失敗するには理由がある。売れる人の法則とは何か。

『ぼくは天才ではありません。
なぜかというと自分が
どうしてヒットを打てるかを説明できるからです。』
...

つづきを読む

アドラーの教え。嫌われる勇気がないならせめて「今ここ」に集中するのだ。

6月14日
ここ数日、何人かの社員から「お疲れですね」と言われました。
確かに少々お疲れ気味ではあるのですが、それを指摘されることは嬉しくも有り情けなくも有り。何が嬉しいかと言うと少なからず関心を持ってもらっているんだなと実感できること。人は自分に関心を持ってくれている人がいることを実感した時に倖せを感じるのではないでしょうか(ちょっと病んでいる?)。それとそれを曲がりなりにも会長という立場の私に社員がちゃんと口に出して言ってくれること。上下関係を気にせず気軽に指摘してもらえる風土ができてることを嬉しいと感じるのです。
一方情けないことは、やはり疲れた表情を見せてしまっている自分自身に対して。この時期は当社の決算が迫っていること、中期計画を策定することに加え、今保険業界は委任型募集人の適正化という大きなうねりの中で、新制度の説明会や個別面談で全国を回っており、手取りが下がったり、このままでは雇用ができない状況のプランナーさんたちとのコミュニケーションはある意味生活を賭けた話し合いでもあり、真摯に向き合えば向き合う程相当にエネルギーを使うことになります。更にこれは200人以上のヒトタチを雇用することで変化する経営数値との葛藤であり、かじ取りを間違うと船そのものが傾くリスクも孕んでいるのでさすがにストレス耐性が強い私(単なるKY?)もその辺りが顔に出てしまっているのかもしれません。
そんなこんなでブログ更新も本を読む頻度も減少気味だったのですが、久しぶりに読んだのが「嫌われる勇気 自己啓発の源流アドラーの教え」。
            02581-9-thumb-208xauto-23983.jpg
一応これでも心理カウンセラーの端くれなのでアドラーのことは昔少し勉強したことはありましたがすっかり忘れていました。この本はアドラーの教えを対話形式で解説されているのでとてもわかりやすかったです。因みに心理学の世界ではフロイトやユングがあまりにも有名なのですが、彼らの学説とは少しアプローチが違います。彼らはトラウマや潜在意識など、人生は過去の体験や感情に影響される因果律?を説いているのに対し、アドラーは原因ではなく目的にスポットを当てています。以下は私の備忘録の抜粋の抜粋です。
『全ての悩みは対人関係の悩み。人は今この瞬間から変われるし、幸福になることができる。問題は能力では無く勇気なのだ(アドラーは勇気の心理学)
・大切なのは何が与えられているかでは無く、与えられたものをどう使うかだ。
・人は対人関係のなかで「私は正しいのだ」と確信した瞬間、すでに権力争いに足を踏み入れている。
・アドラー心理学では、他者から承認を求めることを否定する。我々は他者の期待を満たすために生きている のではない。他者からの承認を求め、他者からの評価ばかりを気にしていると最終的には他者の人生を生き ることになる。
・自由とは他者から嫌われることである。他者の評価を気にかけず、他者から嫌われることを怖れず、承認さ れないかもしれないというコストを支払わない限り、自分の生き方を貫くことはできない。つまり自由にな れない。
・対人関係のゴールは「共同体感覚」(他者を仲間だとみなし、そこに自分の居場所があると感じられるこ  と)
・自己肯定と自己受容は違う。
 自己肯定→できもしないのに私はできる、私は強いと自らに暗示をかけること。
 自己受容→できない自分をありのままに受入れ、できるようになるべく前に進んでいくこと。→肯定的なあきらめ。
「神よ、願わくばわたしに、変えることのできない物事を受け入れる落ち着きと、変えることのできる物事を変える勇気と、その違いを常に見分ける知恵とをさずけたまえ(ニーバーの祈り)
・信頼とは、他者を信じるにあたって、いっさいの条件をつけないこと。
・他者貢献とは、わたしを捨てて誰かに尽くすことではなく、むしろ私の価値を実感するためにこそなされる もの。
・人生とは連続する刹那である。
・人生全体にうすらぼんやりととした光を当てているから過去や未来が見えてしまう。もし「いまここ」に強 烈なスポットライトを当てていたら、過去も未来も見えなくなる。今ここに真剣に生きる。人生における最 大の嘘、それは「今ここ」を生きないこと。
・他者に貢献するのだ、という「導きの星」さえ見失わなければ迷うことは無いし、何をしてもイイ。もし判 断に迷った時は、より大きな集団の利益を優先することだ。自分より仲間たち。仲間たちよりも社会全体。 そうすれば判断を間違うことはないだろう。』

