人生初。参考人体験記

実は本日生まれて初めて「参考人」という立場を経験しました。


ところでこの「参考人」という怪しい響きの立場とはいったい何ぞやということでネットで調べましたところ。


1. 犯罪捜査に当たり、出頭を求められ、取り調べを受ける被疑者以外の  者(ガビ~ンあせあせ(飛び散る汗)ひょっとして犯罪者一歩手前・・)
2. 国会の委員会で、意見を求められる人(・・・)


本日のワタスの立場はどちらにも該当しませんが、どちらかというと2.に近く、国会ではありませんが、金融庁さんが主宰されている金融審議会「保険商品・サービスの提供の在り方に関するワーキング・グループ」(第4回)における乗合代理店の代表として、不肖ワタスが参考人として招致されたということです。

                写真 2012-09-27 9 28 05.jpg


内容は金融庁さんのHPでも逐次公開されていますが、目下国内保険業界において急成長している乗合代理店の在り方ややり方がこのままでいいのかという論議がこのワーキング・グループのメンバー内で交わされており。


恐らく俯瞰的かつ日常業務の中での実態を把握したいということで保険代理店協議会に白羽の矢が立ったのではないかと思うわけですが。


事の運び方次第では法改正に及ぶ可能性もある話ですので、普段はどこで話すのもあまり緊張しないワタスもさすがに少し緊張しました(少しかよ・・)


で、プレゼンは約15分。その後もお蔭様で・・たくさんの質問を有識者のカタガタからいただきました。


国会答弁は事前にシナリオがあるとか聞きますが、もちろん本会にそのようなものは無く、ぶっつけでいただいた質問にその場で返答するというカタチでしたので適格な答えがだせたかどうかはいささか不安ではありますが。


ワタシタチが日頃からいかにお客様のニーズを深く理解することに努め、そのニーズにふさわしい保障と保険の提案をしているか、そしてそのサービスの在り方ややり方が時代やお客様のニーズに合致しているかをそれなりにわかりやすく伝えることはできたのではないかと思っています。


詳細は資料とともに改めて議事録が金融庁さんのホームページにアップされますのでご興味あるカタは是非それをご覧ください。


いずれにしても貴重な経験をさせていただきました。でも1回でいいかも・・

カテゴリー:日記のブログをもっと読む