風呂敷を広げたら畳むスピードを上げるのだ
風呂敷を広げたら畳むスピードを上げるのだ

先日の火曜日に当社エリアカンファレンスの最終舞台を無事広島にて終了し翌日は東京に移動。その新幹線内でブログを書いてアップしようとしたら消滅しちまって意気消沈したのですが、その後気を取り直して何件かの商談や打合せを終え、福岡に移動。そして今京都に移動中の新幹線で性懲りもなくブログに再チャレンジしている日本発売初日にiPadを購入したにもかかわらず使いこなせていない自称iPadの達人@堀井ですこんにちわ改めこんばんわ。...

つづきを読む

講演やセミナーや研修講師と噺家の共通点と違いは何か

5月27日
先月から月一の断食を始めていて今日は5月の断食日なのでなるべく遅めに起きて極力お腹がすかない様に過ごしている日曜日の昼下がり@芸名ホロス亭エロスこと堀井ですこんにちわ。
昨日は当社イベントスペースLAC-座恒例の落語会。前回3月に引き続き今回もワタスがプロのカタガタの前座として一席高座に上がらせていただきました。
演目は平林(たいらばやし)。
実は高座に上がる前の楽屋ではいつになく緊張してしまいヤバかったのですが、終わってみればなんとかそれなりの評価をいただきまホットしました。
これもそれなりの練習と師匠?桂春蝶くんのワンポイントレッスンのお蔭です。
お互い仕事もそれなりにやっていて彼も今は東京と関西を往復する毎日ですしワタスも同じくで、特にここ最近はカンファレンスで全国を移動しているので中々スケジュールが合わず、初めてチェックしてもらったのが今週の月曜日。その後東京で深夜23時から1回、そして当日の午前も彼の大阪の自宅に出向いてチェックしてもらいました(基本レッスン料は晩ご飯で)
仕事柄人前でしゃべる機会が多いワタスですが、講演やセミナーや研修講師として登壇するのと落語をすることの共通点は何かと言いますと。
・出来栄えは前始末、練習量に比例する。
・いくら練習しても本番の経験値が少ないと緊張する(スピーチや講師ではあまり緊張しなくなりました)
・ライブは極力早い目に「場」を掴むこと(講師では自己紹介での能力開示で信頼の場を創ること、落語ではそれがマクラにあたります)
・会場参加者(受講生やお客様)との一体感を造るため早い目にイジレそうなヒトを見つけておく(今回は優しそうな年配のカタを高座に上がってからまず探しました)
そして違いは。
・落語はテキストやパワーポイントなどビジュアルで訴求するものが無いので噺し方と身振り手振りのみで表現する必要がある。
・1人で何役も演じる必要がある。声、イントネーション、役どころに応じて角度を変える必要がある。
何より最も大きな違いは。
・講演や研修の目的は参加者に気づき与えたり業績を上げることですが、落語はシンプルに笑って楽しんでもらうこと。
よって本来は比較すること自体が間違っているような気もするのですが・・
1対多というシチュエーションで参加者が元気になって帰っていただくというところとか、人生を豊かにするお手伝いをすることは共通することなので。
どうせなら二つのスキルを融合させて落語を取り入れた研修とかパワポや動画をバックに見せながらの新作落語とかも企画しながら、愉しみながら継続していきたいと思います。
                    540175_339306096137862_203771025_n.jpg
  7月にも出演が決まったらしく嬉しくも有り憂鬱でもあるホロス亭エロスに嘲笑の↓を
                  
人気ブログランキングへ
...

