最年少部長誕生。売れないダメダメ営業マンが成長できた理由とは。

10月23日
ここ最近ゴルフ場の玄関にゴルフバッグを置き忘れ携帯電話を新幹線に置き忘れ一昨日は出張先のホテルにネクタイを置き忘れて商談の直前に気が付いて慌ててネクタイを買って何とか凌ぎ今日は家に財布を置き忘れて東京出張にきた一文無しの要支援一歩手前野郎@堀井ですこんばんわ。
ところで。
今月11日付で弊社最年少部長が誕生しました。
以前もブログでアルバイトから部長になった女性社員を紹介しましたが。
「アルバイトから部長へ。昇進は叩いて上げるかどついて上げるかそれとも褒めて上げるのか」→http://kei-horii.seesaa.net/article/372700004.html
(実はこのブログがきっかけでワタスのブログを愛読していただいていた出版社の方から突然声がかかり女性の活躍を推進する厚労省の冊子に彼女の記事が掲載されることになりました。)
で、今回は前職の外資系生命保険会社の営業職ではダメダメ営業マンだった藤本真之くん33歳。
         IMG_0085.JPG
前職での2年間の完全歩合営業では月収がひどい時は7万円。最低維持基準をいったりきたりの正真正銘の食えないチン○ス営業マンで5年前に面接に来た時の印象もトッポくて自信なさげでいかにも売れなさそうな若者でした。事実1年目は鳴かず飛ばず。綺麗な奥さんとトレードして本気で主夫になった方がいいんじゃないかと言われてました。
それがなんと。
2年目から徐々に売れ始め、3年目はMDRT(世界の保険トップセールスマンに与えられる称号)に登録でき、4年目も連続で登録でき、今年は既にCOT(MDRT基準の3倍の実績)の入賞が決まっています。実は弊社の組織は創業期から優秀なフルコミッション(完全歩合)営業マンに商品やシステムや人で支援することで、より顧客志向を持って独立し、成功できるための言わばスーパーカーをより走りやすくするための仕組みを提供するという戦略で成長してきました。そして数年前からその仕組みに加えて、メーカーで売れなかった若手保険営業マンを固定給で雇用し、再教育しながら成長させる部隊を作ってきました。彼はその部隊22名をマネジメントするトップとなったのです。
元々ワタスはトップ保険営業マンの強みは、卓越したコミュニケーションスキル、人間関係構築力にあると思い、この強みを可視化しプログラムに落とし込み、更に現役のトップセールスがそのスキルを伝授するという建付けを実行すれば、保険営業マンだけでなくあらゆる営業マンのスキルアップに貢献できるのではないかという仮説のもとに研修事業を立ち上げたのですが、そのノウハウを他社や他業界だけに提供するのはあまりにももったいないと。また、高齢化する弊社プランナーたちのリタイアを想定すれば若手への事業承継を組織として着手しておかなければ企業の成長は無いと思ったのです。
藤本クンはその直販社員の3人目として入社したのですが、彼は生粋のKY野郎ではありますが「地頭」が良く、「素直」で吸収力があり、実績にこだわる「コミットメント力」もありました(恐らく奥さんの教育の賜物でしょう)。弊社が提供するノウハウや先輩の教えを愚直に実践しながら自分なりに工夫を加え、結果お客様から可愛がられて紹介がどんどん出だしたのです。そしてその成功体験を自分だけのモノにするだけでなく、後輩にも「オープン」にする度量がありました。藤本KY部長、当社を21世紀に燦然と輝くホワイト企業、世界で最も働きたい会社にしていきましょう。
          936511_496779557066415_182277074_n.jpg
あ、当社は元チンカ○営業マンでも、まだ33歳でも、わずかキャリア5年でも部長になれる会社です。役員には元お笑い芸人や元サーカス団団員や元暴走族のヘッドや現役の落語家(ワタス・・)もいます。人に誇れる成功体験や実績が無くても、素直さやシゴトに対する熱意や自己成長への自律心やユーモアのセンスを磨こうとする意欲があれば、渦の中に巻き込んで洗濯して気が付いたら在り方ややり方が今までとは全く違うニンゲンに変わっている可能性があります。常に弊社のビジネススタイルはユーモアビズ。決して力で無理やり変えようとはしませんし、そんなことしてもヒトの本質は変わらないことを知っています。個々の価値観を尊重し、指示命令を極力排除しながら自律を促す社風。少々辛いことや嫌なこともユーモアやギャグで笑いに転嫁する文化。そんな弊社にご興味ある方はこちら→http://www.holos.jp/employ/orientation-session.html
       10501590_669587196452316_6397880219186386451_n.jpg写真 2014-08-08 15 59 20.jpg
     10489635_512098098923347_152016838761063820_n.jpg

カテゴリー:日記のブログをもっと読む