最高の教育の場とは

10月29日
創業以来継続している当社の一大イベント「HOLOSオーナーズカンファレンスイベント
早いもので今年で21回を数えます(当初は四半期に一度、今は半期に一度)
秋は全国からプランナーや保険会社担当のカタガタが大阪の帝国ホテルに終結。
今回は過去最高の約300名が集いましたがく〜(落胆した顔)
朝から集合すると帝国ホテルの会場も最も大きくゴージャスだったのっでスタッフもかなり興奮気味。
                  2010.10.29オーナーズカンファレンス.jpg
このイベントはわずか数名から初めた当初から、「定期的に当社の実績を様々な角度から開示し、中期目標や未来戦略を披露しながら、当社に所属する価値判断の場にして貰おう」と思いやり続けてきました。
半日という時間の中に、日ごろのユーモアビズという企業文化、企業風土を凝縮させ、参加者を愉しませながらもきっちりメッセージを伝えていくことはそれなりに大変なことなのですが。
ワタシが朝礼で伝えたことは、「それぞれ自分の役割をまっとうすることはもちろんですが、それだけにとどまらず全員の役割や発表に関心を持って自分のこととして捉えて欲しい。そうすればこのイベントは更に一体感がでて素晴らしいものになるはず」と。
そして回を追うごとにスタッフの団結力も強まり、今回もこの恒例イベントを盛り上げようという気持ちが伝わるナイスなカンファレンスとなりました。
当日までの様々な準備や当日のプレゼンテーター、司会者など表舞台に立つメンバーから受付やカメラ班、会場案内などの裏方に至るまで全員がこのイベントに関わる度に思うことがあります。
それは「教育」とは「環境を提供する」ことが最良の方法だということです。
ヒトはアウトプットする場を与えれば与えるほど育っていくということです。

最初は「余計な仕事」と思っていても、最初は「こんな場で話すなんて」と思っていても、終わってみて評価されて達成感を共有すれば、「次回はもっと関わろう」とか「今度は更に聴衆を引きつけよう」と内発的動機(心の底から湧き上るやる気)に火が点きます。
そして、権限が委譲されながら組織が強く強くなっていくのです。
もうそろそろワタシがいなくなってもこの会社は大丈夫かも・・
自分の仕事を、自分の視界に入ること、自分の周りで起こっていること全てと受け止めて目いっぱい楽にしてあげようとすることが真の「傍楽きMAX!!」なんだなぁ・・
               2010.10.29オーナーズカンファレンス2.jpg
          孫も下ネタギャグにする鬼爺にお仕置きのクリックを↓
              人気ブログランキングへ
...

つづきを読む

プロ野球ドラフト会議の日に

10月28日
本日世間ではプロ野球のドラフト会議の行方、特に早稲田の斎藤佑選手がどこに指名されるかが注目の的ではありますが(交渉権は日本ハムだそうですね)

当社では年に一回の一大イベント会議である定時株主総会でした(ドラフト会議とは全く関係無し。単に検索エンジンに引っかかるのを狙いました。スイマセンあせあせ(飛び散る汗)
外部株主である投資家の皆さんも出席され、当社の成績に対して承認をいただけるかの発表会。
                 株主総会直前.jpg
ある意味最も緊張する会議ですが、前期はお蔭様で増収増益の過去最高益で着地できましたので特段お叱りを受けることなく全議案の承認をいただきました(シャンシャン手(チョキ)
独立して会社を経営する場合、多くは自分がオーナーとなり、自分の好きなことやりたいことをやりたいようにできることを魅力に感じて決断するヒトがほとんどではないでしょうか?
私も創業者でありオーナー(筆頭株主)ではありますが、創業間も無くして投資家からの出資をいただきました。
それは自分の完全支配からの決別であり、定期的に当社の事業戦略や数値結果をチェックされ、私に経営者としての能力が無ければ交代を命ぜられることも覚悟において経営に当たることを選んだわけです。
人生やビジネスは何が成功で何が幸せかは本人が決めることですし、二つを同時に体験することも不可能です。
なのでワタシにとってどっちの選択が良かったかはわかりませんが、少なくとも自分自身では、自分がオーナーで自分の裁量の中でスモールビジネスを展開しているよりも、今のほうが自分自身は成長できていたと確信しています。
(きっとどちらでも愉しんでいたとは思いますけどるんるん
でもどちらが成長できたかという判断では今の選択だと思えるわけです。
なぜそう確信できるかというと、ワタシは決して強い人間ではありませんのでついつい安きに流されます。
それを戒められたり、事業を進める中で自分の意思に反する意見がでたときに悩んだり、それでも意思を通すために更に考え抜いたり、諦めて別の方法がないかと智恵を絞ったりすることを余技なくされながらきたからです。
ボクシングは手だけで闘うという制限されたルールだからこそ殴りあう技術が研ぎ澄まされ。
カポエラ(手かせをされた黒人奴隷があみ出したといわれる足技中心の格闘技)が手が自由に利かないからこそ自由自在に足技を繰り出せるようになるが如く。
敢えて不自由を選び、その中で自由に向かうからこそ技術が磨かれ、そして人間的にも成長していけるんだなぁ(久々に相田みつを調なんだなぁ手(パー)
            成長とは自由に向かうこと也と思う方は↓
               人気ブログランキングへ
...

