プライバシーマーク取得報告

6月25日
今週は前半に某大手保険会社さん主催全国展開保険代理店経営者招待のゴルフコンペに参加するはめになり僕は名門ゴルフ場の手前にある遊園地で降ろしてくれと駄々をこねても聞いてもらえず結局大方の予想を裏切ることもなく断トツのブービーメーカーで日頃からゴルフを仕事以上にやってるような社長連中のカモにされいささか凹みながらもワタス本来の持ち味のユーモアゴルフでかつてはお嬢様だったキャディさんたちの人気を独り占めしたと密かにほくそ笑んでいるいささか梅雨バテ気味@堀井ですこんにちわ(ここまでは一気読みです手(パー)

ところで。
遅ればせながら今月に当社は「プライバシーマーク」を取得しました。
               Pマーク.JPG
敢えて言うまでもありませんがプライバシーマーク制度とは、日本工業規格「JIS Q 15001個人情報保護マネジメントシステム―要求事項」に適合して、個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備している事業者等を認定して、その旨を示すプライバシーマークを付与し、事業活動に関してプライバシーマークの使用を認める制度です。
簡単に言いますと、このマーク(Pマーク)を取得している企業は個人情報の管理をキチンとしているので安心して自分(一般消費者)の情報を出しても大丈夫ですよというお墨付きを貰ったということです。
我々のような保険代理店でこれを取得している企業はまだ数えるほどですが。
ハッカーによる某大手企業の個人情報漏えい問題もメディアを賑わし、今後高齢化が加速度的に進み、独り暮らしの家庭も急増していく中、情報管理の重要性を認識し、お客様への安心や信頼を得るための投資を行なっている企業かどうかが益々問われる時代となっていくに違いありません。
また、Pマークを取得したことだけに甘んじることなく日々のお客様との接点で、個々がその重要性を再認識し、情報管理を徹底していくことで初めて評価が得られるわけですから。
企業業績がいくらよくても誰もが知っていた大企業でも一つのミス(かつては雪印や赤福、吉兆、最近ではユッケ問題の焼肉店など)で信用が失墜し潰れてしまうわけですから。
今まで以上に組織も個々も情報管理やコンプライアンスを意識して行動していきたいと思いますパンチ
年初目標の100を切るには程遠い中折返しを向え焦り気味のゴルフ運痴に励ましのクリックを↓
                 人気ブログランキングへ

カテゴリー:日記のブログをもっと読む