今回の里帰りは年初からの計画だったのか

5月27日
今から遡ること22年前。
ワタスのニックネームはチャチャイでした。チャチャイと言うのはチャチャイ・チオノイというタイ王国屈指のプロボクサー。当時多分世界チャンピオンだったように記憶しています。
某生命保険会社に転職する際、ウケを狙って面接の自己紹介の時に自分で名付けました。
よって入社後暫くはチャチャイと呼ばれ、ここへ転職する前にボートに乗って日本に漂着したらしいとウワサされてました(いわゆるボートピープル出身のライフプランナー・・)
そのチャチャイが苦節22年、ついに母国に錦を飾る日がやってきました。
タイ王国.jpg
と言うのはウソですが、タイに行くのは本当です(今関空に向かっています)
実は年初にリスペクトする内藤忍さんに触発されて「今年やるべき100のリスト」を書いたのですが、その中に「年に1回は海外視察」を入れており。
因みに一昨年はカンボジア、去年はニューヨークに行ったのですが、今年は行くなら東南アジア、日本の保険会社が進出している国で参入余地がありそうな国としてタイ王国を選んだ訳であります。
ただ、法律も違うでしょうし海外で保険代理業がいきなりできるとは思っていません。でもしかし当社は教育事業や顧客管理システム等、顧客満足を高め保険事業者の成功を支援する事業を展開していますので、その辺りは国が違えどお役に立てる余地が充分あるのではなかろうかと踏んでいるのであります。
これで又100のリストの一つを達成できたと少し喜んではいますが、6月の折り返しで再度全体の進捗を棚卸ししたいと思います。
タイ王国里帰りレポートは改めて。
...

つづきを読む

タレントプロダクションアミューズはどんな魅力でトップアーティストを繋ぎとめているのか

5月26日
全国を5か所に分けてスタッフ陣がツアーしたイベント、当社俗称「志(し)のロード」も無事終了。今回は対話型を心がけました。
組織が大きくなるとどうしてもプランナーさん一人一人とのコミュニケーションの頻度と深度が低下してしまいます。その不足分をヴァーチャルではブログやコラムの発信やfacebookでの双方向受発信で頻度を補い、そして年2回のカンファレンスでリアルなコミュニケーションを行いその深度を上げるようにしているわです。
特に今回はぶっつけ本番での質疑応答に時間を割きました。プランナーさんからの経営に対する批判や要望、応援の目頭が熱くなるようなメッセージ、どれも真摯に受け止めてイベントをイベントで終わらすことなく、これからの経営に活かしていきたい思います。
いつもながら思うことですが、プランナーさんもスタッフも仕事を止めて集まることは直接的に生産性を上げることにはなりません。ですが創業以来26回を数えるこのイベントがなければ今の当社は無かったと断言できます。
それは、企業文化を創ってきたことも大事な要素ですが、もう一つ大事なことは宣言実行のサイクルをこのイベントで回してきたことです。「こんなこと考えてます!」とまだ実現していないこともこの場で宣言し、その後にその約束を果たすために行動するということをしてきたからに他なりません。もちろん当初は言ったことが全然できていないと批判を浴びることもありましたが、振り返ると時間の遅れはあるもののかなりの確率で実現できていると思います。
ところで。
当社がベンチマークしている企業は実は保険の窓口グループさんや保険市場さんや保険見直し本舗さんではありません。同業界ではなくアミューズ、吉本興業、ジャニーズ事務所等のタレントプロダクションです。
異能プランナーを率いる保険業界のタレントプロダクション。その発掘と育成、管理、活躍する場を提供するためのサポートを行うことを事業の中心に置いているからです。
で、芸能プロダクションとして株式公開しているアミューズさんをベンチマークしてみますと。
約100組の専属アーティストを擁し約300億円の売上高。なんとその4割の売上を3グループ(福山雅治・サザン・パフューム)が占めています。俗人的なスターを組織化し、特に人気アーティストを長期間繋ぎとめておく魅力は何なのでしょうか?
因みにアミューズさんの有価証券報告書の事業のリスク項目を見ると。
(1)主要アーティストについて
主要アーティストの活動が休止・停止した場合や、当社がマネージメント戦略上、これらのアーティストのメディアへの出演や活動を抑制した場合、当社の業績に影響がある可能性があります。主要アーティストの当社在籍期間は長いことが特徴ですが(サザン34年間、富田靖子29年間、三宅裕司27年間、福山雅治24年間)、専属契約はその期間が限定されており毎回更新できる保証はなく、主要アーティストとの専属契約が更新に至らなかった場合、当社の業績に影響がある可能性があります。
(2)アーティストの育成
当社グループが計画どおり新人アーティストを発掘し、専属契約締結に至るとは限りません。また、アーティストやアーティストが創作又は歌う楽曲等がヒットするために、アーティストに対し、長期かつ高額に及ぶ投資をしても、契約したアーティストが将来どの程度の収入を当社グループにもたらすかについては予測が困難であり、かかるアーティストの収益力次第では、当社グループの業績に影響が及ぶ可能性があります。
(3)優秀なマネージャーの確保
マネージャーの育成はアーティストの育成と同様に重要であり、マネージメントのノウハウの伝承と質の維持を図りながら育成に努めております。ただし、マネージャーが退社した場合は、アーティストの活動に影響が生じる可能性があります
優秀なプランナーさんを長期間に渡り契約してもらうこと。新人発掘と育成。マネージャーノウハウの伝承と質の維持。すべてが当社の目指すべき方向と一致します。
たくさん仕事を取る力。高いギャラを払える力。イメージを高め売り出す力。日々のシゴトをサポートしマネジメントする力。気持ちよく働く環境を生み出す力。ダイヤモンドの原石を発掘(採用)して磨く(教育)力。
これから先も同業者さんたちはもちろんヨキライバルでありヨキ仲間ですが、業界の常識や固定概念に捉われることなく異業種の成功企業にも目を向けながら、当社らしい、当社ならではの成長の道を歩んでいきたいと思います。
                  写真 2013-05-25 9 10 44.jpg
...

