野菜の日に考えてみる。社会にも企業にも酵素が必要だ。

8月31日
今日で8月も終わり。学生さんたちは楽しかった夏休みも終わりいよいよ来週から学校が始まり当社といえば8月が期初でありながらもいつもお盆休みや今夏の酷暑による活動量低下等を理由にしながらあっという間に1ヶ月が過ぎ去っちまうことに焦りを感じてしまっているので今日はやることを整理して優先順位を付けたうえでアポイントをグワングワン取り帳尻を合わせている曇天夕暮れの土曜日生まれてから55年チキンハート継続チウ@堀井ですこんにちわ(ここまでは一気読みで)
先週ちょっと体調がすぐれずに行きつけの(といっても滅多にいきませんが)お医者さんに行ってきました。この先生は結構妖しい世界では?有名な先生で他府県からも患者さんが来られ待ち時間もハンパじゃないくらい長いのですがどこが妖しいかというと診たてをオーリングテスト、フーチ(分銅を付けた振り子)、波動測定器で行い(もちろんちゃんとしたドクターです)処方もほとんどが漢方なのです。
原因不明の症状をその診たてで見抜いて改善されるケースも多く、ワタスの周りでも信者?がかなりいます。
今回は寝ている時に電磁波の影響を受けているのと(夏場だけ変えた寝床の近くにコンセントと携帯のバッテリーチャージャーが有ったことで)外食比率が多いことで脂っぽいものを摂取し過ぎかつ生野菜不足がちによる酵素不足で身体のバランスが少し崩れているとのご指摘を受けました。
    2013-07-02 12.58.59.jpg 写真 2013-08-27 8 48 54.jpg
で、ここから野菜の話になるのですが、なぜ無理やり野菜の話に持っていくのかと言うと実は今日は野菜の日(8(や)31(さい))だからです・・
先生曰く、まず野菜は生でたくさんとること(生で食べないと酵素が摂取できないから)。ではなぜ酵素が必要かと言うと。
まず酵素とは簡単に言えば「体の中の反応を手助けしてくれる」モノ。その酵素は消化酵素と代謝酵素に分けられ、消化酵素が十分にあれば食べた物がきっちり消化され、老廃物(脂肪・コレステロール・有害物質など)は排泄されるので、健康、美容、ダイエットに効果的。逆に体内に酵素が不足すれば食べた物が消化されないため(消化不良)、体内(腸・血液)に未消化の脂肪、コレステロールなどが溜まりそれが中性脂肪となり肥満(メタボ)に繋がる。一方代謝酵素は人間が生きていくためには欠かせない新陳代謝を司る酵素で体内で生成された酵素が消化酵素ばかりに使われ、代謝酵素に回らなければ代謝が落ち脂肪が燃焼しづらく痩せにくくなるのでダイエットには大敵。酵素が不足し代謝が落ちればダイエットどころか、健康にも大きく影響する。その酵素は熱に弱いため、加熱した野菜だと本来の酵素の効果は失われてしまう。
だからだと。
とは言え生ならなんでもいいのかと言うと中国野菜はかなり危険なので控えた方がイイと。これは外食で出てくるサラダなどの野菜もさることながらパン、パスタ、うどんなどの小麦をはじめとした原材料にも気を付けた方がいいとのことで、コスト意識が高く安さを売りにしている大手チェーン等は野菜に限らず中国食品を使用している可能性が高いので要注意だということでした。かなり怖い参考→http://gucchoi.com/archives/8924
これは農薬など有害物質が体内に入るとそれを解毒しようと酵素を大量に消費してしまい、体内で作るには限界があるので結果酵素が不足し体調が乱れることになるというわけです。よってやはりそれなりの歳になると代謝機能が低下するわけですから体調管理にはそれなりの気配りとコストをかけ、自己責任でメンテナンスしていくことが必要かと。その差が今後の生活やシゴトぶりにもかなりの影響をしていくものと思われます。
まず体力の差、しなやかで衰えの少ない身体作りが不可欠です。そして気力の差、集中力や記憶力、そして何にでも興味を持つ好奇心や感性を維持もしくはこれから更に高めていくためにも、何を体内に取り込むかがとても大事です。
話しは無理やりまとめに入りますが。

