命ある限り。HAPPY BIRTHDAY TO ME。

7月29日
一昨日の7月27日は誕生日でした。
56歳・・
わずか100年ちょっと前もしワタスが明治時代に生まれていたらとっくに死んでいたことでしょう。更に戦国時代なら当時百姓侍だったワタスはへっぴり腰で武将に槍で立ち向かいあっさり鉄砲で撃たれて死んでいたでしょう。更に更に石器時代ならとっくのとっくに野糞していて油断している隙に背後から襲ってきたティラノザウルスにむしゃむしゃと食べられそしてウ〇コになって大草原に放り出され途方に暮れていたに違いありません(え?違う?)
その日は福岡で研修でしたが、むさくるしい?受講者の皆さんから素敵なプレゼントをいただいたりハピバスディを歌いながらケーキをご馳走になったり、スタッフの皆さんからメッセージカードをいただいたりと暖かいおもてなしをしていただきました。またfacebookやLINEでもたくさんのカタガタからお祝いのメッセージを頂戴しました。
          2014-07-27 14.30.34.jpg
この場を借りまして心から御礼申し上げます。
ワタスがいつまで生きられるかは神のみぞ知るところですが、生かされている間は良くも悪くも周りのヒトタチや社会にそれなりの影響を与えるわけですから、どうせならイイ影響を与える存在になりたいなと思うわけなのですが。ただ周りのヒトタチにイイ影響を与えることを目的に生きすぎるとペルソナ(イイヒトでいようとする社会的仮面)を被りすぎてシャドウ(潜在意識)にストレスを貯めこみ、それが至るところで爆発してくるという社会的にも精神的にもアンバランスな生き方になることも考えられるので。
流れる雲の如く基本自然体でまず自らが愉しんで、その活き様や存在そのものが結果周りのヒトタチにイイ影響を与えられるのが理想ではないかと思うわけです。
表向きには富士山のようにただそこに在るだけで感動させるようなヒトを目指しながらも。
大草原に落されたティラノザウルスのウ〇コが木や森に栄養を与え、酸素を生みだし、宇宙の営みを支える存在になるように、ちょっとクサくてイヤなヤツだけどそれを踏みつけるのもイヤやし実はなくてはならない存在だったんだと後から気づかれて感謝される、そんな存在でもありたいと思います(どんな存在や・・・)
つまり。
植物も動物ももちろんヒトも、ワタスもあなたもみんな生まれた時から何かの役にたつように設計されているのです。

          2014-07-27 17.05.32.mp4

カテゴリー:日記のブログをもっと読む