つづきを読む

秋の夜長に良書の薦め

10月24日
今日の日曜の過ごし方。
ゆっくり寝て昼前に当社のU部長夫妻が立ち寄ってくれてその後スロージョグで5キロほど走りその帰りに友人の寿司屋に顔を出したら練習中の尺八を持ってきて初めて吹いてみたら全く音が出ずそれから彼がはまっているロードレーサー(自転車)に乗って近所のコースを走る羽目になって疲れ果てて家に帰り昨日買った本を読みながらソファでうとうと寝てしまい先ほどむっくり起きておもむろにブログを書いております。
その本ですが。
ホリーマンブラザーズ2号(双子の息子の弟)の薦めで買いました。
            41uuWhm0XdL._SL500_AA300_.jpg
       小さなチーム、大きな仕事 37シグナルズ 成功の法則
37シグナルズとは二つの大陸に散らばった十数人のメンバーだけで数百万人のクライアントを抱えるソフトウェア会社。
創業者ジェイソンは、「会社が大きいほうがいいなんて幻想だ。今日では誰でも自分のアイデアを元にビジネスを始められる。高価な広告枠、営業部隊、オフィス、いや会議も事業計画もいらない。小さな所帯でシンプルに迅速に臨機応変に―それで僕らは成功している」と。
いわゆる起業して経営して拡大して成功するというビジネスの常識的プロセスを真っ向から否定した手法で成功したソフトウェア開発企業の実話。
この本を読んで「俺の今までの事業成功の概念は何だったんだろう」と考えさせられました。
42歳で起業するとき、ワタシは元々拡大成長モデルを絵に描きました。
大の男(ほんとはちっちゃい男ですがもうやだ〜(悲しい顔)が覚悟して起業するからには、でっかい事を成し遂げようと。
組織拡大や売上拡大は市場からの評価の証明であるから、評価され続ける限り大きくなることが当り前であると。
ビジネスモデルに共感を得て投資家から資金を調達し、自分の成し遂げたい世界に照準を合わせ、その約束を果たすべく実行していくんだと。
プロセスを悲壮感でやるのではなく愉しみながら実践し、指示命令をしないという新しいマネジメント手法を確立していこうと。
今でもこの考えは変わっていませんしもちろん間違っているとも思っていません。
でもこの本のような一般的な仕事や組織の概念を覆す経営スタイルにもいたく共感できます。
というか「常識を変える」という活き方そのものに共感を覚えるということでしょう。
そういえば先週に読了したのが。
                51xI+mIWwXL._SL500_AA300_.jpg
         「残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法」橘玲著
彼の著作は常にシュールで世の中の観方や情報や表現方法が好きですべて読んでいるのですが、サブタイトル「無能力主義のすすめ」、帯に表現されている、『必要なのは「やってもできない」という事実を受け入れ、それでも幸福を手に入れる、新しい成功哲学である。』というキャッチに引かれて今回も新作が出てすぐに購入しました。
両書に共通していたことは。
「好きなことを仕事にすること」と「常識に捉われず自分のスタイルで独立すること」
このようにまとめてみるとワタシの今までの活き方もまんざらではないかなと思えます。
不況という先の見えないトンネルに入って久しい日本ですが。
お上や所属する組織のせいにして不平不満を言ってても何も変わらないので。
秋の夜長にまず読書するのも良いですし。
やはり小さな一歩でも良いのでまず行動に移すことが必要ですね。
あ、もちろん組織の中で一人では成し得ないダイナミックなビジネスにチャレンジしたいというのも全然有り。
要は「今」の状況が主体的で充実しているかが大事なことではないかと思います。
今週は定時株主総会にオーナーズカンファレンスとイベントが目白押し。
小さな身長で大きな仕事にかかりますパンチ
    今日facebookに登録したけど使い方がわからない無能社長に軽蔑のクリックを↓
                人気ブログランキングへ
...