「口に入れる食べ物で身体ができるように耳から入れる言葉で心ができる。だから愚痴や悪口を耳に入れない環境をつくる。すると運が向いてくる」

これは落合元監督の言葉。心技体ではなく、体技心。やはりアスリートだけあって大事な順番はまず体だと。体がしっかりしてこそ技が身に付き、そして心(人間力)ができると言われていて。で、その身体はどうして造るかというと口から食べ物を入れて、様々な養分を体内に取り入れ、そして排泄するという「循環」でできていきます。イイモノを入れてイイモノを細胞に取り込んでイイモノを出すのが好循環(イイコトをイイヒトから取り入れて自分のものにしたらそのイイコトを外に発信していくとまたイイヒトに巡り合えることが好循環)
野菜の日にこじつけて。これからも引き続きイイモノ摂りいれてイイモノを出す習慣を身につけようではありませんか。更に発展的に考えると、ニンゲンもワルイモノでも受け入れて自らがデトックス(解毒作用)し、イイモノに変えて放出するという酵素のような存在を目指すことで社会も企業も活性化していくのではないかと思いますがいかがでしょうか。
               P1000202.jpg
...

つづきを読む

半沢直樹の影響力恐るべし。就活生はあのドラマのどこに着目しているのか

8月28日
昨日は来年2014年4月に新卒定期採用1期生として入社予定の就活生への研修及び懇親会でした。
内定を出してから暫く間が空いていたので、ちゃんと来てくれるか若干不安でしたが無事4名全員が遅刻することなく集合していくれて一安心。
で、今回はどんなプログラムで進行するかを考えたのですがやはりここは一方的にコチラからレクチャーするのではなく彼らの今の物理的心理的状況を鑑みたディスカッションの場を設け、自らアウトプットすることで自身で気づきを持って帰ってもらった方がイイのではと思いグループディスカッション中心の内容で行うことにしました。
そのテーマは「社会人になる上での不安と期待」
4回生の彼らは泣いても笑っても喜んでも怒っても悲しんでも叫んでもチビっても学生生活はあと7か月です。基本その後の約40年はハタラク人生が待っている訳です。結婚を控えた花嫁がマリッジブルーになるように、退職を控えた企業戦士がリタイアメントブルーになるように、就職を控えた学生がワークブルー?になるという話しも聞こえてきます。
それにしてもニンゲンは自由な独身時代から夫婦生活という縛られる?関係になることでブルーになるかと思えば、縛り付けられていた組織からやっと開放されて晴れて自由の身になることでブルーになるという、ほなどうせぇっちゅうねんというくらい難しくも煩わしいイキモノですね(笑)
既に30年以上前のワタスの学生余命6ヶ月の記憶は昨日の晩ご飯のおかずすら思い出せない程海馬中枢と前立腺がイカレているワタスにとってはもはや忘却の彼方ですが、それでも何となく悔いなき学生生活をエンジョイしようと、クラブ活動を引退した後は沖縄に行ったりアメリカ西海岸に行ってイチビッテたように思います。
また、ワタスの場合当時はアホでしたから(今も?)就職先は給料とか安定には目もくれずどうせなら好きなことに関わったシゴトをしたいとスポーツ業界に入社したこともあり、ブルーになるという感覚はあまりなかったように思うのですが、それでも「これから先もう学生時代のように面白いことなんてないんだろうなあ」とも感じてたことも事実です。
で、今回彼らにディスカッションをして貰うと色々でてきました。
不安要素で特に面白かったのは「人間関係」。半沢直樹のドラマのように上司が部下を陥れるようなオドロオドロしいことが本当にあるのか、というような質問も含めてやはり人間関係にはそれなりに漠然とした不安を抱えているようです。確かにあれほど極端ではないかもしれませんが、出世競争、プライドのぶつかり合い、嫉妬、愚痴、陰口悪口等が蔓延する組織が多いのも事実ですし、いつの時代も退職理由の筆頭は待遇面ではなく人間関係ですし、半沢直樹の胸をすくような言動と行動がこれほど脚光を浴びるということは、脇を固めるどうしようもない上司達を現実に在する上司達とかぶらせてスッキリしているサラリーマンが多いと言うことなのでしょう。
          hanzawasan.jpg 半沢上司.jpg
希望面はやはりお給料を貰えることで得られる「生活レベルの向上」。特に女性陣はファッションとか美容にお金を使ってもっと綺麗になりたいという願望が強かったです。でも自立して親孝行がしたいという当時のワタスでは思いもつかなかった天晴れな意見も出たり、広い視野が持てるというような成長意欲もちゃんと表明できていましたね(エライエライ)
           写真 2013-08-28 9 42 41.jpg 写真 2013-08-27 17 03 08.jpg
そして全体を通して感じたことですが。
企業が彼らを迎えるに当たり、まずもって4月までに心がけることは極力彼らの不安要素を減らし、期待要素を大きくすること。今回のディスカッションでも、希望要素の多くはお給料を手にすることで得られる対価でした。これだけならどこで働いても同じ、当社で働くことへの希望ではありません。でも本当はシゴトそのものへのやりがい、シゴトをお金を得るための手段として考えるのではなく、シゴトそのものがいきがいややりがいや愉しみになり、学生時代にやっていたサークルやクラブや勉強より面白いと思えることです。
今年度は就活セミナー等でシゴトそのものに対する考え方や価値観をかなり強調して伝えてきたつもりでしたがそれでもまだまだワタスの伝え方が甘かったと反省しています。彼らが正式に入社してくるまでに彼らの頭の中を期待に満ちた状態にし、もちろんその後その期待通りの、いや期待を超える組織にすることを目標にしたいと思った次第です。
世の中の経営者の皆さん、半沢直樹がヒーローにならない組織作りをしていきましょう(笑)
...

