期間限定の井戸がある街で想ふ。運命の神様は誰かに助けられたら誰かを助けるヒトに微笑むのだ。

7月19日
「信用が無いからおたくには貸せません・・」
橋弁慶町に引っ越す時に無下に断られたテナントビル。それから数年経過後に入居を承諾してくれたのが手洗水町のオフィスです。実績を積み上げることでしか信用は得られないということですね。
引っ越しをする前の数年はやはり組織がぐらついたせいか売上も利益もほぼ横ばいの微増だったのですが、それでも徐々に成長モードにシフト。スタッフも増員したので狭いオフィスが更に手狭になり、引っ越す直前はワタスが座る場所が無く、ジプシーのように会議室や接客机で仕事をしていたのですが。
当時「30代で某保険会社の支社長をしていた頃は応接セット付きの個室があったのに、今は自分が座る机も椅子も無くなってもた・・」なんてことも頭をよぎったような気もしますが、逆に「机も椅子も無い社長の方がネタ的にはウケそうやな」と思うとそれはそれで嬉しくもありました(え?おかしい?)

新しいオフィスは喪が明けた?ような感覚と言いましょうか、ワタスだけでなくスタッフの面々もやはり嬉しそうで「ちょっと下見に行くか?」と誘うとぞろぞろついてきて「広いですね~」「綺麗ですね~」と喜んでくれたのが印象的で、その時オフィス環境が社員のモチベーションアップに繋がることを実感しました。何よりワタスは「やっとウォシュレット付トイレのビルに入れた」ことが嬉しかった訳です(笑)
で、これから順風満帆の右肩上がりが始まるかと言えば、人生はそう甘くはありましぇん。その後更に副社長と常務が当社を離れ別の代理店に行き、専務はプランナー職に戻ります・・
過去に9年間フルコミ(完全歩合)営業パーソンをマネジメントすることでそれなりの評価を得てきたワタスですが、本当の意味で会社をマネジメント(経営)することとは難易度は大きく違ったということでしょう。自己完結型の組織運営と報酬以外の目に見えない評価ややりがいがモチベーションになるチーム型組織の運営の違いを経営トップであるワタスが理解し実践できていなかったのです。ワタスは性懲りも無く優秀な経営陣たちのやる気をそいでしまったあまりにも学習効果の無い未熟者だったのです。
でもこの辺りから、これ以上貴重な戦力を喪失したくないという危機感からか、残された経営陣初めスタッフたちがもうワタスには任せてられないと奮起してくれたからか?堀井商店からの脱皮、企業化への道が本格化していきます。
人事制度をはじめとする規定作りの着手。何より心が離れないよう、プランナーさんへの配慮とは別に社員とのコミュニケーションを意識、半期に1度の社員総会を開催することにしました。そしてビジョンや理念を行動に置き換えやすくするよう「HOLOSを創る10の価値観」を策定し、一貫した経営者からのメッセージを口頭だけでなく文字に落し込み、企業風土や文化の醸成に力をいれていきました。これが功を奏したのかどうかはわかりませんが、その後業績は安定的に成長を始めてくれたのです。
ということで、もう暫くはこの手洗水町でお世話になるつもりです。これからも恐らく順風満帆なんてことは
無いでしょう。もう少し歳を取り、もう少し成功できたらワタスの歩んできたシゴト人生で学んだ教訓をちゃんと物語にしたいと思っています。その時は是非読んでやってくださいね。
ところで。
「手洗水町」の歴史と由来でもある御手洗井(みてあらいい)という井戸は、毎年7月15日の早朝に井戸が開かれ24日には閉じられる期間限定の井戸。
     写真 2013-07-17 9 22 41 (1).jpg img_395169_4389045_3.jpg
一年の間で祇園祭の宵々山(7月15日)から還幸祭(7月24日)の10日間だけ開かれる井戸なのです。
ここにはむかし祇園御旅所があったそうで、祭られています牛頭(ごず)天皇に、毎日この井戸の水を霊水としてお供えしていたといわれます。1568(永禄11)年には織田信長が御旅所を移転させましたが、水質が良いので祇園祭の間は井戸を開けたそうで。
ほかにも八坂神社の本殿の下には井戸があって、御手洗井とまでつながっている…という説や、土用の日にあんころもちと一緒にこの水を飲むと、一年間病気をしない…など様々な説が伝えられていたりして。
本当に京都という街は歴史があるだけに様々な伝説に事欠きません。いつの日か必ず。ワタスは既にこの世にはいないでしょうが当社は保険業界のみならず日本、いや世界に名を残す伝説の企業になっていることでしょう。
これで一旦祇園祭に因んだ過去回想編の幕を閉じたいと思いますが。
今までたくさんのヒトタチが私に失望して私の元を去っていきました。でもその度に新しいヒトタチが救世主のように私を助けに来てくれました。どちらのカタガタにも感謝の想いで一杯です。本当は一人一人に直接会ってお礼を言うのが筋かと思いますが、根がヘタレれでシャイなのでお許しください。この場を借りまして
お礼申し上げます。いつも本当にありがとう。生かされている限り、できる限りヒトを選ばず恩返しをしていく所存です。
               17826_394928573918181_2139324373_n.jpg

カテゴリー:日記のブログをもっと読む