つづきを読む

ツカミのネタを考えるのと質疑応答の極意をツカむのはどちらが難易度が高いのか

5月22日
毎年春の恒例行事ホロスエリアカンファレンス。全国を5エリアに分けてスタッフ陣がツアーしながら当社プランナーさん並びに保険会社さんへ様々な情報開示を行うイベントです。
敢えてエリアに分けて行う目的は、日頃中々コミュニケーションする機会が持てないプランナーさんとの距離を縮め、ディスカッションしながら会社の方向性やビジョン、戦略を刷りあわせ、忌憚のないご意見やご提言、場合によってはお叱りの言葉を頂戴するためです。
昨日時点で先週東海エリアを皮切りに東日本、京阪エリアまで3か所を何とか終了することができました。
特に今回はワタスがプレゼンした内容を中心に様々なご意見や質問をいただき、それにお応えすると言う設えを1部のプランナーさん限定会議として企画。実はこれ、ぶっつけ本番でどんな意見や質問がでてくるかはその場にならないとわからないという状態で執り行うのでかなり緊張します(たまにはワタスも緊張します)

事実3か所で同じテーマでプレゼンしたわけですが、それぞれに出てくるご意見や質問は様々で。
普通の会社だと言いたいコトがあっても遠慮して中々言えそうにないこともズバズバと聞かれてくる方や「そうきたか」という角度から意見や質問が出てくる場合もあり、さすが当社は異能集団だなと再認識した次第です。
ワタスがそれぞれの質問者に納得のいく返答ができたかは微妙ですが、こうしてある意味膝を突き合わせて語り合うということが結果的には信頼や絆を強めることになり、応援のエネルギーをいただくことに繋がるんだろうと改めて思った次第です。
以下質疑応答の留意点は。
・発表者の言いたいコトの本質、根っこにはどんな感情や意図があるのかを理解しようとする。
・質問者に敬意を払い、質問者の意見を正確に描写しながら質問者の本意を確認し、例え意に沿わない意見や 質問であってもまず素直に耳を傾け、最初から反論しない(これが続くと場が活性化しなくなる)
・その想いや感情を理解したうえで具体例や例話法を駆使しながらいかにわかりやすくこちらの考えや意見を 伝えるか。
・返答した後に、意図した質問に対する返答になっているかを確認する(ご質問の答えになっていますか?)ここでもしなってなければ再度質問してもらう。
・始まる前に想定されうる質問を予測し、返答の準備をしておく。特に比喩、事例などどんな話題がわかりや すいかをイメージし、調べ、頭の中かメモに書きとめて本番に臨む(段取り力はどんな場合でもすこぶる大事)
以上あたりに留意して後半戦に臨みたいと思います。
ツアーに帯同しているスタッフ陣も神経と体力を消耗しながらもかなり顔晴ってくれていて、回を追うごとに前回の反省を踏まえながらそれぞれのシゴトの質を上げてくれています。
残すところあと2回。スタッフ全員の「行動」で当社の社風や文化、ビジョンや想いをしっかり伝え、常にプランナーさんと一体となって変化と進化をくり広げるユニークで強い組織にするためにも気を抜かずにやり切りましょう。
ワタスも負けないように笑いの質を上げて行こうと思います(結局そこか)

        935431_462763787134659_2091464583_n.jpg 943213_462763847134653_453629754_n.jpg...

