インターンシップ。なぜ日本の学生は安定志向が多いのか。
インターンシップ。なぜ日本の学生は安定志向が多いのか。

今週は個人的夏休み明けで時差ボケからか原因不明の微熱と頭痛からスタートしましたが2日目から仕事&連チャンの会食で完全に日常の仕事モードに切り替えられた時差ボケ欲ボケ天然ボケ@根っからの貧乏暇なしボケ老人ケーホリーですこんばんわ。

今週も前職の元部下から還暦祝いをしてもらい赤いスニーカーをいただきました。これまでに赤いチーフ、赤い着物の帯、赤いネクタイ、赤いTシャツ、赤いコインケース、そして赤いふんどしと「赤い」シリーズをたくさんいただいていて嬉しい限りです。あといただくとしたら赤いキャップですかね(笑)


ところで。

28日火曜日に某証券会社からの依頼でインターンシップの学生30名が弊社に来社し不肖ワタスが講演をいたしました。なぜワタスが指名されたかと言いますと、「上場を目指す企業の経営者から学ぶ」という単元があり、そこでワタスに白羽の矢が立ったというわけです。

参加者のほとんどが3年生(中には1年生も)で男7割女3割というところでしょうか。基本「イイ会社?」に就職すべく夏休みを返上しインターンシップとして参加しているわけですから人生に前向きな学生ばかりです。京都はまだまだ暑さMAXの中、全員が汗ダクでリクルートスーツに身を包んで来社される姿が初々しくて、その姿を見た時に「この将来を背負う若者たちに何を伝えてやればいいのか」という想いが頭をよぎりました。

予め予定されていた講演時間は1時間。結果質疑応答を含めると1時間半くらいになりましたが、その間で予定通りのIPO(株式上場)にまつわる講義時間は10分くらい(笑)ではあとの時間はどんな話をしたかというと、人生そのものの話や、企業の存在価値の話、これから面接官の心を動かすためにはWHYから始めることが大切(サイモンシネックのゴールデンサークル理論)だという話。極め付きは、人生の成功の90%以上は「運」で決まるという話(笑)

まさかIPOの話を聞きにわざわざ京都の会社まで来て、そのIPOを目指す会社の社長から「運」の話をされるとは思っても見なかったのではないでしょうか(笑)

でもその反応は上々で上場の話よりはるかに学生たちは身を乗り出して聞いていたように見えました。質疑応答の時間では、次から次に手が上がりました。その中の最初の質問に、「大手上場企業を目指す学生をどう思いますか?」というのがありました。その質問を受け、「この中で大手上場企業に入りたいと思っている方はどれくらいいるのかな?」と聞いてみたところ、7割くらいの学生の手があがりました。

その比率は概ね想定内。様々なメディアでも日本の大学生の就職企業人気ランキング上位100社には、今も大手企業がずらりと並びます。「大学生就職意識調査(マイナビ、2017年)」によれば、大手企業に入社したいと考える学生は48.4%いるのに対し、起業したいと考える学生はわずか0.4%。会社を選ぶポイントは、「自分のやりたい仕事ができる会社」が1位ですが、その次に「安定している会社」が選ばれています。日経2019年就職ランキングでは、さすがに大手銀行がトップ10から姿を消しましたが、それでも誰でも知ってる超有名企業で占められています。

規模が大きく知名度があり、結果安定している企業に就職できれば本人だけでなく親も嬉しく誇らしいはずなので、その価値観は充分理解できます。それが大勢を占めて当然でしょう。それでも、

「規模が大きいより小さい方が自分の活躍するフィールドが大きいし、社長にも近い。いや、俺も社長になれるかもしれない」とか、
「知名度は既に一流より今は三流くらいの方がやりがいがある。俺がこの企業を一流にしてやる。その進化のプロセスで俺自身も一流の人間になろう」とか、
「安定していて先が見える会社より不安定で先に何が起こるかわからない会社の方がワクワクして面白い。敷かれたレールの上を走るんじゃなく、俺がレールを創るんだ!」

みたいな価値観の学生がせめて2割くらいはいて欲しいと思うのは大手企業ではない経営者のひがみでしょうか(笑)

いずれにせよすべての学生が希望通りの大手企業に就職できるわけではありませんし、その夢破れた時に、失望感を持ってその会社で働き始めるのは双方にとって良いこととは思えません。なので、就職先を選ぶ価値基準に、規模の大きさとか知名度の有無とかではない、やりがいや自身の成長の可能性や将来性などの基準を持つほうがいいのではないかというアドバイスをしました。そして、とにかく入った会社にいる間は「そこが天職」志向を持つことですね。個人的には、IPOを数年後に目指している伸びしろがありそうなベンチャー企業に就職し、そこで思い切り働いて上場に貢献し、能力的にも経済的にもそのプロセスで成長し、その上で独立起業するもよし、幹部や社長を目指すもよし、そんな活き方をお勧めしたいのですがいかがでしょうか。

あ、まさに弊社のことです(笑)インターンシップとして社会体験をしたい学生も、新卒で就活している学生も、転職を考えている社会人も、もちろん現役バリバリで活躍している保険募集人も、是非一度弊社の会社説明会を聞いてみませんか?→https://www.holos.jp/employ/

カテゴリー:日記のブログをもっと読む