ま、興味ある方は是非本を買って読んでください。
「疲れてる」とご心配いただいている少数の皆さん。関心を持ってくれて本当にありがとう。
それだけで私は倖せです。この歳になっても「嫌われる勇気」は中々持てない未熟な私です。今まで失敗もたくさんしてきましたが、たくさんのチャレンジをしてきたのだと自己受容し、これからも過去を振返って下を見るでは無く、未来に想いを馳せすぎて上を向きすぎるのでもなく、「今ここ」に全力を注ぎしっかり前を向いて前進していきますのでどうかこれからもよろしくお願いしますね。
          2014-05-30 20.07.15.jpg

           
...

つづきを読む

果たして不格好経営という超カッコイイ経営手法は真似ることができるのか
果たして不格好経営という超カッコイイ経営手法は真似ることができるのか

先日読了した百田尚樹氏著「永遠のゼロ」に号泣し。...

つづきを読む

リーダー学。本当に教えないほうが人は育つのか

5月1日
ゴールデンウィークの狭間。週明けからの怒涛のイベントラッシュに備えて後半もプレゼン資料作成に費やすことになりそうです。
ま、どこに行っても混雑してるし旅費も高いしいつも遠出を避けて読書か近所でお茶を濁しているので例年通りの過ごし方ですね。
読書の方は明日にでも数冊買いこむ予定です。何か面白い本があれば是非紹介してくださいね。
先日あるカタからご紹介いただいた梶村啓二著「野いばら」はとても面白かったです。村上春樹さん然りですが、最近小説家の想像力や表現力、編集力にとても魅かれます。
そして最近読了したのが『「教えないから人が育つ」横田英毅のリーダー学』
              4062183102.jpg
ワタスの勝手メンター天外伺朗さんの近著。今回のモデル横田英毅さんは高知の自動車ディーラー「ネッツトヨタ南国」の代表であり、苦戦が続く自動車業界の中で売り上げを伸ばし、突出した業績を上げて世の人々を驚かせた経営者として有名です。
その横田さんの経営スタイルが、なんと「教えない」「指示命令をしない」「褒めない」「叱らない」・・・
「ほな社長は一体何すんねん!!」と思いますよね?
これを著者の天外さんは「存在(Being)のマネジメント」と定義付けます。それに対して一般的にこうあるべきと思われているのが、経営者がどう発言し、どう行動するかを問う「行動(Doing)のマネジメント」。そして「存在のマネジメント」が実行できるためには、経営者に「愚者の演出」が要求されると(ワタスは演出しなくても愚者ですが・・)
これを横田さんは。
「教えたら自分で学ぶという力がなくなってきますよね。こうしなさい、ああしなさいって教えまくったら、相手は言われたとおりにやるロボットになります。後でわかったのですが・・言われたとおりやっていると、最後は言われたことすらできない人になります~中略~ですから、いわれなくてもできる、何をどうしたらいいのか自分で考えてできる人財の集団組織、これを作ればいい。」
と体験談を語られています。
実は当社のリクナビサイト(http://job.rikunabi.com/2014/company/top/r122370060/)に「当社は指示命令をしないマネジメントを行っています」と掲載されています。突き詰めると「行っています」ではなくまだ「目指しています」という領域。よってこの横田さんの経営手法はとてもとても共感できます。
経営者はどうして自分の能力を必要以上に誇示し、自分がいなけりゃ会社は成り立たない、自分の企画や指示は常に正しく忠実に履行する部下しかいらないと思いがちですね。でもいくら能力の高い経営者でもやがて年老い、後進に身を譲るときが来ます。その直前になって慌てふためくより、「愚者の演出」をしてでも社員が自分で考え、自分で行動する組織を作ったほうが組織のためでもあり社員のためでもあるということでしょう。
文中、ネッツトヨタ南国の若手女性社員が社長のことを「どんな人ですか?」と聞かれたときの答えが。
「そうですね、ひとことでいうと戦略的に存在感を消している人です・・」
この言葉、凄いと思いません?言う方も言われる方も凄い。
これからワタスも戦略的に存在感を消すことを目標にしたいと思います(え?戦略的じゃなくても既に無いって?)
今のマネジメントに課題を抱えているリーダーは是非ご一読を。
...

