果たして私は世の中からラーメン屋さんが無くなっても生きていけるのだろうか

11月9日
もう2週間以上ラーメンを食べていない。
ラーメンどころか炭水化物系をほとんど摂取していない。
ラーメン好きのワタスにとって恐らくここ何十年の中で無かったことだと思うわけです。
理由は明日に迫った人間ドックの再検診。
血液検査と鼻から胃カメラで好結果を叩き出すためです。
これを一般的には「我慢」と言うのかもしれませんが。
記憶の限り10年以上ワタスは「我慢」という言葉を使ったことがありません。
今は亡き小林正観さんの言葉ですが。
『我慢の源は我の慢心。我慢(我の慢心)なければ我慢(忍耐・辛抱)なし。たいしたものではない自分』

この詩?を教わって以来です。被害者意識で「何でこんな我慢を強いられるんだ」なんて思ったり言葉に出したりする人は世の中に結構いらっしゃいますよね。
ワタスなりの解釈では我慢して辛いという感情が自分の心の中で起こるのはそもそも自分が偉いとか凄いとか調子に乗ってたりとか驕ってたりする慢心の気持ちがあるからで、たいしたものではないという謙虚な気持ちがあればそもそも我慢という感情など起こらないのだよと。
我慢という感情は明らかに精神的ストレスを生みますし、妬みや恨みの感情を悪気のない人に抱いたりもしてしまいます。
よって一般的に我慢と思えるような状態でも、それをできることならエンタメ性を自分なりに演出するとか、自虐ギャグにしてSNSやブログにするとかしてでも愉しみながら行動して結果を出していくということが必要ではないかと思うわけです。
そもそも経営者の道を選んだからには、体調にしろ体型にしろもちろん業績にしろ常に結果をだすことを求められるわけですから、どうせならそのプロセスを愉しみながら結果を出す方法を模索し続けたいと思います。
人間ドックの指摘のお蔭で、食習慣や体調管理を見直すきっかけを頂きました。感謝です。
でも晴れて異常が無かったら、もちろん適度にラーメンは食べますよ~
           写真 2012-08-13 12 48 30.jpg 写真 2011-12-16 12 48 02.jpg
     多分ワタスのように世の中からラーメン屋さんが無かったら生きていけない人は↓を
                
人気ブログランキングへ

カテゴリー:日記のブログをもっと読む