漫才、映画、会話、そして人生・・・間の取り方で世界は変わる

11月24日
年頭に掲げていた目標の1つ今年中にゴルフで100を切ることを本日のラウンドで明らめた練習もしないのに上手くなるはずもない自称ゴルフなんてちゃんとやったらできると言い続けて30年の永遠の言い訳野郎@堀井ですこんにちわ。
ところで。
今年の8月26日に「間」を制する者が人生を制するのだ」というタイトルのブログをアップしたのですが。
→http://kei-horii.seesaa.net/article/288463808.html
今日読了した本が「間抜けの構造」。著者はビートたけし。言わずと知れた世界の北野です。
帯のメッセージは「間の取り方で世界は変わる。漫才、映画、会話、そして人生・・・、この世で一番大事な「間」の話」と。
世界の北野は「間」こそが人生で、この世で一番大事と仰せなのです。この書籍の出版日が今年の10月20日。ワタスのブログ「間を制する者が人生を制するのだ」はそれより約2か月早く8月26日に執筆しており決してパクッた訳では無いのでひょっとしてワタスの目の付け所は世界の北野に匹敵するかもしれません・・
と言っても内容は随分違うのですが、それでも漫才、落語、司会者、スポーツ、芸術家、映画監督等のジャンル別の「間」のポイントや、どんな時代に生まれるかという間(タイミング)によって人生が異なるとか、波瀾万丈の人生を駆け抜けてきた著者ならではの体験に基づいた「間」の大切さが淡々としたためられています。
ワタスも講演や研修や落語など人前に話す機会がかなり多い方ですし、スキあらばウケを狙いに行くタチなので「間」の大切さは重々理解しているつもりなので、何をやっても絶賛されてきた著者の観察眼や着眼点はさすがと思いました。
「見渡せば世の中、間抜けな奴らばかり。どいつもこいつも、間が悪いったらありゃしない。間というものは厄介で、その正体は見えにくいし、コントロールするのも難しい。けれど、それを制した奴だけが、それぞれの世界で成功することができるんだよ。」
「芸人というのは私生活のアクシデントも芸の肥やしというかどんどん笑いに変えていかなきゃいけない。でも、中にはそのままダメになるやつもいる。じゃあ、おいらはそいつらと何が違ったのか-。今思うと「運」と「間」だけだと思うけどな。」byビートたけし。

恐らくワタスのいる営業の結果も研修講師の評価も、そしてマネジメントの領域でも「間」を制するものがお客様や受講生や社員から選ばれてきたのでしょう。
人生の重要ポイントが「運」と「間」となりゃ、一体どんなトレーニングや努力をしたらえーねんということでかなり意味不明な世界に突入してくるのですが。
でもワタス的にはとても共感できる内容でしたのでご興味ある方は是非ご一読を。
               写真 2012-11-24 17 38 05.jpg
  人と人の間をどう生きるかで人生が決まるから人間なんだなぁ。だから↓なんだなぁ。
                 
人気ブログランキングへ

カテゴリー:日記のブログをもっと読む