五十肩になって考える。君は将来ポンコツになるのかそれともヴィンテージを目指すのか

1月13日
いつ頃からかはもはや忘却の彼方なのですがここ暫く左肩から上腕部にかけての部分が肩関節を曲げる角度によって激痛が走るようになってしまって久しい五十四歳の多分五十肩野郎@堀井ですこんばんわ。
五十肩をネットで調べると「肩の痛みと運動制限をきたす疾患。肩に疼痛(痛み)と運動障害がある、患者の年齢が40歳以降である、明らかな原因がないという3条件を満たすものを五十肩と呼ぶ」とあり、まさにこの3条件に当てはまるので恐らくワタスは五十肩なのでしょう。
昨年は人間ドックで食道部中度異形成と診断され、食道がんの疑いもあったのですがその後医師のアドバイスを守りながら摂生を心がけ半年後の再検査で一転異常無しとなり何とか事なきを得ました。
やはり人間も50年以上続けていると、身体の所々にガタがくるのは当然と言えば当然なのでしょう。
一般的には家電商品や自動車等の器械ものの寿命は10年、家も木造なら耐用年数は30年くらいと言われています。でもしかしその寿命を縮めるか伸ばすかはいかにそのモノ自体に愛情をこめてメンテナンスしているかどうかではないでしょうか。
この「メンテナンス」をネットで検索すると、「人々が生活のうえで使用しているものは、どんなものでも時間とともに劣化・老朽化し、やがて使用に耐えなくなる運命にある。しかし、メンテナンスによって、欠陥を早期に発見したり寿命を伸ばしたりすることが可能である。大量消費の時代である現在、大量生産から再利用・再使用にむけた動きが活発であるが、それにとどまらず、現存する製品や構造物などの効率化や延命を実現するメンテナンスという技術は欠かすことはできない。」とあります。
自分の身体もやがて使用に耐えられなくなる運命にあるわけですから、丹念に愛情を込めてメンテナンスすることが大切だということですね。故障してから修理するのではなくて故障しないように日頃から心がけることが人間の身体にも精神(ココロ)にも必要だということを肝に銘じましょう。
そういえば実兄がヨーロッパ車専門店を経営していまして、たまに30年~40年前のアルファロメオやポルシェが入庫してくるのですが、オーナーが愛情を込めて大事にメンテナンスしてきたと思われる個体はとても美しくて、新車にはない「味」というか、何とも言えない魅力が溢れています。
         c033c0c8068808e4c8c2098723b1cb67.jpg  cdde2d164aab92af600a23587e28c772.jpg
そう、ただのポンコツになるかヴィンテージになるかはメンテナンス次第ということですね。
性能では新しいモノにはとても勝てないかもしれませんが、自分の心身に愛情を込めながらメンテナンスを怠らず、味とか存在感とかなんとも言えない魅力を醸し出すヴィンテージなオトコを目指したいと思います(まず五十肩を治せよちっ(怒った顔)

カテゴリー:日記のブログをもっと読む