非常事態宣言。大型ハリケーンレーンのせいで日本に帰レーン?
非常事態宣言。大型ハリケーンレーンのせいで日本に帰レーン?

還暦という人生の節目に大型連休をいただきハワイに行ってきたものの後半はワタスが生まれてから(60年)2回しか観測されていないという大型ハリケーンが直撃するということで州知事が非常事態宣言を発令しワイキキ周辺のお店は入り口に土嚢が積まれことごとくクローズ状態で世界からバカンスに来ていた観光客たちの失望と落胆で「いや~んレ~ンバカンス~」と意味不明な言葉があちこちで叫ばれる中こんな稀有な体験ができたことに思わず「Luckey!」とガッツポーズを頭の中でとっている命知らずの侍サーファー@ケーホリーですこんにちわ。

ところで。

お陰様で1週間のバカンスを満喫させていただきました。と言っても行動の大半は孫守隊隊長ですが(涙)

ワタスは生まれた時には両おじいちゃんは既に他界していましたので、おじいちゃんとの想い出は全くありません。実父は子供嫌いでしたが(男三兄弟の出来が悪かったかもしれませんが)が、孫ができてから(ご存知?ボンクラツインズ)のその可愛がりぶりに「孫とはそんなに可愛いものなのか」と親戚一同驚いていましたが、確かに実の子供より孫は数百倍可愛い(笑)よってこっちがフラフラになるまで遊んでも、寝顔を見ているだけでも、ただそこに在る「倖せ」とはこういうことなんだなと改めて実感することができました。

それだけでなく、恒例のへたっぴゴルフにサーフィンもできましたし(これでプロフィール欄に趣味サーフィンと書けます(笑))、息子夫婦から思いがけないディナー&プレゼントのサプライズも有り。

また、まだ日本に無い?個人所有のクルマをレンタルするシェアエコサービス「TURO」を使って、格安でクルマをレンタルして(通常の5分の1くらい)ドライブもできましたしとても充実した夏休みを過ごすことができました。

ただ。

冒頭にも書きましたが、週の後半に大型ハリケーン「レーン」がハワイに接近してきたことで、プールやワイキキのレストランやショップ、アラモアナショッピングセンター等がほぼクローズとなり、おまけにバスまでが不通になってしまい、完全に街が機能しなくなりました。ショップの入り口には浸水を防ぐために土嚢が積まれ、厳戒態勢の中、取り残された観光客がただあてもなくワイキキの街を彷徨う光景は極めて珍しく、恐らくあちこちにあるスタバやABCストアは企業としてスタッフの安全を考慮した指示なのでしょう。ただその中でも商魂逞しいお店(恐らく個人商店)もあり、そこには凄い行列で、まさにやったもん勝ち状態。経験値が浅い分だけリスクヘッジが強いということなのでしょうが、もしワタスがオーナーならここぞチャンスとばかりに一人でも店を開けていたと思います(笑)まぁ買い物ができなかったことは少々残念ですが貴重な体験ができたということでヨシとしておきましょう。

明日から日常の仕事生活に戻りますが。

数年前から戦略的に存在感を消していくことを意識してきた甲斐があって?1週間留守にしていてもほとんど影響がないくらいに権限移譲が進んでいます。そういえば、著名なコンサルタントの神田昌典さんも、部下を育てるためには経営者は長期休暇を取ることを著書の中で薦められていました。経営トップが敢えて手も口も出せないところに自分を追いやることで(と言っても今ではメールでどこにいてもリアルタイムでコミュニケーションできてしまいますが)結果その方が組織が成長するということです。権限移譲は、スタッフからすると「社長のせいでまた新しい仕事が増えた」とぼやきの対象になることでしょうが、数年先に振り返った時に、「あの時の社長からの理不尽な無茶ぶりがあったから成長できました」と言ってもらえることを信じています(笑)今後は大きな意思決定(資金調達やM&Aなど)と最終責任を取ること以外は思い切り任せ、「DO」のマネジメントから「BE」のマネジメントへの転換スピードを早めたいと思っています。

昔の諺に、子供を成長させるためには「可愛い子供には旅をさせろ」とありますが、これは差し詰め「可愛い部下のためには自分が旅に出ろ」ということですね。早速次の長期休暇の計画に入ります(笑)

創業社長がいなくても全く影響がない会社にご興味ある方はこちらから→https://www.holos.jp/employ/

カテゴリー:日記のブログをもっと読む