一つ上の立場で行動しよう

9月26日
イチロー選手が野球の本場アメリカに渡り10年連続200本安打を達成し。
モンゴル人横綱白鳳が60連勝し双葉山の前人未到の日本記録を抜くのも目前に迫りつつあります。
アメリカで活躍する日本人の存在に歓喜し。
日本の国技に外国人が記録を打ち立てるとどこか悔しい思いが残るのは。
ワタシの心に一種のナショナリズムとか愛国心というものがあるからでしょうか。
それとも単に心が小さいということでしょうか。
尖閣諸島の問題然り。
根本的な領土問題を背景に、実質的な利益を得るわけでもない一般市民たちも敵対心を爆発させています。
明治維新は藩という小さな国意識を日本国という一つの国意識にまとめる革命でした。
おかげで国ごとの争いは無くなりましたが、それでも郷土愛は残っています。
企業もセクショナリズムが強すぎると。
自部門だけの利益を考えるあまりに他部門とのバランスを欠きトラブルの種が生まれます。
京都人なら日本人、日本人なら世界人、世界人なら宇宙人。
係長なら課長。課長なら部長。部長なら本部長。本部長なら社長。
会社ならグループ、グループなら業界、業界なら全産業。

世界人という立場に立てば、イチローは日本人がアメリカで活躍するから凄いのではなくてイチローという存在そのものが凄いだけ。
白鳳関の活躍もまた然りで、個の実力や努力だけを素直に評価して讃えるだけです。
自分が直接関わっている世界の一つ上の立ち場にたって同じ世界を観る習慣をつけると、目先の利益に捉われず一歩先を視通した最適な解決策やアイデアが生まれるような気がします。
わけわからん展開になってきましたが。
今週もみんな「傍楽MAX」で行きましょう手(パー)
        背も心も可哀想な位ちっちゃいハナタレ社長にお情けのクリックを↓
                  人気ブログランキングへ
...

つづきを読む

伝説の営業バイブルを無料で

9月22日
営業職の中でも最も厳しい営業は何を売る営業でしょうか?
と聞かれたら最も多いと思われる答えはおそらく。
生命保険の営業ではないでしょうか。
その厳しいそれもフルコミッション(完全歩合制)営業の世界に飛び込んで、悩みながら壁にぶち当たりながらもトップセールスに登りつめた男の物語。
そのセンチメンタルな物語に科学的解説を盛り込んだ秀作。
「実録風 ザ・購買エージェントへの道」パンチ

あえて実録風としたのは作者の実体験をベースに数々のトップセールスの成功分析を加味し、更に研修メソッドで味付けをしたからです。
そしてその作者は。
珍北斎こと堀井計・・・
5年程前に上梓したWEB小説をこのたび電子書籍化しました。
            web小説2.jpg
100ページほどの小冊子ですのでストレスなくスラリと読めて面白いと評判です。
もし読んでみたいと思うカタでiphone、ipadをお持ちの方は今なら無料で差し上げちゃいます。
(多分メールアドレスを教えていただければepub可したものを添付ファイルで送るのでそれをituneに移動してから同期させればOKです)

この際どんどんリクエストくださいね手(パー)
              web小説1.jpg
     才能も無いのに小説家志望の身の程知らず社長にお仕置きのクリックを↓
                人気ブログランキングへ
...

