乗合保険代理店の未来。どうあるべきでどうなりたくてどうしていくべきか。
乗合保険代理店の未来。どうあるべきでどうなりたくてどうしていくべきか。

今週は月曜から東京神戸東京京都熊本と目まぐるしく東へ西へと移動しながら最終金曜の夜に熊本発ボンバル機の機上で思わず「だからガンバレみんなガンバレ月は流れて東へ西へ~ガンバレみんなガンバレ夢の電車は東へ西へ~ガンバレみんなガンバレ黒いカラスは東へ西へ~♪」と井上陽水の名曲「東へ西へ」を口ずさんでしまいかつてはキュートだったに違いないCAから完全に変なおっさんに見られてしまった昼寝をしても夜中に寝られる100年に1人の迷経営者@ケーホリーですこんにちわ。

ところで。

金融庁のホームページに「顧客本位の業務運営に関する原則」を採択し、取組方針を公表した金融事業者リストが更新され、そこに弊社もようやく名を連ねました
http://www.fsa.go.jp/news/29/sonota/20170728/0001.pdf

前回(6月末時点)は乗合代理店で宣言されたのは13社だったものが今回は42社になっていますので、この3か月で29社が公表されたことになります。それでも乗合代理店は約47,000社ありますから公表率は0.09%。まだほとんどの乗合代理店は宣言されていない状況です。

そんな中。

昨日は熊本で保代協主催の参加型ディスカッションセミナー「体制整備2017 守りから攻めへの展望」を開催しました。これは、参加者たちをグループに分けて行法改正後の守りと、その上での攻め(差別化戦略)を議論共有する企画。その「攻め」のパートでは一様に参加者は教育の重要性を熱く語られたのですが、その中の一人の女性が。

「私たちの仕事が、何年先かわからないけれどお医者さんや弁護士のように、こんな仕事がしたい。こんな人になりたい。と思われるような憧れの存在になりたい!」

と熱く発言されました。これは、顧客から選ばれる為には専門性やコミュニケーションスキルを高めるための教育投資はもちろん必要ではあるものの、この仕事に携わる募集人のベースとなるのはやはり仕事への情熱や社会貢献度の高さを自覚した使命感、そして「恰好良さ」だということです。

実はこの彼女のメッセージはワタスが10年程前に上梓した実録風小説「ザ・購買エージェントへの道 転職編」の最終章にしたためたものとほぼ全く同じ内容でした→http://www.holos.jp/holostyle/?c=1

その方がワタスのこの実録風小説を読まれたことがあるかどうかは別にして、この想いの大切さを再認識した上で、じゃあ本当にそんな存在になるために、ワタスたちは願望や概念だけではなく、具体的にどうあるべきでどうしていくかを本気で考えて行動していく必要があるわけです。

では具体的に何をすればいいのでしょうか?

医師も弁護士も社会貢献度が高く、専門性が高く、倫理観が高く、それゆえになれる難易度が高いからこそ結果的に「稼げる」職業であるのなら、その立ち位置に近づける必要があるのかもしれません。

人の命とお金を扱う保険商品や金融商品を提供する仕事は間違いなく社会貢献性は高いでしょう。そしてこれらの商品は必要性が高く潜在的には興味があるにもかかわらず、常々金融庁が発信している通り、複雑かつ多岐にわたり、情報の非対称性が極めて高い(消費者と専門業者の知識差が高い)ジャンルでもあるので、常に学び、かつ常に顧客本位の倫理(騙さない)感を刷り込む教育も必要です。教育の内容には金融知識全般から税務や財務や不動産などの知識からライフプランニング、コミュニケーションスキル、カウンセリングスキル、マーケティングスキル、信認されるための人格や人間力をどう高めるか、等々もうこれでOKというゴールは無いでしょう。

更に今後は募集資格試験のハードルを上げる、もしくは乗合代理店募集人の専門資格制度を設ける(少しでも医師、弁護士に近づける)ことも検討の余地はあるのではないでしょうか。
そして何より、1人でも多くの業界関係者が「憧れの職業になるんだ」という目標を持つこと、「こんな人になりたい」という憧れの存在「モデル」になろうとすること。キラキラ輝く存在とは、決してお金にものを言わせて金のロレックスや金のネックレスでチャラチャラ輝く人ではありません(笑)

真にキラキラ輝く存在とは、仕事に対する使命感と情熱と職業倫理感と努力と行動と実績に裏打ちされた、謙虚な自己肯定感から醸し出るオーラに包まれた人だと言えるのではないでしょうか。顧客本位の業務運営原則を公表し、実践することは、自身がキラキラ輝く存在になるための決意表明とも言えるのです。

保険業界のモデルが多数在籍している弊社にご興味のある方はこちらから↓
http://www.holos.jp/employ/orientation-session.html


https://holos-sim.com/wizard_start
カテゴリー:保険ビジネスのブログをもっと読む