それぞれのアウトプット

6月26日
最近の週末の過ごし方。
一昔前はほぼ土曜日は会社でデスクワークをしていたのですが最近は家でするようにしています(やってることは変わりませんが)

ゆっくり寝て昼前からパソコンに向かってメール返信したり講演や企画書資料作ったり本を読んだりして、眠くなったら昼寝したり散歩したり近所の商売してる友人の店や兄が経営するクルマ屋に情報収集に行ったりして過ごすのですが、結構この時間が気に入っています。
このブログを更新するのも週末が多くなりました。
現在ワタシが発信しているメディアはこのブログとコラム「堀井計の午睡」http://www.holos.jp/index.php?page=lifecolumn_listとTwitterとfacebookと主に四つなのですが。
文章の短い順でいくとtwitterが御存じ140字以内、facebookがその次で二つはほぼ毎日何かをつぶやき、このブログは最近ちょっと減り気味で月10回くらいの更新頻度で5年目を向かえていて、オフィシャルサイトに掲載しているコラム「堀井計の午睡」は月1更新でこちらは7年目に突入しております。
最近はtwiiterやfacebookを代表とするSNSが簡単で直感的でかつ相互コミュニケーションが可能なのでこちらに以降する人が多いと思います。
事実ワタシもそのせいでブログの更新が減っているわけですが。
それぞれのアウトプットを継続しているとやはりメディア自体に特徴があり、誰がとか何人が見てくれているかは置いておいたとしても、発信者側が成長するポイントが異なるなと感じるわけです。
文字数が多くなればなるほど、つまりブログやコラムは内容を考えたり編集したりタイトルを考えたりする必要が出てきますのでやはり時間もかかるし頭をクリアにして集中度も上げなければいけません。
だから忙しさにかまかけて億劫になりがちなのですが、その分企画力や編集力や文字による伝達力がつくと思うわけです。
もちろんSNSも、短い文章で伝えたいことを凝縮する必要があるのでそれはそれで日常のスキルにも役立ちます。
もう一つ、これはfacebookが普及した大きな功績だと思うのですが、「いいね!」という読み手の共感をワンクリックで得られることで書き手が継続するモチベーションを維持しやすいということがあります。
その点、ブログやコラムは余程人気のある書き手でないと反応が薄い分、ワンウェイのアウトプットになりがちなので継続するモチベーションを維持しにくいわけです。
だからこそ、売上に直結するなら別ですが、そうでもなければ継続していくにはそれなりの目的意識や強めの意思が必要なのでしょう。
恐らくワタシの場合は会社を背負ってる責任感で維持できてるんだと思います。
これはワタシの個人的価値観かもしれませんが、企業の経営者がブログを始めて途中で挫折しようものなら、一時が万事で本業においても社長は飽きっぽくてあまり信頼できない奴と思われるような気がして、そう思われることが怖いのかもしれません(ほんまにチッチャイ奴やでちっ(怒った顔)

ま、理由は何でもなんとか継続してきたことで結果アクセス数も伸び(最近は1日平均1,500PVくらい)、企業PRにも少なからず貢献しているので結果オーライということなんですが。
比較的楽に愉しみながら仲間で繋がるSNSとそれなりに頭に汗かきながらちょっと無理してアウトプットし続けるブログやコラム。
どちらが良いとか悪いとかではなく、いずれも自己成長の観点では素晴らしい教育ツール
になると思いますので。
少なくてもワタシはできる限りどれも継続していこうと思います(誰やボケ防止ちゅう奴は)
 例え反応が無くても発信を続ける鉄の意思を持つタイ人風社長に同情のクリックを↓
                 人気ブログランキングへ
...

つづきを読む

プライバシーマーク取得報告

6月25日
今週は前半に某大手保険会社さん主催全国展開保険代理店経営者招待のゴルフコンペに参加するはめになり僕は名門ゴルフ場の手前にある遊園地で降ろしてくれと駄々をこねても聞いてもらえず結局大方の予想を裏切ることもなく断トツのブービーメーカーで日頃からゴルフを仕事以上にやってるような社長連中のカモにされいささか凹みながらもワタス本来の持ち味のユーモアゴルフでかつてはお嬢様だったキャディさんたちの人気を独り占めしたと密かにほくそ笑んでいるいささか梅雨バテ気味@堀井ですこんにちわ(ここまでは一気読みです手(パー)