つづきを読む

敬老の日廃止論

9月20日
今日は敬老の日。
一昨日からホリーマンブラザーズ2号(双子の息子)が愛娘心陽(みお)ちゃんに会いに東京から帰ってきています。
「おい、明日は敬老の日なんやからおじいさん(ワタシのこと)に祝いせなあかんぞちっ(怒った顔)
「へっ?孫ができたら敬老の日で祝いせなあかんの?」
「・・・」
てことで敬老の日に祝われるヒトの定義がわからず熱い議論が交わされることに(お金貰いたいヒトと払いたくないヒトで・・)
どうやら地元の町内では町会費からお祝いを受け取るヒトは65歳以上のお年寄りだそうで(少し前は60歳以上だったのが変更されたらしい)
孫がいるからお祝いを貰おうと思うのはあつかましすぎたようです。
それにしても我が国は(タイと違うで~)
総務省発表の日本の高齢化人口では65歳以上の高齢者は前年比46万人増の2944万人、総人口に占める割合で23.1%と過去最高値を更新し。
男女別では女性25.8%と4人に一人、男性で20.3%で5人に一人が65歳以上という恐るべき高齢化社会を向かえています。
このままでは周知の通り若者が高齢者を支える社会保障制度の構造は破綻せざる得ません。
ではどうすればいいのか?
国が悪い、政治が悪いというのは簡単ですが、それだけで解決に向かう訳もなく。
では主体的に解決するにはすればどうすればいいのか?
今の年齢によりますが。
まだ若い世代は国や所属する企業に頼らなくても生きていけるライフプランを立て、しっかり自己責任で資産形成をしていくこと。
そのためには自ら金融リテラシーを磨くことや頼れる専門家(フィナンシャルプランナー)を身近に置くことで若ければ若いほど可能性が上がります。
ただ、お金に働いてもらうという金持ち父さん的発想も確かに必要ですが、個人的にはまずは本業で、目の前にある仕事でせめて10年は脇目も振らずに集中することを優先してほしいと思います。
その方が、お金に働かせる知恵よりももっと大切な人生そのものの法則やかけがえの無い人脈ができると思います。
そして、人生の諸先輩から様々なことを学び。
敬老の精神(年長者は敬う気持ち)を身につけてほしい。
馬の赤ちゃんは生まれてすぐに自分で立ち上がります。
鯨の赤ちゃんも生まれてすぐにお母さんの乳首めがけて自ら泳ぎます。
人間の赤ちゃんは何もできずにただ泣いているだけです。
親がすべて面倒見なければ到底生きてはいけません。
親になって初めて子育ての大変さに気づき、親の有り難さを知ります。
そしてそろそろ親孝行をしようとした時に既に親はいなかったりもしてしまいます。

今自分があるのは親や親から遡るご先祖さまのお陰であり、様々な縁で出会った諸先輩のカタガタのお陰。
そんな気持ちをいつもみんなが持てるようになったら。
敬老の日なんていらないのではないでしょうか?
せめて敬老の日くらいお年寄りを敬おうというのではなく。
日々年長者に感謝と尊敬の念を持てる世の中にしようではありませんかパンチ
ではワタシのような?既にお年寄りのヒトタチはどうしたらいいのでしょうか?
昔とった杵柄ではなく、今の活きかたも輝いて魅力的で元気で。
「おいら~、まだまだ年寄りじゃね~から、祝いなんてよしてくれよ」
なんて言いながら若者に頼らず、逆に「こんな歳の取り方したいな~」って思われるヒトを目指して活きようではありませんか。
ま、しいて敬老の日を継続するとすれば100歳以上の大先輩を祝う日として定義付けするのはどうでしょうかね。
                  みお1ヶ月.jpg
      いくつになってもお小遣いが欲しい強欲社長にお仕置きのクリックを↓
                  人気ブログランキングへ
...

