内定式。新人を活かすも殺すも環境次第。その環境責任を負うのは誰だ。

10月16日
昨日は2014年4月入社予定者の内定式でした。記念すべき定期採用1期生。
     内定式3.JPG 内定式2.JPG
思えば2001年に創業して丸12年。
当社は創業当時から、「当社はスーパーカー(優秀なプランナー)をより走りやすくするためのハイウェイ作り(環境整備業)から始め、将来的にはスーパーカーそのものを作る(既に完成されたプランナーをリクルートするのではなく、新卒から採用し優秀なプランナーに育てるという意味)ことを業とする」と宣言していました。
その宣言通り、商品ラインナップを揃え、全国にオフィスを作り、顧客管理システムを開発し、損保サポート部やカスタマーサポートセンターを作り環境整備をしてきました。もちろんまだまだ整備していくべきところは多々ありますのでこの手を緩めるわけではありません。また、これと並行して数年前から徐々にキャリアの浅い業界出身者を採用した直販部隊にも着手してきました。
そしてワタスの経営手腕の無さから12年もかかってしまいましたが、いよいよ新卒というまっさらな状態からのクルマ創りが来春から始まります。
ところで、ヒトは持って生まれた遺伝子的な能力や性質もさることながら、むしろ「環境」により価値感や人格や運命までも変わってしまうものです(その昔アマラとカマラという狼に育てられた少女が人間ではなく狼のような行動や振舞いをしたという話しは有名です)
・あらゆる出来事をプラス受信する環境(一般的にはピンチでもラッキー、チャンスと捉える)
・あらゆる出来事を自己責任と捉える環境(他責より自責。常に責任のベクトルを自分に向ける)
・不平不満愚痴悪口泣き言文句で溢れた環境ではなく、素直謙虚感謝感動で溢れた環境。
その環境を作るのはまず既存のヒトタチであります。その既存のヒトタチの環境を作るのが経営者のシゴトとなります。
夢があり。
シゴトそのものにやりがいがあり。
そのシゴトは社会や顧客の役に立ち。
そしてその価値感や時間や場を共有する仲間たちのことを尊敬でき信頼でき何より大好きで。
毎日会社に行くのが愉しみで楽しくて仕方ない。
そんな楽しいヒトが楽しい場を作り、その場を創るとそにまたヒトが集まります。そのためにはまず自分が楽しむこと。部下は上司よりシゴトを楽しむことはできません。
ということは。
そんな会社にしていくにはまず何より何を置いてもワタスがその状態にならないとならないと思うわけです。
もちろんワタスだけでなく、すべての世の中の大人たち、親、上司、先輩、いわゆるそれなりにヒトに影響を与える立場のヒトタチは、自分の言動や行動が意識しようが無意識であろうが、少なからず自分の周りの環境に影響を与えているということ自覚すべきではないかと思うわけです。
今回の内定者3名が入社する4月までに更に今以上にそんな環境にしていきたいと心を新たにした内定式でした(あ、別に今特に落ち込んでるわけではありませんのでご心配なく・・)
                内定式1.JPG

カテゴリー:日記のブログをもっと読む