つづきを読む

村上春樹の小説を読むことはあなたの人生にどんな影響を与えるのか

4月20日
ワタスが今年たてた100の目標の1つに「小説を10冊読む」というのがあります。
実は読書は結構するのですが主にビジネス書で、今まで小説を読むのは海外に出かけるときに飛行機の中で読むくらいでした。ですが、すでに今年も3分の1が過ぎようとしており「こらあかんがな・・」と思っていた矢先に出版されたのがかの村上春樹氏の「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」。実は恥ずかしながら春樹作品を読むのは初めてでした。
                41NAeswPUWL._SL500_AA300_.jpg
それにしても発売7日で既に100万部を超えたというのですから凄いですよね。
で、先ほど読了したのですが流石は春樹作品、奥が深くて濃厚で面白い。多崎つくるが心の奥底に蓋をした過去の傷と向き合う深層心理学的内容もさることながら、とにかく比喩力というか描写力というかその表現力がハンパない。
そこでワタスはワタス的に村上春樹小説を読むことにより果たして読者は何が得られるかということを考えてみました。
ビジネス書は直接的にそのナウハウやスキルやモチベーションに影響を与えます。小説でも戦国時代や幕末の歴史小説等はその生き様や戦略、人を動かすマネジメント力等を今置かれている立場に投影し活かすことができます。
では村上春樹小説は・・ワタスは彼の感覚的には2行~3行ごとに飛び出してくる多彩な比喩的表現が白紙に印刷された無機質な黒文字に一つの生命を与え、読み手の脳内にイメージが湧き起こるというその描写力にこそパクる、いや学ぶ価値があるのではないかと思ったわけです。
「生死を隔てる敷居をまたぐのは、生卵をひとつ呑むより簡単なことだったのだ。」
「精神を鋭く集中し、1か所にしっかり焦点を結んでいれば、レンズが陽光を集めて神を発火させるのと同じ ように、心臓に致命傷を与えられるに違いない。」
「彼は心を静め、目を閉じて眠りについた。意識の最後尾の明かりが、遠ざかっていく最終の特急列車のよう に、徐々にスピードを増しながら小さくなり、夜の奥に吸い込まれて消えた。あとには白樺の木立を抜ける 風の音だけが残った。」

春樹小説を読みこなしていけば、自然に講演や研修で人を惹きつけることはもちろんのこと、日常の会話でも特別なヒトとの会話でもリアルなコミュニケーション時に、またブログやコラムでの文章表現においても奥深い魅力的な描写力を身につけられそうな気がします。
何よりワタスは・・・
感動や感銘を与えるヒトやシゴトを見るにつけ、自分がそれをやりたくなるという悪いクセがあり。
死ぬまでに一つは小説を書いてみたいと思った次第です(できれば官能小説を・・)

過去に書いたWeb小説「実録風ザ・購買エージェントへの道」はこちらから無料でプレゼント↓
https://www.ins-navi.net/horii/index.cgi
...

つづきを読む