つづきを読む

祝4,000本安打。もしイチローが野球選手ではなく営業パーソンだったら

8月25日
既に日本中を駆け巡っているニュースですがイチロー選手が4,000本安打を達成しましたね(パチパチパチ)
            20130822-085949.jpg
「誇れることがあるとすると、4000のヒットを打つには、僕の数字で言うと、8000回以上は悔しい思いをしてきているんですよね。それと常に、自分なりに向き合ってきたことの事実はあるので、誇れるとしたらそこじゃないかと思いますね」
「これからも失敗をいっぱい重ねていって、たまに上手く行ってという繰り返しだと思うんですよね。何かを、バッティングとは何か、野球とは何か、ということをほんの少しでも知ることが出来る瞬間というのは、きっと上手く行かなかった時間とどう自分が対峙するかによるものだと思うので、なかなか上手く行かないことと向き合うことはしんどいですけど、これからもそれを続けていくことだと思います」
「いえいえいえ、僕満足いっぱいしてますからね、今日だってもの凄い満足してるし、いやそれを重ねないと僕は駄目だと思うんですよね。満足したらそれで終わりだと言いますが、とても弱い人の発想ですよね。僕は満足を重ねないと次が生まれないと思っているので、もの凄いちっちゃい事でも満足するし、達成感も時には感じるし、でもそれを感じる事によって、次が生まれてくるんですよね。あの意図的に、こんな事で満足しちゃいけない、まだまだだと言い聞かせている人は、しんどいですよ。じゃ、何を目標にしたらいいのですか、嬉しかったら喜べばいいんですよ。と言うのが僕の考え方ですけどね」