つづきを読む

保険業界が変わる。保代協が変える。

9月16日
本日は保険業界にとって。
新たな一歩を踏み出すための記念すべき日となりました。
今我々のような複数保険会社の商品を扱い、コンサルティングをしながら一番顧客のニーズに合った商品を組み合わせて提案するスタイルの代理店、それも広域展開している大型代理店が急成長していますグッド(上向き矢印)
急成長している理由は、「メーカーの販売代理ではなくお客様の購買代理」というコンセプトに基づき、わかりづらい保険商品をわかりやすく説明しながら各保険会社の良い部分をチョイスしてオーダーメイドで設計するからです。
ただ、課題もあります。
その一つは、一人のお客様に対して、三社、四社の契約手続きを要することで。
その為の煩雑な手続きに1時間くらいかかることです。
もしこれが各社共通の帳票で手続きが進められたら我々もお客様もどんなに助かるでしょう。
実は保険先進国のアメリカではすでに業界横断のシステムが古くから稼動しています。
そこでその急成長している、日本を代表する代理店の経営者を組織化した保険代理店協議会が。
日本を代表する保険会社2社、それもライバル会社の社長に同席いただき。
我々含め3組織でこれからの日本の保険業界についてディスカッションを行ったのです。
それも抽象論ではなく、具体的にお客様と我々が契約をいただく際に発生している業務付加を軽減するために、「まず二社が手を組んで業界標準を創りませんか」という提案を試みたのです。
そして。
できるところから検討に入り、行動に移すことで合意を見たのですパンチ
もちろん一足飛びに事が運ぶわけではありませんが、過去に代理店という立場が主導して業界を変えていくという動きは無かったわけで。
そういう意味で画期的な試みであり、非常に価値ある会合でした。
これからはメーカーとかディーラーとかの力関係でなく。
すべてはお客様を基点としてビジネスのフローが再構築されていく時代となり。
その視点をいち早く取り入れて行動に移すスピードこそが企業成長の肝になることでしょう。
また。
当日の臨時総会にて、社団法人化が満場一致で決議され。
10月1日よりオフィシャルな団体として活動していくこととなりました。
今しばらくは理事長としてその使命をまっとうする所存ですちっ(怒った顔)
(だから仕事はほどほどでいくからみんなあとはヨロシクね手(パー)←業務連絡)

          老体に鞭打つ無知で無恥な社長に憤怒のクリックを↓
             人気ブログランキングへ
...

つづきを読む

お金をドブに捨てるようなセミナーに参加したことがあるカタガタへ

9月15日
出張から帰って本社に戻るときその土地のお土産を買って帰ってスタッフにはいこれお土産と手渡してそれがみんなに配られたとき社長ありがとうございますって感謝されるときが一番社長の価値を感じてくれるときになってきたような気がする@東京行き新幹線車内の堀井ですこんにちわ(もちろんここまでは一気読みで手(パー)
今回の出張目的の一つにセミナー開催があるのですが。
一般的にセミナーや講演会には有料と無料とがあります。
基本主催者側が参加者を集めるときに。
無料か有料か、有料なら価格設定をいくらにするかに悩むものです。
一般的に無料はプロモーションの一環で開催されることが多く、たくさん人を集めた中から商品やサービスに関心を持った人に絞り込みながらビジネスに繋げていくことが目的ですが。
だからといって無料にすればいいかというとそうとも限らず。
多少でもお金をいただくほうが、参加者もそのテーマに真剣に取り組む意思の方が集まりますし、無料だと何か売りつけられるのではとうがった見方をされてかえって集客できない場合もあるものです。
また比較的高額の(一人1万~5万)セミナーは。
その場でしか聞けない情報に価値を感じて受講されるので、かなりモチベーションの高い方が来られます。
もちろん参加費は主催者側のみならず講演者もわかっていますので。
それなりに普段は提供しない貴重なノウハウや情報を仕込んで、せっかくお越しになった方々に満足してもらおうと周到な準備を進めます。
ということで。
今回はかなりモチベーションの高い方を対象にした有料セミナーのご案内です。
普段公開しない貴重なノウハウや情報にご興味ある保険、金融業界の方々や。
一応これでも起業して10年足らずで売上20億近くまでの企業に成長させてきたので、ベンチャー企業の経営者や起業したての経営者、更にはこれから独立起業を志す方々も。
未経験のコンサルタントや評論家では聞けない。
すべて実体験に基づいた生々しい。
参加費を無駄にしない内容にするつもりです。
時は11月12日(金)13時半~16時半。
場所は東京で。
参加費はお一人様33,500円也。
この値段を高いと思うか安いと思うかは。
皆さんがどう受け止めてご自身の仕事にどう活かすか次第です(オマエの話次第やろちっ(怒った顔)
では詳細はこちらから→https://www.holos.jp/index.php?page=information_list&cal_code=273&exptitlename=%E5%BC%8A%E7%A4%BE%E4%BB%A3%E8%A1%A8%E5%A0%80%E4%BA%95%E3%81%8C%E8%AC%9B%E6%BC%94%E3%81%99%E3%82%8B%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%81%AE%E3%81%94%E6%A1%88%E5%86%85
        スタッフへのお土産で支持率を稼ぐ哀愁社長に涙のクリックを↓
             人気ブログランキングへ
...

つづきを読む