやかなときには、静かな深い呼吸をしています。
自律神経は交感神経と副交感神経に大別されるのですが、前者は車に例えるとアクセルで興奮するときに優位に働き、後者はブレーキ、心身がリラックスするときに優位に働きます。
要はこのバランスを保つことが大切なのですが、そのポイントが呼吸だということです。
兎角現代社会はストレスが多いので交感神経が優位になってしまうヒトが多く、怒ってる状態を想像すればわかると思うのですが呼吸がハァーハァー浅い。
それを唯一コントロールできる呼吸を深くし、余裕を持つことで副交感神経のレベルを上げてバランスを戻すことが必要だと言うことですね。
実はもう一つこの深呼吸には大事な要素があります(話は少し妖しくなりますがドコモポイント

ヒトには顕在意識と潜在意識(無意識)があって90%以上が無意識に支配されていると言われていますね。
つまり1日のほとんどが無意識で行動しているので、その無意識の領域、潜在能力を引き出すことでヒトは信じられないような力が発揮できると言われている訳です。
で、唯一顕在意識から潜在意識(無意識)にアクセスする方法が呼吸(息)と言われている訳です。
息を調整する(基本深い呼吸)ということで、心身の健康をコントロールするとともに潜在能力をも引き出せる可能性があるということですグッド(上向き矢印)
実はワタスは若かりし頃剛柔流空手を習っていて(一応黒帯パンチ息吹きという、大きく深く鼻から吸い込んで臍下丹田(おへそあたり)に力を込めながら長く吐き出す呼吸法を思い出しては時々やっています。
私と同い歳の俳優美木良介氏は独自の呼吸法でピキピキに腹筋割れて大ブレイク中です(悔しいけど完全に負けている・・もうやだ〜(悲しい顔)
           
自分の心と書いて「息」。
常に落ち着いて、余裕を持ちながら(事前準備)、自分の心の状態を観察できるようにして。
後半戦も活き活きと息をして一気(いき)に粋に意気に感じて行きましょう(イキの5連打だこのやろうあせあせ(飛び散る汗)

いざSUPER傍楽きMAX!
参考図書:なぜ、「これ」は健康にいいのか?副交感神経が人生の質を決める
                         小林弘幸著 サンマーク出版
             副交感神経は福好感神経だと思う人はこちら↓
                  人気ブログランキングへ
...

つづきを読む

L-club動き出す

8月20日
昨日。
             187778_152080334864421_7932305_n.jpg
L-clubは。
地域限定でTカード会員向けにe-DMを配信しました。
ネットで簡単にできる簡易型ライフプランニング「e-人生診断」から会員登録すれば100ポイントひらめき
更にプロFPによるライフプランニング面談で500ポイントひらめきひらめきひらめきひらめきひらめき
この案内により続々とL-clubへの入会者が増えている模様グッド(上向き矢印)
既に個別相談の予約も承りました手(チョキ)
え?なんのこっちゃわからん?
という方はまずはコチラを↓
http://l-club.jp/?utm_source=mail&utm_medium=ccc&utm_campaign=110819a
豊かな暮らしを応援するためにまずはライフプランニングという手法でサポートし。
具体的な解決方法をプロのFPがアドバイスします。
そしてこれからのサービスとして様々な企業と提携しながら会員特典を増やしていく予定です。
未だ走り出したばかりのサービスですが。
これから目が離せないサービスですので。
まだ会員登録されていないカタガタは是非この機会に登録ください手(パー)
https://l-club.jp/
どんな想いでスタートしたかはコチラから↓
http://holos-mag.seesaa.net/article/209527793.html
  ビビりながらも会社の命運を賭けた取組に興奮している小心社長に憐憫のクリックを↓
               人気ブログランキングへ
...

つづきを読む