ボヘミアン(変人)。これから「排除」という言葉は組織の命取りになるかもしれない。
ボヘミアン(変人)。これから「排除」という言葉は組織の命取りになるかもしれない。

今週も某外資系保険会社のイベントでのパネラーや設立15周年を迎えた某広域保険代理店さんでの基調講演そして恒例京都の情報発信基地LAC-座での落語会とヒトサマの前で話す機会がてんこ盛りだった縦横無尽荒唐無稽支離滅裂のアラカン旅芸人@ケーホリーですこんにちわ。

ところで。

27日金曜日の落語会では今回初の試みで弊社東京オフィス所属「ミスターTK」こと高橋将来設計士との落語&マジックショーのコラボが遂に実現しました。





ミスターTKは地元神奈川を中心にお年寄りが詐欺に騙されないように啓蒙する防犯詐欺マジックショーなるものに出演する人気マジシャンであり、加えてムーンウォーク世界大会優勝おもしろ部門3連覇という偉業をも成し遂げている変人なのですが(笑)、もちろん列記とした弊社の社員であり優秀なフィナンシャルプランナーなのです。

思い起こせば。

小学生の頃ワタスもクラスの保護者の前でお笑いマジックショーをやったりコメディやパロディを企画し友達や先生を巻き込んで自作自演したり生まれつきのギッチョで先生に強制されても決して直そうとせず、そのくせその左手で描く絵や習字や版画はよく学校代表作品として出展され賞状を貰ってくるようなチョット変なヤツでした。弊社のカンファレンスでの企画やプレゼンは当時から基本変わっていないような気がします(成長していない・・・)

実は。

今週の某外資系保険会社のイベントで「捨てられる銀行」の著者橋本卓典氏の講演を拝聴したのですが(4回目です)いつもその講演の中で「なぜシリコンバレーという街がイノベーションのメッカになったのか」という話をされます。その元ネタはリチャードフロリダの「クリエイティブ資本論」の引用なのですが、その話とは。

「シリコンバレーが特別なのは、スタンフォード大学があるからでも、気候が温暖だからでもない。クリエイティブで異質な、正真正銘の変人に対してオープンであり、協力的な環境があったからこそ、シリコンバレーは特別な場所となったのである。」

というものです。それを、ボヘミアン指数(地域の芸術関連人口比率)と、ゲイ指数(地域の同性愛人口比率)を合成させたボヘミアン=ゲイ指数と表現されていて、その指数が圧倒的にシリコンバレーという街は高いということで、要するに一般的に「変人」と言われるヒトタチは開放性や多様性や寛容性に富み、その変人集団がクリエイティブ(創造性)を生み出し、新しいサービスやビジネスモデルを創出してきたのだと。

要するに。

ボヘミアン(変人)を排除しない組織、多様性を許容する組織がこれから求められる企業体なのだということです。多様な人材が惹きつけられる魅力的な企業を作るという視点が重要であるということです(今般の衆院選では「排除」という言葉が命取りになり支持を急減させました)

元々弊社にはミスターTKのみならず、元ホリプロ所属のお笑い芸人(某研修会社社長)や元サーカス団のピエロ(某保険代理店の営業本部長)や元プロ野球選手や現役の風水師や日本PTA協議会の会長をはじめとして一般企業ではとても務まらない?変人がたくさんいます(というかほとんどが変人かも・・)曲がりなりにも弊社が起業して16年以上やってこれたのはボヘミアンを許容、いやボヘミアンを歓迎してきたからかもしれません。

組織が大きくなると企業化、標準化が求められ、一般的に「個性」や「多様性」が失われる傾向がありますが、弊社は、むしろ個性や多様性を活かしながらどんどん成長拡大していく企業になりたいと思います。ボヘミアンをマネジメントするトップはやはりボヘミアンでないといけないので落語会も継続していくつもりです(結局これが言いたかったんかい・・)

ただ今全力でボヘミアン社員募集中です→http://www.holos.jp/employ/orientation-session.html


https://holos-sim.com/wizard_start
      

カテゴリー:日記のブログをもっと読む