つづきを読む

一万回聞いても一体験には到底及ばない

5月18日
当社恒例のエリアカンファレンスも2か所(東海、東日本)が無事終了。昨日はその合間を縫って朝から金融審議会ワーキンググループを傍聴に。
で、本日は快晴にもかかわらず自宅にてその傍聴レポートを書きあげました。
今ワーキングでは乗合代理業の規制強化を検討するにあたり、実務現場の意見も参考にしたいということで不肖ワタスが参考人として白羽の矢が向けられ数度にわたり出席をしてきました。そのお蔭で恐らく実務に携わる乗合保険代理店の経営者の中で最もワタスがその知見を得ているという認識を持たれているカタガタがそれなりにいるとみられ、最近その手の講演を依頼される頻度が上がってきております。
そんなこともあり、忘れないうちにレポートにしたためておくなんて何てワタスは真面目で誠実なヒトなのでしょう(自画自賛・・)
それはそうと。
様々なセミナーや講演の冒頭で、「結果を変えるには行動が必要でその行動を変えるには思考を変えることが必要で、その思考を変えるには深い気づきが必要である」ということをまずレクチャーすることが多いのですが。
この「深い気づき」を得るためにはインプットよりアウトプットする方が効果的であると更に追い打ちを掛けます。
ここで言うインプットとは「(講演)を聞く」「(本)を読む」的なことです。
アウトプットは「(講演)で話す」「(本)を書く」ことで。究極のアウトプットは「体験」することですね。だから今の結果を変えたければ今日の私の話をただ聞くだけでは、恐らく何も行動は変わらないし、結果も変わりません。少なくても私の話を必ず誰かにアウトプットしよう、同じようにパクってどこかで講演しようと思って、アウトプットを極力意識して聞いてくださいねとお願いします。
何が言いたいかと言いますと。
せっかくインプットしたことを、それだけで終わると余りにももったいないのでアウトプットしてできるだけ自分のものにしましょうと。それも必ずできるだけ早い機会にどこかで話したり書いたりしておきましょうと言うことが言いたいわけです。
百聞は一見にしかずと言います。
更に百見は一体験にしかずとも言います。
ということは一万聞(1万回聞くこと)は一体験にしかずと言うことで。
それだけ体験することが大切だということですね。
実体験としてはは落語の稽古。何回も何回も録音を再生して聞き続けても中々覚えることはできません。まずその音を書いて(PCに打ち込んで)覚えて、更に文章ごとに声に出して話していくことで徐々に噺ができるようになり、ソラで噺せるようになってから最後に感情移入をしていきます(これが正しいかどうかはわかりませんが・・)
よって今回ワーキンググループで傍聴(インプット)したことを書いてまとめる(アウトプット)ことにして(このまとめはホロスオフィシャルメルマガにて23日に配信する予定です)更に講演やセミナーでアウトプットしながら自らの気づきを深め、今回の規制に係るトコロは組織として取り組んでいこうと思っています。
まとめますと。
常に結果を出すヒトの習慣の1つは、インプットしたコト(本やヒトから学んだこと)をその量以上のアウトプットをすること(ブログに書いたり講演やセミナーで話す)

