マヤ歴の終わりと共に地球は滅亡しなかったようだがそろそろ終活を始めるとしよう

12月22日
「マヤ暦によると2012年12月21日に地球は滅亡する」「惑星が地球に衝突して地球は滅びる」
なんていうウワサが世界に広まっていましたが。
なんと「そのような心配は全く無い」という説明を米国航空宇宙局NASAがYouTube上で行いました。

マヤのカレンダーは2012年12月21日で終わっており、そのため世界の終わりを意味しているとされていますが、実はこれはマヤのカレンダー上での新たなサイクルがはじまったことを意味しているのだそうです(丁度
車のオドメーターが一周するとまた最初からカウントするのと同じ)

でも、UFOや宇宙人は既に地球上に存在していることをひた隠しに隠しているという噂もまことしやかに聞こえてきますので、今回の説明もひょっとしたら人類を安心させるためのマヤカシかもしれません・・
まあ、一瞬にして地球が消滅すれば身近な大切なヒトもいなくなるわけですから相続のトラブルや納税の心配や生命保険の必要性も無くなるわけですが。
このまま地球はもう暫く存続しそうなので、特にワタスのような高齢者?にとってはそろそろ本気で老い仕度や終活準備に取り掛かる必要があると思うのですが、皆さんはいかがでしょうか。
「終活」とは、人生の終焉をより良く迎えるための前準備のこと。
政権が自民党に移っても恐らく相続税のアップは免れないでしょう。超高齢者社会を迎える日本にとって自らが主体となって現世に悔いを残さないための終活はもはや当たり前の活動となるのではないでしょうか。
人生はハッピーバースディに始まりハッピーウェディングやハッピーリタイアメント、そして最期はハッピーエンディングで締めたいものです。
そんなこんなで。
この度一般社団法人「幸齢者支援ネットワーク」を立ち上げました(受付窓口はL-cafe→http://l-club.jp/e-lifeplanning/lcafe.html)
「すべての高齢者を幸齢者に。」そんなコンセプトで地域の弁護士、司法書士、税理士そしてFPが連携し、ちょっと敷居の高い専門家への相談を気軽に行え、解決に向けた具体策を提供する組織です。
まず手始めに年明けに記念セミナーをLAC-座で開催します。
今巷で話題の「エンディングノートの書き方セミナー」(エンディングノートプレゼント)です。また京都で活躍する南弁護士、藤巻司法書士、川端税理士、そして珍FP(ウソ、ワタスです・・)をゲストに向かえ現場の実例を交えながらのディスカッションや質疑応答を行います。
来年の話をすると鬼が笑うかもしれませんが、この手のセミナーは満席になるのが早いので申込はお早めにお願いします→http://l-club.jp/mielca/PublicSeminar.aspx?gId=1&sId=1&eId=87
 マヤ歴は終わってもこの世はマーヤ(幻想世界)説は信じる妖しい社長に祈りの↓を
            
人気ブログランキングへ

カテゴリー:日記のブログをもっと読む