余裕ある活き方を心がけよう。教育も笑いも余裕から生まれるのだから。

3月17日
うぅららうぅららうらうらでうららぁうららぁうらうらでぇいと思わず山本リンダの狙い撃ちを口ずさんでしまうほどうららかな春の晴天に恵まれた日曜日。昨日から愛孫娘みおしゃんとまだこの世に生まれて2か月足らずの晴仁(はると)くんが久々にお泊り保育に来ていて本日は光栄にも子守隊隊長を仰せつかり公園デートを満喫しうららうららから一転ふららふららふらふら状態になりながらも何十年ぶりかで砂のお団子作りにいそしんだかつて子煩悩では無かったけど今は自称孫煩悩なまだまだ煩悩だらけの経営者@堀井ですこんにちわ。
ところで。
先週は当社研修会社HOLOS-BRAINSが創業以来初のカンファレンスを開催しました。日頃の感謝の意と研修を兼ねてご招待したのはここ1年で研修講師を依頼した講師のカタガタ十数名。
特別ゲストにはワタスの落語の師匠でもある桂春蝶氏を迎え、「笑い」についての講義と落語を1席披露いただきました。
当社はビジネススタイル、「HOLOSを創る10の価値観」の1つに。
「笑いは許し。笑いは肯定。笑いは感謝。ホロスは年がら年中ユーモアビズ。」

があります。また教育研修においても「教育Entertainmennt!」をコンセプトに、いかに楽しみながらパフォーマンスを上げるかを追求しています。
よってプロの笑いの極意を学ぶことをプログラムに取り込んだということです。
冒頭春蝶氏は「笑い」を誘発させるには「共有を表すサイン」「大きな驚きを表すサイン」そして「間とリズム」が大切であると。講義では様々なネタを披露し「是非パクって持って帰ってください」と大盤振る舞いをしてくれて、ナマの落語と共にたくさんの気づきを頂戴しました。
            写真 2013-03-17 21 50 39.jpg  写真 2013-03-17 21 51 54.jpg
先日はブログで教育は余裕から生まれるという話しを書いたんですが⇒http://kei-horii.seesaa.net/article/345749264.html
実は「笑い」も余裕から生まれるということに改めて気づきました。
商売道具のネタやビジネスのノウハウも余裕が無ければ自分の中で独り占めしてしまいますが、心に余裕があればそれを分けてあげようという気持ちが生まれます。
生死の境を彷徨っているときや自分の会社が倒産しかかっているときに笑えと言っても中々できるものではありませんよね。
HOLOS-BRAINSもリーマンショック以降結構厳しい時期を経験していたのですが、今期はようやく立ち直りつつあり、少し余裕がでてきたからこそこうして「笑い」をテーマにカンファレンスが開催できるようになったことは嬉しい限りです。
で、常に余裕を持つためにはどうすればイイのかということですが。
1つは前始末、つまり何事も事前準備をしっかりしてから臨むということ。経営も研修も営業も会議も然り。
それと逆説的ではありますが、何事も愉しむという姿勢で臨むこと。面白いから笑うのではなくてとにかく笑うから面白くなるということですね。
「笑い」は運を引き寄せる外応(外からの反応)を表しているので息づまっている時こそ笑いを意識することが肝要です。
ワタスは死ぬ間際、つまり息づまっている時、生死の境を彷徨っている最期に。
「ご臨終です・・」と言われる直前に、最高のギャグを一発かましてからあの世に行きたいと常々思っていますのでその時をミナサン愉しみにしていてくださいね。

カテゴリー:日記のブログをもっと読む