1回読んだり聞いたりして共感したことはそれ以上に誰かに話したり何かに書いたりすることで、より頭の中が整理され自分の意識下に定着し、行動にも繋がる可能性が高いということですね。
インプットからアウトプットの行動サイクルが情報やスキルを自分のものとし、自らの価値を上げて行くことに繋がるではなかろうかと思うのですが皆さんいかがでしょうか?

                写真 2013-05-17 17 28 08.jpg
              ...

つづきを読む

この時代(とき)あなたは何をフライングゲットしますか?

5月14日
今週は週初めから東京に移動して今日京都に戻って明日は名古屋に移動してまた京都に戻って明後日からまたまた東京に出かける予定の早得ひかりでしかグリーン車に乗れない根っからのドケチ社長@堀井ですこんばんわ。
因みに本日は朝から外資系金融機関の新規開拓営業研修をオブザーブした後、午後一で保険営業パーソン向けのセミナーのスピーカーを務め、更にその後エグゼクティブコーチング(経営者向けのコーチ)の事業をしている会社さんとの面談を終え、今PCと書類と着替えにその時いただいたハードカバーの本で鉛のようになった鞄が肩からずり落ちるのを何回も何回もかけ直しながらも何とか新幹線に乗り込みました。
               写真 2013-05-14 13 26 07.jpg       
聞くところによると本場米国のトップエグゼクティブ・コーチとして有名なマーシャル・ゴールドスミス氏の著名経営者へのコーチング料は年5千万円だそうです。商品無しの身体1つで1人から5千万円貰えるコミュニケーションスキルってどれほど凄いんでしょうね。
著名経営者達は5千万払っても彼と共有する時間に価値を感じ、それ以上の業績が上がる可能性があると判断して契約するわけですし、仮にその価値が無ければ次の更新は絶対に有りえないでしょう。機会があれば氏のコーチングをどこかで覗き見したいものです(受けるお金は払えそうにありません・・)
ところで今月は当社恒例のエリアカンファレンス。全国を5つのエリアに分けてカンファレンスを開催するため明日の東海エリアを皮切りに東日本、京阪、中四国、九州へと移動します。
このカンファレンスは2001年の創業以来継続しているイベントです。もちろん内容はその時々によって手を変え品を変えながら時代や環境、規模、ニーズの変化に合わせながらテーマを決めてきました。
で、今回のテーマは「進化するHOLOSの真価」
~この時代(とき)あなたは何をフライングゲット?~
フライイングゲットとは「先取り」という意味。いつの時代もどんな業種でも新しいビジネスを創造してきた武士(もののふ)たちの共通点はヒトより半歩先に見据えて先取りしてきたことです。
今アベノミクス効果で株価が急上昇していますがこれも同じですね。株で儲けるヒトは上がる前、半歩先に投資を始め、バブルがはじける前、半歩先に潔く売却する。これは不動産でもITでも同じです。米国の成功ビジネスを日本で先取りする。日本の成功ビジネスを東南アジアで先取りする。常に半歩先を予測し、その精度を測りながらもリスクを取って先取りしていくことが大切で、この半歩のリードによって結果10歩、100歩の差がつくのがビジネスの世界です。
年に二回開催するカンファレンスで、春は敢えてエリアに分けて開催する理由は、できるだけ小規模で双方向のコミュニケーションを心がけ、一方的なプレゼンでは無く共に考える場、極力発言していただく機会を提供し、一体感を醸成したうえで経営参画意識を持っていただき、できれば同じ方向を見れればいいなと思っているからです。
日頃中々会えないプランナーの方々と顔を合わせ、忌憚のないコミュニケーションができる貴重な機会。愉しみにしながらも、当社を選んでヨカッタと思ってもらえるイベントにしていきたいと思います。
スタッフの皆さん、HOLOS-MAGIC!で顔晴りましょう!
...

つづきを読む