保険芸者VSネット巧者。親子対決の勝敗はボロ負けか

1月20日
今年は新年早々元旦の京都新聞に顔写真入りで各界でご活躍の50人という特集でどういうわけか不肖ワタスが保険業界代表?として掲載されまして。
     写真 2012-12-30 1 52 17.jpg 写真 2012-12-28 15 56 15.jpg
年末年始に帰省してきたワタスにとって最大のストレッサーであるぼんくらツインズ(双子の息子)にもさりげに見せびらかして親の威厳を誇示していたのですが。
先日そのぼんくらツインズが起業して始めたサービスが巷で話題になっているらしく、日経MJに顔写真入りで代表をしている2号(弟の方)が掲載され。
          
本人たちからは全く報告は無かったのですがワタスの知り合いの方が見つけてわざわざLINEで送ってきてくださいました。
   写真 2013-01-13 23 10 54.jpg 写真 2013-01-13 23 57 50.jpg
ネット巧者たちというコーナーで見出しはなんと「簡単操作で出品、女心つかむ」と書いてあるではありませんか。
「お前らが女心つかむなんて100年早いわっボケッ」
と思わず20年以上男芸者として?保険営業からマネジメントの世界で生き抜いてきたワタスは心の中で怒りをぶちまけたのです。
でもまぁ寝る間も惜しんでアホみたいに働いて順調なスタートを切ったのはヨシとして、経営には山あり谷あり。普段はへらへらしかしていないワタスでもそれなりに辛いことも経験してきましたから、彼らもいつかそういう時も迎えるでしょう。
それも織り込み済みで、ちょっと話題になったくらいで天狗にならず、謙虚さや感謝を忘れず、経営者という志事を愉しんで、どうせやるなら社会に役立つサービスをどんどん開発もらいたいものです。
あ、親子対決の勝敗は親のプライドに免じて無理やり引き分けにしておきたいと思います・・(ダメ?)

カテゴリー:日記のブログをもっと読む