あと2か月。今年やるべき100のリストを棚卸す

10月27日
台風一過の秋晴れ。
このシーズンは1年のうちで最もシゴト上のイベントが立て込む時期につきどこにも出かけず資料作りの日曜日です。特に今週は出版社主催の座談会、某外資系生保優績者向け講演、11月入社者オリエンテーション、定時株主総会、そして11月1日は当社の最大イベント「HOLOSオーナーズカンファレンス」と週末にピークを向かえます。
そんなこんなで2013年もあと2か月。年初に作成した内藤忍さんお薦めの「今年やるべき100のリスト」を棚卸しすると。
現時点で30%の達成率・・・100項目のうちできたのが30個ということです。
そもそも仕事、人間関係、趣味、健康、社会貢献、ライフワーク、家族、セカンドライフ準備、資産形成、生活習慣改善、その他諸々のカテゴリーに分類し、更に新たに始めるモノ、続けるモノ、捨てるモノ、期限を決める、と整理して作成したものなのですが。
掻い摘むと社会貢献とか捨てるモノの進捗が悪い・・趣味もイマイチ。ゴルフはまだ100きれず。今のところライフワークの落語は年4回の高座、外部からのオファー2回と回数についてはクリア、ただネタの精度に課題を残し。ブログに貼付けたfacebookのイイネ100超えはかなりの確率で100を超えるようになりました。
代書屋1.JPG2013-10-26 21.09.33.jpg2013-10-26 21.09.24.jpg
総括するとどうなのでしょう。野球で言えば3割バッターはまずまずの成績だと思います。もし100の目標を設定しなければまったく意識せずやらなかったこともあるわけですから書く価値は充分ありました。その一方で残すところあと2か月でまだ70個も残っているのかという見方もあるわけですけどね。
まあこれをあと2か月まだ70個とみるのか、まだ2か月もう30個と見るのかで残すところの行動が変わるのは間違いないでしょう。
ワタスも過去に短期のセールスコンテストで設定した目標を最後まで諦めずに「あと1人会ってから、もう1軒寄ってからて帰ろう」と行動したことで、目標に近づくというより目標の方から近づいてきて(土壇場で案件が次々舞い込んでくる)突き抜けた経験をしています。今から思えばそれはいわゆるフロー状態、スポーツの世界で言う所のゾーンに入っていたのかもしれません。
残すところ2か月ですが、愉しみながら4割バッターを目指したいと思います(あ、ゴルフ100切りはまだ諦めていませんのであしからず)

カテゴリー:日記のブログをもっと読む