わかるとできるは違えども、MAGICを起こせるチームに共通するリーダーの在り方とは

3月30日
「個々の価値観を認め合い、全員が経営者思考で行動できる自律型社員を養成しながら成長し続ける企業。」
上記は当社のコンセプトの中の「組織とヒトの在り方」
このワタスのスタイルは時には批判を浴びながらも、創業以来一貫して意識して取り組んできたのですが。
実は今日足を運んだイベント「ドリプラ京都」の発起人福島正伸さんが主催されているメンタリング・マネジメント講座の案内を見てとても共感を覚えました。
『自立型人材とは、広義に定義すれば「いかなる環境・条件の中においても、自らの能力と可能性を最大限に発揮して、道を切り開いていこうとする姿勢も持った人材」のことであり。
その役割を担うリーダーのことを「メンター」と呼び、その神髄は言わずしてやる気にさせることであり、教えずして人を育てることだと。
また、そのメンターによって行われるメンタリング・マネジメントとは社員一人ひとりの無限の可能性を引き出し、企業の生産性を高めようとする経営手法であると。』
まさに当社が目指しているマネジメントスタイルです。
更に「メンター」というものは。
『褒めても、叱りつけてもどのように接したとしても、人はそれに応じた育ち方をする。
 子を見れば親がわかり。
 部下を見れば上司がわかり。
 社員を見れば社長がわかる。
 人は育てたように育っている。
 相手が本気にならないのは、自分が本気になっていないから。
 怒らないとやらないのは、怒ってやらせてきたから。
 まわりが助けてくれないのは、自分がまわりを助けてこなかったから。
 つまり。
 他人を変えたければ、自分を変えれば良い。
 人を育てたければ。
 自分が成長することを楽しむことである』
と。
子供を持つ親も、部下をもつ上司も、社員を持つ社長も。
権力で無理やりヒトを動かすのは簡単ですが、それでは自律型社員は育ちません。
また、「わかる」と「できる」は違います。
かなり難易度が高いマネジメントですが、明らめずに愉しみながらチャレンジしていこうと思います。
ということで。
来る4月17日19時から京都LAC-座でセミナーを行います。
タイトルは『人生を豊かにするための思考と行動とは(続編)
               堀井計写真.jpg
前回は30名限定の所、申込が殺到して急遽50名に増員したセミナーです。
起業を目指す方、経営者の方、想い通りの人生を送りたい方、ご興味があればご参加くださいね。
申込は→http://fphoken.jp/mielca_holos/PublicSeminar.aspx?gId=1&sId=1&eId=124
 

カテゴリー:日記のブログをもっと読む