懺悔

12月16日
ワタシ。
とんでもないことをやっちまいましたあせあせ(飛び散る汗)
神よ。
このブログを借りて。
どうか罪深きワタシを。
カミングアウトすることでお許しください。
商談前から少しおしっこを我慢していた私はそのまま1時間半が経過し気を張っていたせいかそれほど問題なくその時間をやり過ごすことができたのですがその後怒涛の如く尿意をもよおし東京駅に着いた頃には限界地点に達していました。
その限界状態のまま構内を彷徨い最後に探し当てたのがドトールコーヒーでそこに飛び込むなり。
「トトトトトトトイレはどこですか??」
「二階にありますよ」

出張用の重たいTUMIのゴロゴロバッグを担ぎ上げ、階段二段飛ばしで駆け上がりトイレの前まで行くと。
なななんと使用中やおまへんくぁぁぁぁたらーっ(汗)
も、もう諦めてここで醜態を晒そうと覚悟してふと横の女子トイレのノブを見るとそこは青印で目
ああああああいてるやおまへんくぁぁぁぁぁ
そうです。
その時ワタシは捕まっても痴漢呼ばわりされても変態呼ばわりされてもここでちびるよりはましと思いゴロゴロバックをトイレ前に放置してその中に駆け込んでしまったのです・・
そして。
寸でのところで事なきを得て。
あーよかったよかったと感無量で扉を開けるとそこには。
それはそれは美しき20代の女性が用を足そうと立っておられて。
「なんでここからおっさんが出てくんねんがく〜(落胆した顔)ちっ(怒った顔)」という驚きと軽蔑のマナザシとワタシの安堵さと卑屈さが入り混じったマナザシが一瞬交錯し。
あまりの格好悪さにゴロゴロバッグを担ぎ上げて今度は三段跳びで階段を駆け下りそのまま新幹線のホームまで矢の様な速さで駆け抜けた2010年師走@昼下がりの東京駅だったのです。
神様仏様ドトール様目があった女性様、エー恰好して非常口が前ボタンのパンツをはくのもやめますのでどうか罪深きワタシをお許しくださいもうやだ〜(悲しい顔)
(実はこの話は誰が何と言おうと絶対フィクションですので)
               この話は本当の話だと思うかたは↓
                 人気ブログランキングへ
...

つづきを読む

鬼も笑うパーティ案内

12月12日
来年の話をすると鬼に笑われると言いますがどんな話をしても自分の恥部を晒してもヒトの失敗や容姿をネタにしてでもとにかく笑われようとすることだけを生きがいにしていながらもスベリまくることが今年も多かった日曜日の昼下がりin自宅の炬燵@堀井ですこんいちわ(ここまでは一気読みで手(パー)
で、不肖ワタクシが理事長を務める保険代理店協議会が一般社団法人化したのを祝して。
来年早々の1月13日の17時から記念パーティを帝国ホテル東京で開催することと相成りました(オフィシャル発表はこれから)

実はこの度の法人化に際し、よりオフィシャルにかつ業界をより顧客志向に変革するために強力な顧問を正式に招聘しました。
そのお方は。
日本最大の法律事務所である西村あさひ法律事務所所属の弁護士であり、元大蔵省銀行局保険第二課長・保険第一課長を歴任された滝本豊水先生。http://www.jurists.co.jp/ja/attorney/0086.html
1996年に乗合代理が解禁される直前に保険業界を監督してきた泣く子も黙る?現場のトップ。
今後我々のようなニューチャネルが台頭していくにあたり消費者保護の観点に立ったコンプライアンスの徹底は必須要件で。
滝本先生は我々の設立趣意や心意気に賛同いただき、業界の発展に力を貸していただくことになり。
そして。
この度の設立パーティにおいてお披露目の基調講演をお願いし快諾いただきました手(チョキ)
保険代理店協議会メンバーの方々はもちろんのこと、加盟を検討いただいている保険業界関係者の方々は。
正式には日時が確定次第保代協公式サイトhttp://www.hodaikyo.org/や当社オフィシャルサイトhttp://www.holos.jp/に掲載させていただきますが。
鬼に笑われようとも1月13日は予定を開けておくようにちっ(怒った顔)
     去年はインフルエンザA型B型同時感染した軟弱社長に叱咤のクリックを↓
                 人気ブログランキングへ
...

