行く年来る年。今回も、ごっついの教えたるわ

12月31日
昨日はお客様と本年最後の商談をするために会社に行ったのはいいけど内扉の鍵を持って行くのを忘れてしまい内扉が閉まったまま今年の締めくくりを締まらない状態で終えてしまって思わずシマッタと叫んでしまったしまらない男@堀井ですこんにちわ。
普段は人と会うのが仕事のワタスも年末年始は普段会わないヒトタチとの情報交換ができるのでそれはそれなりに愉しみなのですが。
その中でも恒例なのが年末にはその昔東京で役員をしていた時の部下のW君が家族で訪問してくれること。今ではその大手企業の役員として大出世しています。
年明けにはもう20年以上前になりますが某生保会社で営業所長をした時の第一号プランナーとしてリクルートしたK氏が家族で来訪予定で。これまた4,000名を率いるその保険会社の副本部長として大活躍されています。
若かりし頃は自分の身近なヒトタチが出世することに嫉妬心や競争心を駆り立てられ、逆にそれが仕事へのエネルギーとなっていたもので、心の底からその功績を喜べたかと言うと微妙なものがありましたが、流石にこの歳になって素直に喜べるようになりました。
まあ、それもただ年齢的なものだけではなく自分もそれなりにビジネスマンとして、リスクを取りながら活きてこれたからということもあるのだと思いますが。
いずれにしても縁合ったヒトタチが事業で成功したり幸せな人生を送ってくれることはこれから先のワタスの重要なライフワークとなることでしょう。
年末年始に読む本をまとめ買いしました。読書ほど安上がりな学びはありませんね。
               写真 2012-12-31 16 44 12.jpg
既に読み終えた「夢を叶えるゾウ2」のガネーシャの教えを借りると、「仕事、お金、人間関係、幸せ・・・人間の悩みなんちゅうのはいつの時代も同じや。そんで本ちゅうのは、これまで地球で生きてきた何億、何十億ちゅう数の人間の悩みを解決するためにずっと昔から作られてきてんねんで。その『本』でも解決できひん悩みちゅうのは何なん?自分の悩みは地球初の、新種の悩みなん?自分は悩みのガラパゴス諸島なん?」ということです。
賢人たちの教えを参考としながら、新しい1年をどう迎え、そしてどう活きぬいていくかをじっくり考える機会にしようと思います。
皆さま本年もこのブログをお読みいただきありがとうございました。
良いお年をお迎えください。
年始は神社より先にお墓参りに行くことを薦めするスピリチュアル社長に明らめの↓を                              
人気ブログランキングへ

カテゴリー:日記のブログをもっと読む