妖しい親友が薦める書籍はやはり妖しかった

11月11日
先週突然来店した珍客。
古くからの付合いの同級生、通称がんちゃんこと岩田哲氏。お互い忙しいこともあり、忘れた頃、半年に一回くらいのペースでどちらともなく訪れます。
がんちゃんは京都で有名な京都 河原町五条にあるヒーリングカフェ 「TOKI-WA-SOH」のオーナー。→http://www.tokiwasoh.com/index.html 
ここはスピリチュアル、霊視、霊感、タロット、オーラソーマ等、町家スタイルの占い&ヒーリングスペースという、ライフプランニングスペース「L-cafe」とは比較にならないくらい妖しい妖しいカフェで。
実は彼自身もヒーラーの1人としてカウンセリングを行っています・・
そんな彼と妖しいことがご飯よりも好きなワタスが会うともちろんスピリチュアル系の話で盛り上がるのですが。
「これ読んどいたほうがえーで」と薦められたのが。
デヴィット・R・ホーキンズ著「パワーか、フォースか」(三五館)
              t02200317_0330047511162380728.jpg
少し古い本ですが、実はワタスも20年程前に習ったことがある「キネシオロジー」という筋肉の強さを検査するテスト方法をベースに人間の様々な感情や意識レベルを測定し数値化されていて。
一定数値以下をフォース、一定数値以上を「パワー」と定義付けています。
そういえばあの映画スターウォーズのヒール役ダースベイダーの邪悪なパワーを「フォース」と言いましたよね。まさにフォースはネガティブな力でパワーはポジティブな力ということです。
フォースの特徴は傲慢さでパワーの特徴は謙虚さ。
フォースは分離、分極でパワーは統一、統合。
フォースは押しのけ、パワーは引き寄せる。
フォースは自分のために行動するがパワーは他の人のためになる。

因みにキネシオロジーでは数値200以下がフォース、200以上がパワーとされ、その分岐は「勇気」、上には受容や愛、悟りという概念があり、下には怒りや無感動、恥などがあるのですが、今これを読まれてもなんのこっちゃわからないと思いますのでこの辺で止めときます・・・
               写真 2012-11-11 17 58 59.jpg
極めて妖しいことに興味があるヒトはこの本を買われるか、ヒーリングカフェ「TOKI-WA-SOH」へ。
ちょっとは妖しいことにも興味はあるけど、基本将来設計をしっかり立てて豊かな人生を送りたいヒトはライフプランニングスペース「L-cafe」に足を運んでみてはいかがでしょうか。→http://fphoken.jp/index.html
ホロスプランニングは。
   MAY I HOLOS YOU? 
 ~あなたらしい素敵な活きかた応援しますぴかぴか(新しい)
  個性心理学(動物占いの進化版?)で診断してほしいかたは認定講師のワタスまで↓
                  
人気ブログランキングへ

カテゴリー:日記のブログをもっと読む