つづきを読む

保険代理店が落語会をする真の理由とは

5月23日
今日を入れてあと4日。いよいよ今週の土曜になってしまいました。
そう、当社イベントスペース「LAC-座」で最も人気の高い恒例落語会。
前回ワタスがデビューを果たし、大好評につき?今回も調子に乗って出演することになっちまっているのです。
                  423240_271961012881605_100002031243694_629060_1428350415_n.jpg
   前回のブログ→http://kei-horii.seesaa.net/article/258178783.html
ダシモノは当日まで伏せますがネタを暗記するのはこの歳なので結構大変で。もちろんただ丸暗記すればイイモノではなくてちゃんと落語風?に感情をこめて演じる練習も必要です。
更に大変なのがマクラ(ネタ→寝た→寝たの上→枕→マクラって知ってました?)
いわゆる本番前のアイスブレイクと申しましょうか、これはあらかじめ決められた古典マクラがあるわけでは無いので(本当はあるのかもしれませんが)基本自分で考えないといけません。
でもマクラがあるからネタが活きるんです。
マクラがなければネタ気がしないのと同じです(ちょっと違うかも・・)
出会いの3分で信頼の場作りができなければ商談が前進しないのとも同じなんです(これはその通り)
で、タイトルの保険代理店がなぜ落語会をするのかという話になるのですが。
決して断じて絶対にワタスが元々落語が好きで自分がただ出たいという理由で大金をはたいてわざわざ本社にイベントスペースを作り、そこに高座を設えて開催したのではありません・・
そこには深~い訳がちゃんとあるのです。
そりは当社は「世界で最も保険金支払いが少ない保険代理店」を目指しており、万が一の事態を極力招かないための情報発信やサポート体制に取り組んでいるからで(未病サポート)
そのためには健康のバロメーターでもある「笑い」を日常生活に取り込んでいただくことが必要だと考えていて。
ガン細胞を退治するNK細胞を活性化するためにも「笑うこと」がとても大切だということは医学的にも明らかになってきているからです。
これは非効率な活動で即効性のある売上向上施策ではありません。
でもしかし。
もちろんプロのFPがレベルの高いコンサルティングをすることは絶対最低条件として。
それ以上の価値、つまり競合他社に圧倒的な差をつける付加価値戦略として、「我々のお客さまに対する思い」を具現化する行動として、きっと評価をいただく日が来ると信じているのです。
ネットではできない価値。複数商品の提供というセールスでの優位性以上の価値。
顧客満足を超えた「感動」という領域を目指すことを企業としてどう取り組むかがこれからもっと問われてくる時代だと思うわけです。
ライフプランニングスペース「L-cafe」ではスタバより美味しい珈琲をお出しし。
コンシェルジュはリッツカールトン以上のホスピタリティを提供し。
ディズニーにも負けないくらいのエンタメイベントを企画し。
もちろんライフプランニングから保険提案の局面ではどの代理店よりどのFP事務所より質の高いコンサルティングを行い。
創業理念である「企業や個人に安心で豊かな暮らしと夢の実現を支援し続ける」ホロスプランニングを実践していきます。
ということで。
今週の土曜日14時から京都LAC-座で開催の落語会「LAC-GO!!桂春蝶落語会」
笑う門には福来る。面白くなくても笑っていただける愛溢れるカタは是非参加してくださいまし~
http://l-club.jp/mielca/PublicSeminar.aspx?gId=1&sId=1&eId=33
   NK細胞が凍死するほど寒いマクラになる予感のプロスベリストの師匠に失笑の↓を     
                  
人気ブログランキングへ
...

つづきを読む

レディガガとマークザッカーバーグはどちらが凄いのか

昨晩全国行脚から京都に戻りました。...

つづきを読む

なぜ日本の被災者は世界を感動させなぜ日本の政治家は国民を絶望させるのか

5月18日
今週は京都から東京名古屋大阪と社内イベントで巡業し今日は新幹線で博多に向かいながら眠くなる前にこのブログを書いているさすらいの旅芸人@堀井ですおはようございます。
ブログのタイトルは橘玲氏著「かっこにっぽんじん(日本人)」のはじめに部分の引用です。
                 写真 12-05-18 9 16 48.jpg
橘氏の著作はほとんど読んでいるのですが、彼の常にシュールで斬新な切り口はコトあるごとに少なくともワタスの活き方に影響を与えてくれました。
特に13年くらい前名前を伏せて?出されていたゴミ投資家シリーズは金融マンとしてのワタスのバイブルになりタックスヘブン(税金のかからない国)に大した金もないのに自ら口座を開設したり(既に解約しましたが)、その勢いで当時日本で唯一あったオフショアプランナー(非課税国で資産運用のアドバイスをする専門家)という妖しい?資格を取得したりと、ワタスの購買代理志向を募らせ独立の意志を固める一端にもなっているといっても過言ではありません。
                  offsorebank.jpg
この本はまだ完読していませんがやはり著者独特の切り口で日本人という人種を様々な分野のデータや見識者の引用を絡めながら冷静に分析されています。
日本人って意外にそうだったのか・・っと思ってしまうこともかなりあり、日本人でありながら(タイ人ではありません)認めたくない特性も記されていましたが、それを知って日頃の自分の活き方にどう影響を与えるかは本人次第でしょう。
著者がこの本で何を読者に伝えたかったのかはイマイチわかりづらい部分もあるのですが、若干フライングではありますがあとがきにその答えが見つかりました。それは過去のすべての著作で伝えられているメッセージで。
「ここで最後に、もういちどだけ<夢>を語ってみたい。戦後日本の繁栄を支えてきたシステムが崩壊しつくしたとき、残骸のなかから新しい世界が始まる。国家に依存しない経済的に自立した個人だけが、その混乱のなかで、ユートピアへと達する道、すなわちエヴァンゲリオン(福音)を伝えることができるのだ。」
この本、自らを日本人というカッコの中にいれながら、改めて活き方を見つめ直すきっかけになるかもです。
    寝そうになってきたので強引に締めに持って行った手抜きブロガーに鉄槌の↓を
                   
人気ブログランキングへ
...

つづきを読む