彼のインタビューを乱暴にまとめると。
上手くいったことより悔しい思い、失敗してきた方にフォーカスしながら努力を積み重ねてきた。
とは言え満足を重ねないと次が生まれないので、嬉しかったらちっちゃいことでも喜べばいい。
ということでしょうか。
果たしてこのプロ中のプロスポーツ選手であるイチローのコメントは、ワタスタチが生息するビジネスの世界にも共通しているのでしょうか?もしイチローが野球選手ではなくビジネスパーソンなら。もしこの求道者が営業パーソンならどんな業績を叩きだしていたのでしょうか?
彼の卓越した実績を分解すると「持って生まれた才能×ぶれないモチベーション×弛まぬ努力」となりますが
更に臨床スポーツ心理学者で「イチロー思考」などの著書で知られる追手門学院大客員教授の児玉光雄氏による彼の分析は、
・天才に共通する点は高いモチベーションを維持する能力。
・ハイレベルなスピードでプレーするための身体と心の準備。自分にとって一番大切なことは、試合前に完璧な準備をすること。
・失敗の中には可能性が含まれている。常に失敗にフォーカスして改善する努力を怠らない。
・無駄な動きが一切ないから動きが華麗。「スイングの仕方なんて変えられませんからね。考え方としてはある動きを省いているということです」と成長しようとするとき、普通の人は何かを付け加えようとするが、イチローの思考は全く逆で無駄を省こうとする。
ということです。で、そんなこんなを営業パーソンに置き換えてみると。
・商談前に完璧な準備をすること(事前準備の徹底)
・失敗(失注)に常にフォーカスして弛まぬ改善をし続ける(PDCAサイクルのCとAに注力し続ける)
・ダメな時こそ営業トークを削ぎ落とす(セールス的な話す量を減らし聴く事に集中する)
・日々の仕事の中でも小さい成功体験に喜ぶ習慣を持つ(自己肯定感を心と体に刷り込む)
となります。ところで因みにもしイチロー選手が営業パーソンだったらという設問ですが(プロ野球の実績が何もない前提で)
イチロー選手のトークは万人に好かれるかどうかは微妙ですがとてもロジカルでわかりやすく、現時点でもコミュニケーション能力はかなり高い方だと思います。そこは更にブラッシュアップする余地はありますが、彼のことですから常に事前準備を完璧に行い、商品知識や周辺知識も充分に学習することでしょう。そして行動量はあるべき計画数から逆算したうえで淡々とその数をこなした上で(打席数の確保)どうすれば打てるか(契約数)を失注の中から改善していくことで、営業の世界でも有りえないほどの業績を積み上げて行くのではないでしょうか?
もし課題があるとすれば。
そもそも「営業」というシゴトを好きになれるかどうか。
自分が売る商品を買っていただくことがお客さまに貢献することだと心の底から思えるかどうか。
この2点で彼のモチベーションに火が点き、燃え続けることができるかどうかでしょうね。そもそもこの行動を支える原理原則への想いが確立せずに業績が上がらない営業パーソンがほとんどだと言っても過言ではありません。
ワタスは「僕もイチロー選手みたいになりたい!」と憧れてプロ野球選手を目指す子供たちの存在が野球界を成長させる原動力になるが如く、プロフェッショナル保険営業パーソンの存在を少年少女たちの憧れの存在にすることがこの業界発展の原動力になることだと信じて疑いません。
これからもスマート(体型ではなく)でユニークで知性と品性と人間味溢れた魅力的な人材の発掘と育成とプロデュースに力を注いで参りたいと思います。
              2013-03-21 23.48.54.jpg
          イチロー(もどき)とのツーショット・・・
...

つづきを読む

アルバイトから部長へ。昇進は叩いて上げるかどついて上げるかそれとも褒めて上げるのか。

8月22日
「叩上げ」とは下積みの苦労を重ねて技量を磨き、一人前になるという意味ですが。
本日8月1日付で部長に昇格した通称小川チンこと小川照美女史の部長研修を行いました。
               写真 2013-08-22 10 08 47 (HDR).jpg
彼女は10年程前、当時プランナーさんのアシスタントで採用され、その後当社の事務スタッフとしてアルバイトで入社したのですが、苦節10年の時を経てこの度部長を任すことに相成ったわけです。
これが「叩上げ」と言わずして何と言うのでしょうか。その昔には悩み過ぎてお年頃の女性ながら頭に10円禿げを3つも作っていたこともあるくらいですから「叩き禿げ」と言ってもいいかもしれません。
最たる同じ事例は東証一部上場企業のブックオフコーポレーションの橋本真由美社長(現相談役)ですね。彼女もブックオフ創業時に時給600円のパートタイマーで入社され、創業者に買われて社長にまでなられています。
バイトでもパートでも契約社員からでも実力があれば社長になれる。
なんとも素晴らしい会社ではありませんか!ではこの「実力」というのは一体どんなチカラがいるのでしょう?
数字を作るチカラ(営業力)
部下を管理するチカラ(マネジメント力)
アイデアを練って形にするチカラ(企画力)
部下を自分同等それ以上の能力を引き出すチカラ(育成力)

等々書き出したらきりがないくらい様々なチカラが求められると思いますが、その中でしいて何が最も大切かと問われるとワタス的には自分が所属する会社が好きかどうか、好きで好きでシカタ無いくらい好きかどうかではないかと思うわけです。チカラのベースにこの想いがどれだけあるかがとても大切なのではないかと思うわけです。
実は先日とても嬉しい出来事がありました。
社員総会で今期のテーマを発表した翌日に会社のコピー機の壁にその重要項目をスタッフに常に意識してもらおうと、プレゼン資料をペタペタと貼っておいたのですが、それをかの小川チンがワタスの部屋に乱入してきて、
「堀井さんちょっといいですか?怒らないで聞いてくれます?」
「なに?」
「コピー機の後ろに貼ってあるテーマ、あれ怖いです」
「なんで?」
「プロジェクターでプレゼンされたときはバックが黒でもイイですがあれをそのまま貼ったら威圧感がありすぎて逆効果です」
「そ、そうか」
「はい、せっかく社員総会で堀井さんの話に感動したのにそれが台無しです。うちの社風に黒は合わないです(キッパリ)」

