レディガガとマークザッカーバーグはどちらが凄いのか

昨晩全国行脚から京都に戻りました。


東京、名古屋、大阪、福岡と各エリアでカンファレンスを開催し当社の未来戦略を参加者全員で共有。約400名の当社プランナーさんや業界関係の方々と交流をさせていただきとても有意義な時間を過ごさせていただきました。


この間メディアを賑わせていたのがレディガガの来日とfacebook上場の話題。


gaga.jpgザッカーバーグ.jpg


レディガガ26歳。マークザッカーバーグ28歳。堀井計53歳・・・


このワタスの半分しか生きていない若者に世界中が注目しています。


ガガのアルバム売上は1兆円を超しているとのことですし、facebookに至っては今回の上場での時価総額は約9兆円。
ガガ1人で1兆円か企業で9兆円かどちらが凄いかはよくわかりませんが兎に角凄い。ガガは大学ではいじめにあってNY大学1年で退学しているというし、ザッカーバーグもハーバードを中退している。そういえばあのスティーブジョブスも大学中退。
世の中を変えるほど影響力を与えるヒトタチに学歴なんて関係ないということなのでしょう。

まだまだ日本は高学歴偏重社会だけれど、ワタスも高学歴者コンプレックスが無いわけではないのだけれど、この事実は大学を卒業していないヒトタチや過去にいじめにあったヒトタチにも希望を与えてくれるし、採用する企業側も学歴偏重傾向を改め個性を伸ばす教育について考える機会になるといいのかもしれませんね。


ただ、やはり誰でもガガやザッカーバーグのようになれるわけがないことも事実で。卓越した才能に加え誰にも負けないくらいの努力をしてきた結果であるに違いありません。


じゃあワタスのような凡人レベルはいったい何をどこをどこまで目指せばいいのかということになるのですが。それはやはり今目の前にあるシゴトに全力を注ぐことしかないという結論に至るわけでございます。


よくよく考えてみれば心に響く感性や凄さの価値観はヒトそれぞれなわけですから、ガガとザッカーバークの凄さを比較すること自体あまり意味がないことで。見渡せばワタスの周りも凄いヒトタチが一杯いることに気づきます。


当社のプランナーで、佐賀を中心に早朝より公衆トイレをボランティアで掃除する「便所掃ジャー」を結成する夏秋隊長。


toilet.jpg


ブログ→「佐賀県を中心とした公衆トイレ掃除に使命感を持った集団(便所掃ジャー)の活動を報告するブログです。毎週金曜日の朝6時より佐賀県内や大川市の公衆便所を中心に自分の心の汚れも一緒に磨いています。隊長はファイナンシャルプランナーの夏秋寛。」→http://wing.area9.jp/benzyosoujer/article/0158331.html


ワタスと同級生でありながら100キロマラソンを完走するスーパーオジサン。走ることの楽しさや人生後半戦の愉しさを日々満面の笑顔と行動で実践する伝道師井上プランナー。


546507_310532409024465_100002031243694_725896_1035578983_n.jpg


当社のイベントでは常に司会進行役を買って出てくれて。どんなにスベッテも何回スベッテもまったくへこたれずに会場を盛り上げようと毎回スベリまくるプロスベリストの今村副本部長。


521439_3992591856983_1346503156_3633788_694812282_n.jpg


世界的に有名ではなくても。いつも接している身近にも尊敬や感動に値する凄いヒトタチが一杯いることに気づきます。
必ず誰にでもある凄いトコロ。


必ず誰にでもある尊敬や感動に値する性格や考え方や行動。
世間でいう大きさや凄さや業績や偉大さにのみ意識を奪われることなく。
1人1人のそんな部分を発見できる感性をもっともっと磨いていきたいと思います。
1人1人が小さな感動や微細な琴線感覚を大切にすることで、お客様や社会に大きな感動を提供できる企業になっていくのだと思います。


そもそも世の中に生を受けたのは、2億~4億個の精子の中からわずか1個(一卵性双子は2個)だけが卵子と結合するという奇跡的な確率によるわけですから。存在自体がとてもラッキーで凄いことだということです。


ワタスも凄くてミンナ凄いのです。

カテゴリー:日記のブログをもっと読む