イベント週間。「倖せ」は成功した時ではなく行動した時に感じるものである。

5月30日
今週は月曜と木曜は弊社恒例のカンファレンスを大阪と東京で行い200名以上の社員や業界関係者の方々とビジョンや戦略を共有しそして昨日はこれまた恒例の弊社イベントスペースLAC-座落語会で3か月ぶりに高座に上がったホロスはギリシア語で全体、エロスは日本語で変態、通しで言うと全体が変態の世の中を発する言葉で「楽」に導く楽語家、ホロス亭エロスことケイホリイですこんにちわ。
カンファレンスは来週の月曜に福岡で閉幕しますのでその後にブログに書くとして・・・
ワタスが落語界に華々しくデビューを飾った?のが2012年3月16日、齢53歳でした。昨日までの約3年間で覚えたネタが古典で8本創作1本で計9本。始めたきっかけは本社1階にお客さまへの情報発信基地としてLAC(Life・Art・Culture)座を開設し、その目玉イベントに古くからの友人桂春蝶氏の落語会を企画し、その落語でたくさんのお客さんが笑っている姿を観て「オレもこれ演りたい!」と素直に思ったからです。そして春蝶くんに次の高座に上がりたいので教えてくれよとお願いしたら快諾してくれて、スタッフに「オレ、次前座の前座で出るからね・・」とオーナー権限を発動したのです(笑)
よく周りからは「何で落語を始めたんですか?」とか「仕事も忙しいのになんでそこまで自分を追い込むんですか?」とか聞かれるのですがその理由は。
弊社のホロスを創る10の価値観の1つに、「笑いは許し、笑いは肯定、笑いは感謝。ホロスは年がら年中ユーモアビズ。」なるものがあります。これはヒトが素直に笑っている状態は基本お互いが好感を抱き人間関係が良好で、身体の力も抜けリラックスし最もパフォーマンスが発揮できる状態でもあるので、日々ユーモアで溢れたビズスタイルを社風にしようと決めました。その発案者が落語で「笑い」を提供することは使命なのです・・・なんて言うといかにもそれらしいですが、本音は「落語家って格好イイ!」「ワタスも高座に上がってたくさんのヒトに笑ってもらいたい!」と言う至ってシンプルな理由からです。
因みに今回は久々のネタ降ろしで「野ざらし」にチャレンジしました。練習はもっぱらクルマの中か風呂の中か新幹線の中。今回は女の幽霊が出てくる艶話で主人公の狂喜に満ちた独り芝居がちゃんと演じきれるかがポイントでした。で、練習を兼ねて比較的空いているひかり新幹線を選んで乗っていたのですがそれでも思わず気を入れ過ぎて大きな喘ぎ声を発してしまっていたようで恥ずかしいことに車掌さんに注意をされてしまいました(絶対変態と思われていたはずです(笑))
歳を重ねていくと新しいことを自分のルーチンに加えることに億劫になっていくものです。もちろん変化の無い日々の生活を幸せと感じていればそれはそれで素晴らしい人生だと思います。でもオレの人生このまま終わっていいのだろうかと少し思い悩んでいるカタに言いたいことは幾つになっても「手遅れ」は無いということ。因みにワタスはサーフィンは40代から始めましたし落語は50代なのですから。ちょっとしたキッカケやヒトとの出会いや踏み出す勇気は少しいるかもしれませんが、何も行動せずに不平不満を言うヒトよりも宣言してチャレンジしてその結果失敗したり挫折したとしてもその方がずっと格好イイと思うのですがいかがでしょうか。
倖せは成功の結果感じるものではなく、自らの意志で新しい行動を取った時にその行動した自分に対して感じるもの。難が無い「無難」な人生もイイですが、難が次から次へと降り注ぐ、難が有り有りの人生もまた「有難い」人生。これからもその有難い人生を笑いながら乗り越える有難いヒトになりたいと思います。
1.jpg4.jpg写真 2015-05-29 19 58 55.jpg7.jpg
あ、野ざらしは今までで一番ウケたかもしれません(笑)
写真 2015-05-29 19 56 40.jpg
只今年がら年中ユーモアビズの将来設計士募集中です→http://www.holos.jp/employ/
...