                 写真 2013-08-19 21 52 50.jpg
で、せっかく土曜日に出てきて自ら貼った資料を翌日にすべてシロのバックに打ちかえてまた貼り直したのですが、その作業をシコシコしていると女性スタッフ達が集まってきて口を揃えて「こっちの方がイイです」と言うではありませんか。このやり取りの中でワタスが感じたことは、女性の感性への配慮はモチベーションにかなり連動するのだということ。そして最も嬉しかったことは一連の彼女の発言です。特に「うちの社風には合わない」というくだり。
曲がりなりにも創業者としてかなり社風作りにチカラを注いできた自負があるワタスに、きっぱりと「うちの社風には合わない」と言い切れる彼女は完全に私の存在を飛び越えて会社への想いや価値観が自分の肚の中に落ちきっています。こういった想いの総量が企業そのもののチカラに変わり、その結果が業績に反映していくのではないかと。よってこれはワタスの存在がこの世から消滅しても脈々と社風が引き継がれていくと言う証ではないかと1人感動したのでございます。
みなさま。
当社はアルバイトでもパートでも女性でもオカマでも元サーカス団のピエロ(I役員)でも元族のヘッド(K副社長)でも元全く売れないお笑い芸人(I関連会社社長)でも経営陣になれる会社です・・
今いるヒトタチもこれから来るヒトタチもこんな環境の中で傍楽いて、カイシャという生命体を恋に落ちるくらい好きになることで不可能が可能に変わり、描いた夢に向かうのではなく向こうから夢が近づいてくるというマジックを是非体験をして欲しいと思う次第です。
           写真 2013-08-22 12 19 10.jpg
    May I holos you?
        ~あなたらしい素敵な活き方応援します~

...

つづきを読む

精霊からのメッセージ。Uターンラッシュから戻ったらあなたは何を意識して活きますか?

8月17日
昨日は五山の送り火でしたね。お盆に迎えた精霊をふたたび冥府に返す京都ではなじみ深い伝統行事。
      dai2002.jpgtorii2002.jpg
子供の頃、クワガタやカブト虫をこよなく愛していたワタスは父親から「お盆すぎたら生き物は逃がしたらなあかんぞ」と言われながら、あまり意味がわからずかたくなに飼いつづけておりました。
その父親が他界してもう20年以上経ちます。因みに父は大正生まれの戦中派。
「わしはボルネオの首狩り族のところに駐屯してたんや。ボルネオの雷は地震のように大地が震えるんや」

なんて話をたまに聞かせてくれました。母親も他界して15年以上ですが、東京大空襲を経験しており、
「絨毯爆撃で焼夷弾が空からバラバラと降ってきてそれはそれは怖かったのよ」
なんて話も聞いたことがあります。
最近百田尚樹氏の永遠のゼロを読んだり、宮崎駿氏の風立ちぬを観たりしているせいもあり、戦争の悲劇に、お国の為に若者が散って行った無念さに心を痛める機会が多いのですが。一歩間違えればワタスの両親も戦争の犠牲者になっていたかもしれないなと。もしそうならこの世にワタスは生まれていなかったかもしれないんだなと。だとしたら今こうして在るだけでラッキーとしか言いようがありません。
もちろん死ぬことは戦争だけではありません。生命保険の仕事をしていると「えっあの人が?」と予期せぬ方が突然亡くなることや、まだまだ働き盛りの父親が病に倒れ愛する妻子を残して他界されることも往々にしてあります。生命保険は経済的に残されたご家族を支える商品なので往く立場の方も安心できる側面はありますが、それでも完全に無念さを消すことは不可能でしょう。
何が言いたいかと言いますと。
ワタシタチは、生きたくても生きれなかった数多の精霊たちの夢の世界にいるんだということです。
まだ見ぬ未来に夢を馳せ、希望や目標を持って活きることも大切ですが、今日、今、この瞬間を生きていることに感謝して、とにかく楽しむことがもっと大切なことではないかと思うわけです。
「今を楽しんでますか? そうか、楽しんでる。うん、それならよかった。それだけで僕は嬉しいよ。」

もちろんワタスはイタコでも審神者(サニワ)でもありませんが、お盆くらいは精霊たちの代弁者としてこの世に生を受けた全世界のカタガタに発信させていただきたいと思います。
人生楽しんだもん勝ちです。
合掌。

                 kaze061801-thumbnail2.jpg...

つづきを読む