つづきを読む

追い風

12月11日
もうやめて10年以上になりますが、その昔ヨットに乗っていました(単なるミーハーですが何か)
カートップできる小型ディンキーから始め、その後某大学の探検部が所有していた大型ディンキーを譲ってもらい、最後は10人乗りのクルーザーを友人と共同所有していました。
琵琶湖のヨットハーバーに艇を保管していたのでもっぱらクルージングは琵琶湖で、本格派からは程遠かったのですが草レースにも時折出場したりしておりました。
向かい風に40度~45度で進んでいくのをクローズドホールドと言うのですが、船が大きく傾くのをハイクアウトしながら(沈しないように身体を外にだしてバランスをとる)走るのがスリリングで。
特にウサギが飛びだし(風が強まると湖面に白波が立ち始め、その白波がウサギが飛び跳ねるように見えるあせあせ(飛び散る汗)、マストを繋ぐワイヤーも振動でウィーンという音が鳴り出すと、俄然気合いが入り、波しぶきを浴びながら風に向かっていくのが大好きでした。
逆に追い風で進んでいくのをランニングと言うのですが、これは風と同方向に進んでいく分あまり風を感じませんので少し頼りなく感じます。
でも実は感じないだけでスピードそのものはこちらの方が速いんですね(多分・・)
またランニングで走るのは技術的には一番難しく、ワイルドジャイブって言うのですが下手すると帆が反転しバランスを崩して沈(転覆)してしまいます。
で、何が言いたいかと申しますと。
今強風下(大変化中)の保険業界の中で、当社をはじめとする大型乗合代理業というビジネスモデルは明らかに追い風ですすんでいるなと感じるわけです。
先日某保険会社さん主催の表彰式に招待されたのですが、改めて勢いが我々のようなモデルに傾いていることを実感しました。
本来は逆風に立ち向かうほうがスリリングで面白いのかもしれませんが、明らかに今はランニング(追い風)で走っている状態。
もちろん風を読んで行動してきたことが功を奏しているのだけれど。
もちろん下りエスカレーターを駆け上がる労力よりも登りエスカレーターを更に駆け上がる方が速く目的地に着けるのだけれど。
油断するとバランスを崩して沈してしまうリスクも孕んでいることをヨットで体験しているので。
乗組員は気を緩めずにそれぞれの役割をまっとうしてつかあさい手(パー)
名ばかり船長のワタスもせっかく吹いてくれているこの風を逃さずに。
前方や海底の障害物に目を配りながらも自然の流れと一体となり。
ホロス丸を全速前進させていこうと思います。
いざこのまま一気に大海原へパンチ
               basic1.jpg
        調子が良いほど臆病者に変身する昇進正銘のちっちゃい社長は誰↓
               人気ブログランキングへ
...

つづきを読む

無期限謹慎

12月9日
ここ1週間メディアは海老蔵事件一色。
昨日松竹さんから無期限謹慎が言い渡されました。
舞台に穴をあけただけでなく、テレビCMにもたくさん起用されていましたからその損失額は相当なモノでしょう。
特にテレビCMは即売上に結び付けるだけでなくブランドや商品イメージを定着させるためのイメージ戦略という側面も大きいので、今回のようなイメージを損ねる事件(今のところ被害者ですが)を起こすとしばらくスポンサーはつかないでしょう。
で、無期限謹慎と聞いた一般市民は「いったい無期限ていつまでやねん?」
と思う方も多いのではないでしょうか?
よく「無期懲役って一生刑務所か?」って思うのと同じですよね。
因みに無期懲役の平均在所期間は21年くらいとか。素行が良ければ仮釈放されたりして死ぬまでにはならずに釈放されているわけです。
興業の世界では無期限謹慎はかなり重い処分になるのでしょうが誰も一生謹慎とは思ってないでしょう(えーとこ半年くらいとか)

それに引き替えビジネスの世界、例えば当社が属する金融業界は監督官庁の管理下にあるので業法違反をすると、最悪は免許剥奪とか業廃とかで一生その仕事には就けなくなります。
興業の世界はお金を払って愉しむために足を運ぶ世界。つまらなければ次は無いものの、入場料は基本前払いで「お金返せ」にはなりません。
金融の世界はお金を預かって増やしたり保障したりする世界。約束が履行されなかったり適正な募集行為を逸脱すると「金返せ」に加えて厳しい罰則が科せられます。
保険業界のタレントプロダクションを標榜する当社も。
多くの異能タレントをマネジメントする当社も。
お客様から贔屓にしていただくための芸を磨く(知識や情報を吸収し、コミュニケーションスキルを磨く)ことはもちろんのこと。
信用を裏切らないために節度ある行動(コンプライアンスの徹底)を取り。
断腸の思いで発表された松竹さんのように無期限謹慎を言い渡したくないので。
当社プランナーはじめスタッフ一同は。
酒に溺れることなく、心して忘年会シーズンを乗り切るようにお願いします(オマエもなちっ(怒った顔)

       一昔前は宴会芸を磨くことに命を懸けていた無期限謹慎候補NO1社長は↓
                人気ブログランキングへ
...

つづきを読む

石川遼のような保険業界に(堀井計の午睡更新)

12月5日
このコラムを書いている今日は12月5日。
師走に突入して早や5日となりました。
外出から帰ってテレビをつけるとゴルフ日本シリーズのJTカップ最終戦がゴルフ
遼くん、二年連続の賞金王にはなれませんでしたね~。
残念ですが19歳にして日本のトッププレイヤーとして活躍するその爽やかな姿は老若男女問わず、幅広いファンを惹きつけてやみません。高額な賞金を獲得する本人はもちろんですが、スポンサー企業も彼の活躍による宣伝効果は企業業績に大いに貢献しているはずです。
更に着目すべきは、遼くんの活躍は間違いなく未来のプロゴルフ界にとって大きな大きな意味があるということ。
彼の存在、そうヒーローの出現により彼に憧れるジュニアたちがこぞってゴルファーになろうと(親が思うことも多そうですが)ゴルフを始めます。
私たちの子供の頃は野球選手でしたし、一時はサッカーでした。
運動神経の卓越した子供がどのスポーツを選んで登り詰めようとするか、その数が多ければ多いほど裾野が広がり優秀な層が厚くなり、その業界が強く発展していくわけです。
そして人気が出れば出るほど動くお金も大きくなり更に人気が出てくるという好循環が始まるということです。
ではどんな職業なら人気がでるのでしょうか。
続きは→http://www.holos.jp/index.php?page=lifecolumn_list&menu_year=2010&menu_month=12&exptitlename=2010-12
          ゴルフは下手でもプロゴルファー猿には似ている社長は誰↓
                  人気ブログランキングへ
...

つづきを読む