つづきを読む

イベント準備。すべての結果は段取り八分で決まるのだ。

5月23日
今月は体調不良のままGW以降セミナーや総会や講演で全国津々浦々(大げさ)を巡業し4年以上毎週通っている加圧トレーニングにもここ暫く行けず健康の大切さを痛感した旅芸人伝道師@堀井ですこんにちわ。やはり現生ではまず肉体的な健康がベースにあり、その上に社会的健康(人間関係)や心の健康(メンタル)や経済的健康(ほどほどのお金)や霊的健康(スピリチュアル)が上乗せされていくのが健全な状態だということでしょう。
ところで。
来週は更に重要イベントが待ち受けていて弊社恒例の「エリアカンファレンス」が月曜に大阪で木曜に東京で行われます。この創業以来半期に1回継続しているイベントも30回を向かえます。ただ、今まではその名称を「オーナーズカンファレンス」と銘打ち、弊社のプランナーを「オーナー」と言う位置づけでリスペクトしている気持ちを表現していたのですが今般の適正化で委託関係から雇用関係になったことで名称から「オーナー」を削除しました(けんどリスペクトしている気持ちは変わりません)
このイベントはワタスが創業時から組織に一体感を持つために業績からビジョン、戦略等をステークホルダー(プランナー、保険会社、提携先、株主など)と共有し、共感や応援のエネルギーをいただこうという主旨でこだわって継続してきたイベントです。このイベントを継続してきたことで企業カルチャーが育まれ、イベント企画力や運営力が強化され、スタッフの人材育成ができたといっても過言ではありません。因みに今回のテーマは、
AGENT WARS Episode30 ~HOLOSの覚醒~」(もちろんSTAR WARSのパクリです・・)
   写真 2015-05-23 15 01 12.jpg
業法改正を1年後に控えた保険業界において弊社が何を考えどこに向かうべきなのかを参加者全員で考える場にしたいと思っています。
更に。
来週は恒例のLAC-座落語会が29日の夜に催され、ホロス亭エロスも久々に高座に上がります。今回は新ネタを披露するということでこれまた最後の練習に入っているのですが、その新ネタは「野ざらし」。今までの噺とは少し趣きが異なり、テンポが速く、登場人物に女の幽霊が出てくる艶話。齢56歳にして新しい芸風にチャレンジです。
ということで、プライベート(意中のヒトを落とすとか)もシゴト(営業実績とか)も人生そのものすべての結果は段取り次第、つまり「前始末」にどれだけ周到な準備をして本番に臨むかで決まるわけですから、今週末は上記二つの準備に全精力を傾ける所存です。結果は改めて報告しますね。
  堀井さん5.png
  落語会残席僅か→http://fphoken.jp/holos/PublicSeminar.aspx?gId=1&sId=1&eId=340
...

つづきを読む

保代協第6回総会開催。保険業界の自由と正義の守護者「ジェダイの騎士」になろう。

「ジェダイの力の根源はフォースだが暗黒面(ダークサイド)もある。怒り・恐怖・敵意―それが暗黒面だ。心の中にたやすく生まれる。」...

つづきを読む

お前らこの1回で死ぬと思って楽器弾いたことあるか?

