折返して早や2週間。ヒトは人生の二大欲求にどう立ち向かうのか。

相変わらず毎週出張を繰り返す日々が続いていても野々村竜太郎元県会議員の日帰り出張195回には到底及ばないあんな意味不明号泣パフォーマンスを死ぬまでに1回はしてみたいと思う間もなく56歳を迎えようとしている21世紀壮年まだ地毛オトコ@堀井ですこんにちは。


gokyu_kaiken01.jpg

ところで。


2014年も折返して早や2週間が経とうとしていますね。で、ここ数年毎年年初に更新している「今年叶えたい100のリスト」を前半が終わった所で棚卸ししてみると。


なんと2割台の達成しかしていないやおまへんか・・


まあ、今までも1年で〆ても3割台しか達成できていないので例年ペースというところでしょうか。実はこのリスト、より意識して実践しやすくするために書き方も見直しているのですが、今年は仕事、人間関係、趣味、健康、社会貢献、ライフワーク、家族、セカンドライフ準備、資産形成、生活習慣改善、その他諸々に分類し、更に始めるモノ、続けるモノ、捨てるモノ、期限を決めるコトとに細分化しました。


これは基本シゴトの考え方と同じ。


立てた目標をカテゴライズし、KPIに落し込み、PDCAを回していくことで目標をカチカチと達成してけるはずなのですが、それがどうも上手くいかないのはなぜなのでしょうか。もちろんシゴトでも100%上手くいくことはないのですが、個人でやると更に達成率が低いのは恐らくシゴトはチームでやることが多く、約束事を共有し牽制し定期的にフィードバックをし、更にそれが評価や収入にも連動しているから。
それに比し個人の場合は基本自分自身で約束し自分自身で守るというストイックな世界の中で達成していく分難易度が高いということでしょう。


つまり。


組織やチームで事を成し遂げ棟とする方が難易度低くして成長しやすく、個人で事を成し遂げようとすることは難易度が高く、禁煙やダイエットに何回トライしても挫折してしまう意志の弱いヒト?の気持ちがわかります。例えばワタスの場合は週1回の加圧トレーニングはもう3年以上継続でき、腕立て伏せ毎日30回もできるのですがなぜか腹筋30回はほぼできません。
これはなぜなのでしょう?

続き→http://www.holos.jp/holostyle/?t=1169

写真 2013-05-08 18 39 35.png

カテゴリー:日記のブログをもっと読む