つづきを読む

経営者として成長したければ読むべし

10月23日
42歳で社長になって今既に52歳。
世の中にはワタシより若くて立派な社長は星の数ほどおられますが。
その中でもリスペクトしている某IT企業のF社長。
直接お会いしたことはありませんがブログやメディアで記事を目にする度に参考になることが多く。
今回は「マネージャー会議のあり方」について非常に共感できる内容だったので、抜粋して共有したいと思います。
以前の役員会で複雑な会計処理を議論して
いた時、聞いてないのに頷いてた(笑)役員がいたのを思い出し

最初のほうに○○のこのブログ記事を
引き合いに、自分の担当分野以外も
全員議論に参加するよう話しました。
○○ブログの引用↓
——————————–
管轄事業のマネージャー会議などに出ていると、自分の担当以外の
議題でも自分の意見を持って発言できる人と、自分の担当の議題の
時だけ発言してあとは黙り込んでいる人とに大別される。
将来経営幹部になるような視点の高い人は、自分の担当以外の仕事
もどうなっているか気になってしょうがないし、どうすべきだという
意見を持っている。
そもそも会社全体がどうすべきかという視点があるので、自分から
積極的に他部署の人と交流して勉強している。他部署のことは情報
共有してくれないと分からないなどどいう受身の姿勢ではない。
視点が高いと自分の部署の立場からだけでなく、他部署の立場から
も考えることができるので、コミュニケーション能力も自ずと高くなる。
逆に視点が低いと自分のことしか考えてないので他部署との衝突を
起こしやすい。
————————————
8人の役員が居て会議しているのに、
会計の話は、私と○○が話し、
人事の話は、私と○○が話し、
FXの話は、私と○○が話し、
代理店業の話は、私と○○と○○が話し、
・・・
という様に、
私以外は全ての議論に参加して居ないようでは
役員もまた成長に大きく差がつきます。
世界情勢や政治、社会

経済環境

ネット業界

○○○○○

その一部門 ←ココ
ココからどこまで視点を上げていくか
ですが、当社の役員には高い視点を
持っていただきたいです。
しかし逆に、浮き足だってしまって
いきなり意味無く海外を飛び回ったり、
政治に首を突っ込みはじめる経営者も
たまに見かけますが
やはり地に足がついてないとだめです。
また、社外だけでなく社内の人脈も
仕事をしていく上では大きな強みとなります。
自分の担当分野をしっかりと掌握しつつ、
視点を上げていって欲しい。

当社の会議でも自分とは関係無い報告や議論の時に、各々がPCで自分の仕事をしているシーンがあります(自分もたまに・・ふらふら
社長という立場で会議に臨むと、すべてが自分の範疇なのでどれも関心がありどれにも関与したいと思うのですが、これが各セクションの長となるとツイ他部署の時間は集中力を欠いてしまいます。
恐らくそのセクションの長も自分の守備範囲の会議なら(部長なら課長を集めた会議)すべてに関心を持つはず。
全員経営者思考で会議に集中すれば、より効率的で生産的な場になり、個々も今以上にマネジメントとして成長していけます。
ワタシは遅咲きの経営者(誰や未だ咲いてもないのに枯れようとしているっちゅうのはちっ(怒った顔)ですが。
まだまだ若い当社幹部陣はワタシ以上の可能性を全員が秘めていますので。
高い視点で自らを磨いていって欲しいと思います。
ああ若さが羨ましい・・
       蕾のまま枯れようとしている哀れな社長に励ましのクリックを↓
              人気ブログランキングへ
...

つづきを読む

ネットVSリアルのガチンコ対決実現

10月20日
今保険業界やメディアで大注目されているネット生保「ライフネット生命」
その創業者である出口治明代表と。
不肖ワタクシ(ホロスプランニング代表兼保険代理店協議会理事長)との。
コラボレーションが実現しましたパンチ
保険加入はお客様にとって保険料が安くてシンプルなネット生保が良いのか、それともたくさんの保険会社の商品からコンサルティングの上、良い商品をチョイスして買うのが良いのか。
皆さんはどう思われますか?
果たしてマーケット(お客様)はどちらに軍配をあげるのか。
もしネット生保に軍配が上がろうものなら保険業界の営業パーソンたちは大量退職を余儀なくされることになるでしょう。
損保の世界ではネット販売による自動車保険のシェアが全体の約5%。
まだまだ業界全体を揺るがす程のインパクトはないにせよ着実にその比率を上げています。
今回のセミナーでは、業界で急成長している二大チャネル、ネット生保を代表して「出口治明氏」とリアル系広域展開乗合保険代理業を代表して「堀井計」とがそれぞれにそれぞれの見解を語り。
更に、保険ジャーナリストの中崎氏をコーディネーターとした両者の徹底討論に続き。
〆は参加者を巻き込んでの「90分ガチで語らう本気の懇親会ビール」までセッティングしました。
本気でお客様に喜んでもらいたいるんるん
本気でこの業界で勝ち残りたいちっ(怒った顔)

そんな本気の業界人は、11月30日東京大手町に集合です。
150人限定ですから予約は下記からお早めに手(パー)
申込案内はコチラから→https://www.holos.jp/index.php?page=information_list&cal_code=277&exptitlename=%83%89%83C%83t%83l%83b%83g%90%B6%96%BD%82%C6%8B%A4%93%AF%83Z%83~%83i%81[%82%F0%8AJ%8D%C3%82%B5%82%DC%82%B7%81B
         ネットVSリアルというよりエリートVSあぶれ者に見えるカタは↓
              人気ブログランキングへ
...

つづきを読む