5月9日
NYで体調を崩して以来早や2週間が経過したにもかかわらず未だ完治にいたらず改めて自分のヘタレ具合に呆れかえってひっくり返ってでんぐり返ってこうなったら開き直ってふんぞり返っている不健康優良爺@堀井ですこんばんわ。
ところで。
今日のブログのタイトル「お前らこの1回で死ぬと思って楽器弾いたことあるか?」は、NYから帰国するときの畿内で観た映画「マエストロ」で妖しい指揮者役の西田敏行が練習を中断しオーケストラメンバーに言い放ったセリフ。この後に・・
   マエストロ.jpg
「そやからお前らの音楽には愛がないねん!」
と続きます。
因みにワタスは日頃からiPhoneのメモアプリをネタ帳代わりに、書籍やメルマガや映画や講演などで心に残る言葉やフレーズを書きとどめているのですが、この映画で最も心に響いたセリフです。確かスティーブジョブズも。
「If today were the last day of my life, would I want to do what I am about to do today?(もし今日が人生最後の日だとしたら、今やろうとしていることは 本当に自分のやりたいことだろうか?)
という名言を遺していますが、そのセリフに「だから愛がないねん!」というトドメが刺されています。
つまり。
「毎日毎日を今日で死ぬと思って全力を注いでいなければ、目の前のコトや目の前のヒトに本気で接していなければ、ちょっとでも気や手を抜いてしまっていたら結果的に愛が伝わらないし感動されないし、自分も成長できないし後から振り返っても悔いが残ることになるんやないのか。」ということを言われているわけです。若造には理解できないかもしれませんがそれなりの歳を取ってから体調を崩すと俄然「死」がリアリティを帯びてイメージされてきます(根っからの臆病者ですが何か・・)シゴトは有難いことに次から次へと降り注いできますので体調を完璧にしてからハタラクわけにはいきませんが、早く体調を戻して全力でシゴトもプライベートも愉しみたいと思います。
因みにここ数日で読んだ本ですが。
2015-04-26 23.16.00.jpg
      自分で選んだ本。
写真 2015-05-03 13 24 30.jpg
      ボンクラツインズの推奨本。
写真 2015-05-09 18 43 35.jpg
      増島弁護士推奨本。
いささか乱読気味ですが、それぞれiPhoneのメモにしっかり留め置ける内容でした。機会があればブログで披露していきたいと思います。

全力で募集中です→http://www.holos.jp/employ/orientation-session.html
   side_02.jpg...

つづきを読む

痛感。絶不調で再認識。やはり身体が資本。

5月1日
ニューヨークで体調を崩してからこの1週間身体が絶不調。
  写真 2015-04-21 21 34 39.jpg
咳が止まらず腹筋が筋肉痛で悲鳴を上げていたのですが今度は昨日の朝から胃がムカムカし出し、頭がぼ~っとしてきました。なんとか午後からの講演は凌いだのですが、その後更に嘔吐感が止まらずダウン寸前。滅多にお医者さんには行かないのですが、流石に辛抱たまらず会社の近所の内科に駆け込みました。
更に健康オタクのワタスが永年愛用している秘密兵器「神経波磁力線」が故障していたので急きょそれを修理に持っていきました。因みにこの器械は以前ブログでも紹介した特許申請約1000件、「精神エネルギー」等著書多数、ゴルフでは自然落下打法を開発し昭和51年度関西シニアチャンピオン、過去にホールインワンを7回達成(ギネスブックに登録)という輝かしくも飛び切り妖しい故政木和三工学博士が発明された高周波磁力線発生装置で人間本来が持つ自然治癒力を高めてくれる優れもの→http://kei-horii.seesaa.net/article/354609554.html
過去にも様々な病気や怪我に威力を発揮してきたこの器械、20年以上前に2台購入し、1台は自分用としてもう1台は入院されたお客さまへの貸出用として使用していたのですが、さすがに20年の年期ものだけに接触が悪くなりお蔵入りしておりました。それが最近古くからの友人のエンジニアでもある佐々木社長がセルパワーという商品名で当時の機能そのままで復活させたという知らせが届き、それなら修理もできるだろうということでお願いしたわけです。
    2015-04-30 19.43.28.jpg
ワタスの体調の話にもどりますが、無論食欲も湧かず昨日のお昼におそばを食べてから昨晩、今日の朝、昼も何も食べられませんでした。会社でも終日身体が重く、睡魔が襲って絶不調だったのですが、夕方あたりから徐々に復活の兆しが見えてきました。それが神経波磁力線効果かプチ断食効果かは定かではありませんが、ヒトも動物ですので獣同様胃に何も入れずにひたすら安静にすることで消化吸収にエネルギーを使わない分、自然治癒力が高まり快方に向かわせるのではないかと思うわけです。
幸いにも明日からゴールデンウィークに突入しますので、体調を整え万全の状態でシゴトができるようしっかり休養したいと思います。ご心配をしていただいた極少数の皆さま、多分恐らくもう大丈夫と思いますのでご安心ください。やはり身体が資本ですね。皆さまくれぐれも体調管理にはご留意くださいませ。
セルパワーで細胞力を保ち健康維持を目指すかたはコチラから→http://www.cellpower.jp/c/an/YrV5H
...

つづきを読む