噂の真相に迫る。乗合代理店の手数料開示は本当なのか。

立春の昨晩、新しい年にふさわしくLINEの操作を誤ってすべての履歴を消してしまい茫然自失意気消沈の中、「一陽来復~」と冬空に向かって大声で叫びながらこの失態を無理やりラッキーに変えようとしている迷惑野郎@ケーホリーですおはようございます(消えてしまった人ごめんなさい。復元にご協力ください)

2つのiPhoneに同じLINEのIDを登録することはできるのでしょうか。これをやろうとして失敗してしまいました。誰か知ってたら教えてください。

ところで。

昨日保険業界に激震が走るようなニュースが飛び込んできました。

金融庁が全保険会社の手数料開示を乗合代理店に要求したという記事が共同通信社からリリースされたのです→http://www.47news.jp/news/2017/02/post_20170204021210.html

更に追い打ちをかけるように中日新聞が同様の記事を配信しました→https://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=316665&comment_sub_id=0&category_id=256

こちらは更に強烈で、「自社の営業職員による販売やインターネットを使ったダイレクト販売は他社の商品と並べて販売していないため手数料開示は求めない方針だ。」と結んであるのです。

要するに金融庁は乗合代理店にのみ手数料開示を求めると・・・

果たしてこのニュースは本当なのでしょうか?

火のない所に煙は立たぬと言いますが、恐らくどこかに「火」があるのは間違いありません。


続きは→http://www.holos.jp/holostyle/?t=1300

本物志向の乗合代理店で真の顧客貢献をしていきたい方はこちらから↓
http://www.holos.jp/employ/orientation-session.html

カテゴリー:堀井計の午睡イントロのブログをもっと読む