チビでもデカくなる秘訣を発見

6月16日
最近10年程前に役員をしていたマーケティング会社の元部下との商談が多いのですが。
その彼は今では重要な事業部を任されるまでに出世していますグッド(上向き矢印)
当時から優秀だったのできっと重要なポジションに就くと踏んでいたのですがどうやらその目利きは間違ってなかったようで。
長年ヒトに関わる仕事をしてきたことでそれなりに他人サマの能力を測る目は培われているように思います(自画自賛あせあせ(飛び散る汗)
でもしかし。
どんなヒトでもヒトはヒトをある程度は客観的に評価できてしまうものですが。
問題は自分の評価ですパンチ
よく「身の丈を知る」とか「身の程知らず」とか言われるように。
もちろんここでいう「身」とは身長のことではなく(誰から見てもチビで悪かったなコンニャロゥもうやだ〜(悲しい顔)
力量とか能力とかポテンシャルとかキャパシティのことですが。
これが過大評価をしてしまいがちなのです。
自分を好きになることや自己肯定することは生きていく上でとても重要なことなのですが。
片一方で自分を常に客観視することも大切なことで。
これができないと成長を止めてしまうことになりかねませんバッド(下向き矢印)
で、ワタシの場合。
自分の夢や目標、成りたい自分への達成度合いが70%だとしたら。
他人サマの評価は今の自己評価の70%程度だと思うようにしています。
多分それぐらいが他人サマから観た客観的な評価なのだろうと。
だからまだまだ足りない部分を埋める余地があり。
だから奢らずヒトサマの意見を拝聴したり、理解を深める必要があると言い聞かせることにしています(ちゃんとできているかどうかは別ですが)
多分このスタンスでコミュニケーションができていると。
ヒトが「運」を運んできてくれて。
限りなく夢が向こうから近づいてきてくれるのですが。
これができていないとずっと自己評価と他人さまからの評価とのギャップに気づかずに「運」からどんどん遠ざかることになりますドコモ提供
常に自己肯定(自分のことが好き)しながらも謙虚さを失わない(自分なんてまだまだ大したもんじゃない)という。
一見相反することを人格内に共存させることで。
身の丈と身の程が一致して。
いつかチビでもデカイ人間になれるんだなぁ(久々の相田みつを調なんだなぁ手(パー)
       デカくなりたいチビ社長に愛のクリックを↓
           人気ブログランキングへ
...

つづきを読む

ジャニーズ事務所をベンチマークした保険代理店

6月15日
昨日発刊された業界専門新聞「新日本保険新聞」の特集記事に。
当社が掲載されました。
見出しは「保険業界のタレントプロダクションへ」パンチ
そもそも当社は。
流通小売業をベンチマークした来店型ショップを目指さず。
もちろんベーシックな訪問型乗合代理店の参考モデルなど無く。
一芸に秀でた才能溢れるタレントをプロデュースしマネジメントする芸能プロダクションを目指した訳です。
専門的な金融知識や幅広い人脈や卓越したコミュニケーションスキルを駆使して長期間に渡り新規開拓をし続けられるヒトをタレントと言わずに何と言いましょう(誰や変態ちゅうのはちっ(怒った顔)
そして保険販売のみならずその強みを異なるジャンルに移し変えながら事業を拡大してきたわけで。
もちろんタレントにはマルチタレント(歌って踊れて芝居もできる)もいれば役者一筋もいるわけですから。
当社のプランナーも保険一筋もいれば研修講師やコンサル業と幅広く活躍するモノもいますが。
その個々の目指す方向や自己実現欲求を大事にしながら如何にサポートしていくかもタレント事務所としての大切な業務です。
そんな当社のビジネスモデルを特集していただきましたので。
ワタシの爽やかな笑顔もアップで掲載されてますので(脂っこいタイ人顔はイランたらーっ(汗)
ちくと覗いてやってくださいまし手(パー)→https://www.holos.jp/upimages/information0261_1.PDF?rand=1862749497
一押しタレントのDVDに興味あるカタは→http://www.shinnihon-ins.co.jp/
   今一売れないドサ周り経営者に愛のクリックを↓
           人気ブログランキングへ
...

