ゼロ宣言の家。健康の要は住環境を整えることに有り。
ゼロ宣言の家。健康の要は住環境を整えることに有り。

It’s a piece of cake!

仕事でミスをした。
企画会議でダメだしされた。
上司から厳しい叱責を受けた。
ノルマが達成されそうにない。

僕たちに降りかかる、日々のこうした出来事。気分が落ち込んだり、自信をなくしてしまったり・・そんなときにも、「それはちょうどいい」と唱えるんです。そしてそのあとに「じゃあ、〇〇をしよう」と付け加えること。上司から厳しい叱責を受けたとき、「それはちょうどいい。同じようなトラブルを起こさないよう、上司や仲間とのコミュニケーション量を増やして、指示の意図をつかめるようにしておこう」と続けるのです。

因みに、「宇宙兄弟」のエピソードの中でも、「それはちょうどいい」と同じような魔法の力を持った、とても素敵な魔法の言葉が登場しています。それが冒頭の「It’s a piece of cake!」(楽勝だよ!)という言葉です。強がりでも虚勢を張るのでもなく、「それはちょうどいい」と声に出すと、目の前のハードな出来事さえも一旦受け止めることができます。「楽勝だよ」と声に出すと。「じゃあどうしようか?」というアイデアが浮かびます。~「宇宙兄弟 完璧なリーダーはもういらない」から抜粋~

こんばんわ。健康のためなら死んでもいい満身創痍の経営者@ケーホリーです。

体調を崩してからかれこれ2週間になります。中々咳が止まりません。おまけに抗生物質の副作用からか胃の調子も思わしくなく。でも・・

「It’s a piece of cake!」

腹筋を使い過ぎてこの歳でシックスパックになる勢いです。毎週の加圧トレーニングでもここまではなりません。怪我の功名です。でもこれを機に、今にも増して健康管理には留意して咳き込まなくてもシックスパックを維持するバディにしよう!と毎年決意を新たにしているような気もします(笑)

保険業界の先にあるもの

月曜は年に一度の定時株主総会。弊社は純粋持ち株会社ホロスホールディングス傘下に4つの事業会社と1つの準備会社があるので都合6社の株主総会を執り行ないました(無事すべての議案は成立しました)

火曜は土地バンクリース会社の営業会議から午後は兼ねてより進めていた大型土地開発案件の決済がようやく結実したので先方様との確認の商談を終え、水曜は弊社のRPA開発を取り上げていただいた新聞を見た同業代理店さんが立て続けに2社訪問をいただき、課題解決にむけての相談。木曜からは東京出張で乗合代理店協会の臨時理事会、午後からはLGBTのメディアを運営されているベンチャー企業さんとの商談。

金曜は入社面接が2件に商談が2件、夕方からは日本損害保険代理店協会さんの年次コンベンションに来賓として参加。いつもながら保険業界の錚々たる顔ぶれが一堂に会するビッグイベントでした。その後は更に某協会理事長との将来ビジョンの擦り合わせ、そして土曜日は丸一日某ベンチャー企業にコミュニケーションスキルの研修を行い、今帰りの新幹線でこのブログを書いております。

このように5つの会社と1つの協会の仕事が1週間の中に程よくブレンドされながら、体調を崩しても既に入っているスケジュールに穴を開けるわけにはいかずに京都東京間を行ったり来たりする生活をもう15年以上続けています。

あ、別に愚痴や泣き言を言いたいわけではありません。ロートル老害経営者の1丁目1番地は何を置いても「健康管理」だと言いいたいのです。

と言う事もあり、先週の日曜に健康にまつわるセミナーを受講してきたのですが、その内容にいたく感動をしたのですよ。そのセミナーとは、

「本当に良い家づくりセミナー ~住宅展示場では教えてくれない本当のこと~」

ゼロ宣言の家とは

健康管理と言えば、一般的にイメージするのは「運動」と「食事」ではないでしょうか。適度な運動と身体に良い食事を摂取すること(身体に悪いモノを摂りいれないこと)。あとはストレスフリーな生活を心がけること。世の中は健康ブームですからビジネスにおいてもライザップを代表としたパーソナルジムやビタミン・ミネラル等多岐に渡るサプリメント、メディアで身体に良い食材が紹介されれば翌日にはスーパーの売り場が空になり、マインドフルネス等のメンタルトレーニングも大手企業を中心に導入されています。

例外に漏れずワタスも加圧トレーニングに毎週通い、毎日マルチサプリを飲み、野菜中心の食生活を心がけ、寝る前には適度な頻度で瞑想をしています。要するにそれなりに意識して健康への投資(時間とお金)をしているのです。そんな健康オタクに近いワタスでも盲点だったのが「住環境」。

つまり人生の中に一番長い時間を過ごす「家」が健康に大きく関わると言う事実です。

今回のセミナーで、身体に悪いモノを一切使わない家を建てることで、健康を維持するばかりか病気をも治すという「ゼロ宣言の家(身体に悪いものをゼロにした家)」なるものの存在を始めて知ったのですよ。

一見「ホンマかいな・・」と思う方がいても当然なのですが、その家に住むとアトピーや喘息が治ったり、高血圧や糖尿病や、なんと脳障害をも改善したりするのです。

「ホンマかいな・・」

と思う方がいても当然です。ですが、この病気、病状の変化には、なんと医師によるエビデンスやCASBEE住まいの健康チェックリスト(建築環境総合生活評価システム)と言われるオフィシャルな調査結果でも全項目で大手住宅メーカーを超える結果を出しているのです。

細かい内容にご興味ある方は開発者の澤田升男氏が書籍も出版され、ベストセラーになっていますので是非お読みください↓

https://www.amazon.co.jp/%E6%96%B0%E7%89%88-%E4%BD%8F%E5%AE%85%E5%B1%95%E7%A4%BA%E5%A0%B4%E3%81%A7%E3%81%AF%E6%95%99%E3%81%88%E3%81%A6%E3%81%8F%E3%82%8C%E3%81%AA%E3%81%84%E6%9C%AC%E5%BD%93%E3%81%AE%E3%81%93%E3%81%A8%E3%80%82-%E6%BE%A4%E7%94%B0%E5%8D%87%E7%94%B7/dp/4862505406

この本を読めば、運動より食事より「住む家」の方が健康には重要ではないかとさえ思います。

まとめ

家は人生の中では最も高い買い物です。私たちはその大きな買い物を決断される局面でよくライフプランニングを仰せつかります。それは基本住宅ローンを組んで買う方がほとんどであり、大きな借金を払っていける資金的余裕があるのかどうか、その後の人生で必要となる教育資金や老後資金にも対応できるかどうか、購入後も安心で豊かな人生が送れるかどうかをシミュレーションし、アドバイスを行うことが保険設計上も極めて大事だからです。

もちろんこれは今後も継続してやり続けるわけですが。

生命保険業界が急速にヘルスケアの領域に近づく中、将来設計士(保険募集人)のもう一つのミッションとして押さえていく必要があるのはクライアントに元気(健康)で長生きいただく為のアドバイスやサポートを行うことではないかと思うのですよ。これからも澤田先生(セミナー講師)に健康住宅についてのご指導をいただくつもりです。

人生で最も長い時間を過ごす「家」の中での生活すべて(呼吸、温度、睡眠、電磁波、波動、水、有害物質の除去、ダニの有無等)の環境を整えることを検討してみてはいかがでしょうか。

総合生活支援業のホロスグループの採用情報です↓

トップページ

 

カテゴリー:日記のブログをもっと読む