ところで。
遅ればせながら今月に当社は「プライバシーマーク」を取得しました。
               Pマーク.JPG
敢えて言うまでもありませんがプライバシーマーク制度とは、日本工業規格「JIS Q 15001個人情報保護マネジメントシステム―要求事項」に適合して、個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備している事業者等を認定して、その旨を示すプライバシーマークを付与し、事業活動に関してプライバシーマークの使用を認める制度です。
簡単に言いますと、このマーク(Pマーク)を取得している企業は個人情報の管理をキチンとしているので安心して自分(一般消費者)の情報を出しても大丈夫ですよというお墨付きを貰ったということです。
我々のような保険代理店でこれを取得している企業はまだ数えるほどですが。
ハッカーによる某大手企業の個人情報漏えい問題もメディアを賑わし、今後高齢化が加速度的に進み、独り暮らしの家庭も急増していく中、情報管理の重要性を認識し、お客様への安心や信頼を得るための投資を行なっている企業かどうかが益々問われる時代となっていくに違いありません。
また、Pマークを取得したことだけに甘んじることなく日々のお客様との接点で、個々がその重要性を再認識し、情報管理を徹底していくことで初めて評価が得られるわけですから。
企業業績がいくらよくても誰もが知っていた大企業でも一つのミス(かつては雪印や赤福、吉兆、最近ではユッケ問題の焼肉店など)で信用が失墜し潰れてしまうわけですから。
今まで以上に組織も個々も情報管理やコンプライアンスを意識して行動していきたいと思いますパンチ
年初目標の100を切るには程遠い中折返しを向え焦り気味のゴルフ運痴に励ましのクリックを↓
                 人気ブログランキングへ
...

つづきを読む

憂鬱でなけれ仕事じゃないを読んで憂鬱でなくなる

6月19日
雨の土曜日。
サイバーエージェントの藤田晋社長と幻冬舎の見城徹社長との共著「憂鬱でなければ、仕事じゃない」を読みました。
                  41pBvw6pB8L._SL500_AA300_.jpg
帯のメッセージには。
「極端」こそわが命。憂鬱なことが三つ以上ないと不安になる見城徹と、たぎる情熱をクールなオブラートに包んで激しくスウィングする藤田晋―。ふたつの魂が交錯した瞬間、とてつもないビジネスマンの聖書が誕生した、と。
何が大切で、何が無駄か?あなたの臓腑をえぐる35の言葉、と。
上記のメッセージに偽り無く、年齢は違えど恐らく稀有で卓越した両経営者のコメントリレーにまさに臓腑をえぐられたり心から共感したりビリビリ刺激を受けながら一気に読了してしまいました。
その一端を紹介しますと。
人間は感情を持つ動物である。仕事上の一見合理的な人間関係も一皮めくればその下にとても大きな情の層がある。義理と恩も忘れてはならない。僕はGNO(義理、人情、恩)を知らなければ何事もうまくいかないと思ってる(小さなことにくよくよしろよby見城氏)
初めての仕事に挑戦する時にはいつも憂鬱を感じますが、それを乗り越える度に新しい「経験」を手に入れることができます。それがキャリアになって人は成長していくのです。~中略~結局、楽な仕事がそれほどの価値を生み出す訳ではないのです。信念や執着心が大きな価値を生むのです(憂鬱でなければ仕事じゃないby藤田氏)
コミュニケーションの基本は、相手の心に触れることである。ホテルマンたちも、心からホスピタリティを客に抱いていたら、全く違う言葉を僕にかけるに違いない。~中略~そうした言葉は、おざなりではない観察や、心遣いといった何らかの身を削る努力から生まれるものだ。対人関係における努力とは、つまるところサービスである。そこで僕は体を差し出し、自分を傷め、目一杯身をよじる(天気の話でコミュニケーションを図るホテルマンは最低であるby見城氏)
人から何かを頼まれた時は、できる限り引き受けるべきだ。そのほうが距離が一気に縮まっていく。こちらの意向も、通じやすくなる。引き受けるのに足る人だったかどうかは、いずれ答えが出る(第4章。人を動かす)
何の報いも期待されず、何かを与えられた者は、どう思うだろう?何としても相手に多く返したいと思うにちがいない。そこに人を動かす力の本質がある(第4章。人を動かす)
人を動かすことが、あらゆる仕事の原点である。そのために必要なものは何か?他者への想像力である。他者への想像力がある人は人を惹きつけることができる(by見城氏)
会社のマネジメントは、結局、人を動かして収益を上げることに尽きます。そして、人を動かす上でもっとも重要なのは、相手の立場になることです(by藤田氏)
(などなど、書ききれないのでこれ以上知りたけりゃ本を買って読んでください)

ま、ワタスも傍目からはノー天気で悩みなど無いように見られがちですが。
起業してからの10年の中では憂鬱を通り越して自分の存在を消してしまいたいと思ったこともありますし、小さな憂鬱は日常の中で消えては湧いてくる日々を過ごしています。
この著書は、「本気で生きてりゃ憂鬱で当り前だったんだ」というある種の安心感を与えてくれたり、自分の価値感や行動指針と擦り合わせながら共感したり逆に刺激を受けたりと。
ワタスのような半人前経営者は元よりビジネスパーソン全般からこれからの人生を前向きに活きたい学生に至るまで、まさに広いジャンルで聖書になる珠玉の1冊ではないでしょうか(サイン入りで献本来ないかな・・)
 早速憂鬱な表情で同情心を擽ろうと画策する心身共にチッチャイ社長に軽蔑のクリックを↓
             人気ブログランキングへ
...

