なぜ天狗の鼻はポキッと折れてもトカゲのしっぽのように再生してしまうのか。

9月27日
ここ2週に渡り久しぶりに某大手金融機関の研修講師を務めました。今回はインストラクターを対象とした指導強化スキルをあげる為の研修。
この企業さまは8年くらい前、ワタスが初めて講師役を務め、その後継続いただいているビッグクライアントなのですが、実は最も研修講師に対して厳しい評価をされる企業さまでもあります。これは人材開発部のミッションがはっきりされており、導入いただく難易度が高いのはもとより、社員の成長に役に立たないと思われる講師、研修会社は受講生へのアンケート評価等に基づき即出入り禁止になるというポリシーを持たれているのでワタスタチもかなり気合を入れて望む必要があるのです。
今回は約200名のインストラクターを7名の講師陣が担当したのですが、ワタス以外は現役バリバリの講師。ワタスはパイオニアではありながら最近はほとんど講師現場に立っていませんでした。実は結構内容的にはタイトで難易度も高かっただけに「ひょっとしたらヤバいかも・・」とビビっておりました。もしアンケートで点が悪ければシメシがつかんなと。
その反面感無量なところもありました。昨日の研修では7名の講師中5名が当社講師。何が感無量かと言うと、ワタス以外の講師陣が最も厳しいクライアントのお眼鏡に叶って登壇しているという事実に対してです。実は元々教育研修事業はワタス1人から始めたのですが、それが結構評価されて講師として飛び回りだしたころ幹部が大量離脱し組織が崩壊しかけたことがあります。その時に、
「所詮研修なんてあんたが趣味でやっているようなもんでしょ。あんたにしかできんようなもん事業にはならん。」と言われたのです。
その時は、組織崩壊という現実に打ちひしがれていたので(根っからの弱虫ですが何か・・)何も反論できずただその言葉を聞いているだけだったのですが、その言葉はワタスの耳から離れることは無かったわけです。そして数年の時を経て研修事業は分社化し、社長を据え、その社長の奮闘もあり今ではワタスなんていなくても年間9ケタの売上をいただける会社にまでなったことが感無量だったのです。ですので当時とても悔しい想いをしましたが今ではその言葉を投げられたからこそ成長ができたと感謝しているくらいです。
                 伊東居眠り.jpg
 当研修会社のI社長は入社当時マジックで目を描いて仕事の振りをしながら寝ていました・・・
で、話しを元に戻します。1回目のアンケート結果が送られてきてその評点を見ると。
なんとワタスが一番評価が高いやありませんくぁ・・その結果を見て「さすが!」とか「凄いですね!」とか言われて素直にとても嬉しかったのではありますが。
今回のネタはそんな自慢話をしたいわけではありません(え?結果的になってる?)何が言いたいかと言うとニンゲン調子がイイ時とか更にそれを褒められすぎるとつい天狗になってしまい、その結果傲慢になったり油断したり裏切られたりしてその反動で伸びた鼻がポキッと折れることが往々にしてありますよねと(まさに崩壊当時のワタス・・)
ニンゲンはここで一旦その現実を味わって自信を失ったり、自暴自棄になったりすることもあれば、素直に反省し、謙虚になり、成長の糧と捉えて再スタートを切り、そして更なる成長を辿るヒトとに分かれたりするわけです。でも今回ちょこっと褒められ、イイ気分を味わったあとに感じたんです。
                 天狗.jpg
それは、「ニンゲンって一旦鼻が折れても喉元過ぎればその折れたはずの鼻が伸びてきて、またどこかでその鼻を折られてしまうという繰り返しをしてしまう愚かしさを秘めている」ということ。その時は反省するけどすぐに忘れてしまい、また同じことを繰り返すんですよね。体験に基づく気づき(内発的)が最も行動に影響を与えるのですがそれでも習慣化ができていないと性格や気質の本質は中々修正できないということでしょう。
結果が良かった時は素直に喜び、自信を持つことはとても大事なコトですが、同時に謙虚さを忘れず更に学ぶ姿勢を崩さずその結果に導いてくれたのは周りのお蔭と感謝すること。
俺が俺がの「が」で生きず、お蔭お蔭の「げ」で生きることが肝要ですね。
なお2回目のアンケート結果はヨカッタ時だけ公表しますのであしからず・・・

カテゴリー:日記のブログをもっと読む