波瀾上等。業界の救世主現る!君はリアルHOLOSクンを見たことがあるか(堀井計の午睡更新)

11月2日
2013年最後の一大イベント、HOLOSオーナーズカンファレンス。
2002年に営業展開して以来、まだ数人のプランナーしかいなかった頃から継続してきたこのイベントも今回で27回目を迎えました。設立当時は保険会社さんの会議室をお借りし、企画から運営までを私とスタッフ1人でやっていたものですが、今では一流ホテルの会場に全国から約400名の参加者が集い、企画から運営までをすべて社員たちが分担してやってくれます。そして昔も今も変わらないのはすべて手作りだということです。
今回のテーマは、
「Change to The Chance!
  ~波瀾万笑 倖せの10倍返しだ!!~」

保険業界、特に代理店の業界は規制強化により、大きな変革を余儀なくされています。その着地次第では廃業に追い込まれる代理店が続出するかもしれないインパクトがあります。
  1001275_534338819977155_646361055_n.jpg 999098_534334283310942_1125494548_n.jpg
実は。
その業界崩壊の危機に救世主が現れました。
そう、あの伝説の救世主、リアルHOLOSクンです!
        2013-11-01 19.40.33.jpg
          ・・・・・・
気を取り直して。
今回のカンファレンスではその一見ピンチと思える現実を機会的(チャンス)に捉え、波瀾万丈(非常に高いこと)を波瀾万笑(笑いまくる)に変え、お客さまの倖せをただひたすら追求することで道は拓けることを参加者全員で共有しようという意図でした。
実はこのイベントには創業当時から一貫してこだわってきたことが3つあります。それは、
1.OPEN(関係者全てに数値を開示)
2.VISION(向かおうとしている方向を共有)
3.HUMOR(常に笑いで溢れる社風を創る)
当社が今、曲がりなりにも保険業界でそれなりの存在感を放っているのは、この3つを意識して年2回の開催を10年以上継続してきたからだと確信しています。
これによりプランナーさんとの結束力が強まり、社内外(業界)にファンを作り、そしてこの3つのコンセプトを汲んで企画運営に主体的に関わることで役員と社員が育ってきたのだと思います。
まずは決めたら継続すること。
ただ継続するだけでなく前回より更にクオリティを上げようと一人ひとりが意識して行動すること。
与えられた役割を役割通りに遂行するのではなく、その役割の期待値を超えた部分だけが相手に感動として伝わるのです。感動いただくことで応援のエネルギーが貰えるのだと思います。
続きは↓
http://www.holos.jp/index.php?page=lifecolumn_list&menu_year=2013&menu_month=11&exptitlename=2013-11

1426372_534339876643716_1398928765_n.jpg1383435_534330643311306_1180901585_n.jpg996642_534330939977943_2051511146_n.jpg

カテゴリー:日記のブログをもっと読む