つづきを読む

クラブ活動体験記

6月18日
今週は珍しく東京出張も無く比較的京都滞在時間が長かったのですが。
そこを狙ってカラオケ部の部活動がスケジューリングされ、特別顧問に就任しているワタスとしては立場上行かない訳には行かないので初参加をしてきました(ホントは行きたかったんやろちっ(怒った顔)
HOLOSカラオケ部は2011年1月に発足され、月一回の練習日に全力で取り組む体育会系のカラオケ部。
よって集合時間も厳格に決められ、まずカラオケボックス近くのカレー屋さんで黙々と腹ごしらえをします。
                 CIMG3543.JPG
              四条河原町交差点で待ち合わせ
そして練習場(カラオケボックス)に入ると同時にトイレでユニフォーム(オレンジのジャージ・・)に着替え。
整列後まずは田中部長(京都の古参プランナーさん)の挨拶から始まり「カラオケ部五則」を唱和されるのですが。
この部則が素晴らしいのです。
【カラオケ部 五則】
一、歌う時は必ず立つ
一、人が歌う時は全力で盛り上げる
一、歌は最後まで歌いきる
一、泥酔厳禁!
一、健康には気を付ける

普段デスクワーク中心で運動不足になりがちな人たちにとって立って(それもソファの上に)思い切り歌いきることはカタルシス効果もありストレスが発散され心身のリフレッシュとなります。
更にどんな歌でも歌声でも周りの人達が歌い手に全力で関心を持って盛り上げてあげることで自分が主役になった気分(有能感や達成感)を味わえるとともに仲間意識や団結力が強くなります。
また、社員、役員、プランナー、保険会社サポーター(今回は三社4名が参加)が普段の仕事の関係ではなく会員番号順で序列されていて番号が若く(早く部員になった)なることにモチベーションを持たす当たり(部長の独断で気に入れば順番が入れ替わる)も何だかAKB48みたいで心憎いのです(私はかなり下っ端扱いです)
一度参加したメンバーが、例え出張でもゴルフコンペでも何としてでも帰ってきて練習に必ず参加する理由がわかりました(この日も仙台や東京出張から駆けつけたりゴルフコンペのパーティを中座して参加)
3時間休憩無し立ちっぱなしタンバリン叩き続けの練習は新参者にとってかなりハードではありましたが。
      __.JPGno4.jpg
       私の隣が田中部長  全員ソファに立って全力で盛上げるの図
ワタシも三曲(はいそれまでよ・島んちゅの宝・飾りじゃないのよ涙は)を気持ちよく熱唱させてもらい。
こんな素晴らしいクラブが当社に出来たことを誇りに思う特別顧問兼社長なのでした(部内ではペーペーです)
    CIMG3652.JPG__ (1).JPG
 A生命FサポーターとOプランナーによる仮面舞踏会  オリジナルTシャツ
          
     次回の為にノリの良い歌を物色中のペーペー部員に合いの手のクリックを↓
                 人気ブログランキングへ
...

つづきを読む

遂に先を越された・・

6月14日
先週福岡で開催したネットVSリアルセミナーは大盛況のうちに終了し。
ライフネット生命出口社長に随行していた「カンブリア宮殿」の取材も無事撮り行われ7月半ば頃に放映されるらしいので。
例えチョイ役でもあのビジネスパーソン必見の番組に出演する可能性があると愉しみにしていたのですが。
昨日某大手広告制作会社の常務を務めるいとこからメールがきて。
姪から「堀井兄弟発見!」という連絡がきたと。
その内容が。
『皆様
いま日本テレビの「スクール革命」っていうテレビ番組で堀井兄弟が漫才披露してまし
た!企業の紹介コーナーで、ECナビの社員として出演してましたよ。
びっくりしたのでメールしてみました。』

というメールを見てびっくりしたので「YouTube」で検索してみると。
なんとすぐに出てきました。
ウッチャンナンチャンのウッチャンが司会、あのM1グランプリ優勝者のノンスタイルがユニークな会社紹介ということでボンクラTWINSの勤めている会社に潜入し。
そこで「ホリーマンブラザーズ」として漫才をやっているじゃああ~りませんかがく〜(落胆した顔)
親に先駆けてTV出演し、それも漫才をやってやがるとは。
就職するときに「お前らは双子のキャラを活かして漫才師になれ」と進言したのに「アホちゃうか」と全く取り合わなかったくせに今頃になってそれも一流の漫才師の前で披露しやがるとは。
もう悔しいやら情けないやらで・・
その余りにも息の合わなささに一瞬でカットされてましたがワタシとしてはどうせやるならもっとチャンとネタ仕込んでやらんかいと。
幼少の頃から英才教育をしてこなかったこと余さをを初めて後悔したのでした(支離滅裂・・)
ということで。
来月にチョイ役でテレビ出演することを自慢しようと思っていた矢先に先を越されて親の面目丸潰れ@いつか自分も漫才がしたいと夢見ている少年の心を持った壮年経営者のボヤキ節なのでした。
一瞬でカットされる下手くそ漫才はコチラ↓
             
     トリオでデビューも視野に入れてるノー天気社長に励ましのクリックを↓
           人気ブログランキングへ
...

つづきを読む