つづきを読む

梅と悔

6月13日
どうやら近畿地方も入梅の様子雨
家でまったりPC叩きながらテレビを観ているよくある日曜日の風景@堀井ですこんにちわ。
どうやら今日はこのまま外出せずに夜を迎える勢いです。
ここ2週間程ワタシとしたことが体調を崩したこともあり今日も雨につき超スロージョグも行けずバッド(下向き矢印)
運動不足ですふらふら
昔はスポーツが好きで仕事もスポーツ関係を選んだ程だったのが最近は決まったスポーツや習慣も無くなり(家で朝を迎える時にぶら下がり健康器にぶら下がって懸垂と腹筋をやる程度)
かろうじて食事調整で体重コントロールをしている状況で(毎晩ヘルスメーターに乗って増えてたら翌日中に戻す程度)
かといって文化的な取組みはというと、コンスタントな読書生活もツィッターの出現やiPadの購入で明らかに減っておりバッド(下向き矢印)
ピアノの練習もケツ割状態ですし一昔前にはまったスピリチュアル世界探求も差ほど深まっておらず。
どうも中途半な状態ですたらーっ(汗)
過去20年以上ビジネスとプライベートの区別無い生活を続けてきて。
気がつくと人生の折り返しはとっくに過ぎておりがく〜(落胆した顔)
いつ逝っても「悔い」無きようにやりたいことを「たな卸し」しようかと。
なんて思ってたら「梅」「悔」の字が似ているなと。
梅雨の語源には、この時期は梅の実が熟す頃であることからという説が有力ですが、“毎”日のように雨が降るから「梅」という字が当てられたという説も有り。
「悔」という字は「毎日の心」と書くわけで。
日々悔いある時間を過ごす程もったいないことは無く。
まさに「逝き方」は「活き方」なので。
入梅の日に悔い無き生き方を再考して行動を変化しようと思った次第です。
最近少し行き詰っていらっしゃるカタガタパンチ
出梅(梅雨明け)は自分の力では決められませんが。
出悔(悔い明け)はこの一瞬から自分の思考で変えられます。
自然界に雨が必要なように(草木が成長するためにグッド(上向き矢印)
人生にも雨は必要で(自身が成長するためにグッド(上向き矢印)
どちらも必ずちっ(怒った顔)
晴れる時が来るんだなぁ晴れ(これでもナンチャッテ心理カウンセラーなんだなぁ・・)
           P1000023.JPG
          
  
       悔い多き経営者に愛のクリックを↓
          人気ブログランキングへ
...

つづきを読む

中小企業の成長を妨げるものとは(堀井計の午睡)

6月9日
6月もはや半ばに差し掛かり。
国内大手企業の決算が若干持ち直し、組閣も一新されて日本も明るいムードかと思いきや南欧の信用不安で世界経済が揺れだしてあせあせ(飛び散る汗)
我々中小企業には生涯「安定」が訪れることは無いと思う今日この頃。(もっともそれを望むなら起業などせず公務員を目指してるのでしょうが)
ところで中小企業経営者の相談相手といえば一般的に思い浮かぶのが税理士さんですが。
先日顧客の顧問先のある先生が。
「実は中小企業の成長を止めているのは税理士の責任でもあるんですふらふら

と自らおっしゃられました。
その意図を聞くと→http://www.holos.jp/index.php?page=lifecolumn_list&menu_year=2010&menu_month=06&exptitlename=2010-06
...

つづきを読む

感謝感激雨あられと言えば

6月8日
当社は全国に18拠点展開し。
生損保30社を扱う保険代理店。
保険会社にはサポーター(ソリシターとも言います)と呼ばれる代理店をサポートしてくれる営業社員のカタがいらっしゃるので。
ざくっと総勢「18拠点×30社=540名」のカタガタが当社をサポートしていただいてることになりがく〜(落胆した顔)
感謝感激雨あられおかきせんべえポテトチップスかっぱえびせんです←意味不明あせあせ(飛び散る汗)
本日はある保険会社さんの1社が。
いかに当社をサポートするかを当社のみのために1日かけてミーティングするということで全国から京都に結集していただきました。
日々の業務がある中、貴重な時間とコストを割いてサポートをいただく姿勢に敬意を表し。
表敬訪問いただいた皆さんを出迎え。
ワタシも1時間みっちり皆さんとディスカッションさせていただきましたパンチ
一昔前なら1代理店の為にそこまで保険会社さんが尽力することなど考えられなかったのではないでしょうか?
9年前に一人で始めたちっぽけな代理店がそこまでしていただけるまでに成長できた喜びと今まで支えてくれたスタッフへの感謝、そしてその想いに報いるべく更なる成長へのモチベーションをいただいた感謝感激雨あられおかき柿ピーおたべ東京バナナ博多通りもんの良き1日でした(←再意味不明+ちょっとうざいけど以外と感謝を表すときにこのフレーズ、つまりあられの後に色々お菓子系をくっつけようと考えて使うヒトが出てくることを期待しています・・)
        うざい堀井に雨あられのクリックを↓
          人気ブログランキングへ
...

つづきを読む